Vivo Apex 2020はディスプレイ内フロントカメラ、7.5倍ペリスコープカメラ、ジンバル手振補正採用の未来スマホ

スマートフォンメーカーのVivoは、コンセプトモデルとなる『Vivo Apex 2020』をリリースした。本来バルセロナで開催の『MWC 2020』内で発表する予定だったが、MWC 2020の開催が中止となったため、他メーカーと同様に、発表の場をオンラインに移して行った。

Vivo Apex 2020は、120度に湾曲した6.45インチの『FullView Edgeless Display』と名付けられた立体ディスプレイを採用。昨年リリースされた『Vivo Nex 3』は湾曲具合が90度近かったのに対し、Vivo Apex 2020のディスプレイは背面まで回り込む形状に。また、今回も充電ポートや物理的なボタンは排除され、ワイヤレス充電と仮想ボタンが採用されている。

一番の進化はディスプレイ内に内蔵された1600万画素のフロントカメラ。各メーカーが、開発途中のプロトモデルを見せるに留めていた新技術を、Vivo Apex 2020は初めて実機に採用した。思えば、ポップアップカメラを初めて搭載したのもVivoだった。ここはやはり、先進メーカーとして譲れないところなのか。ちなみにこの技術、カメラ搭載部のディスプレイ光透過率を、6倍に高めることで実現しているらしい。さらにアルゴリズムを強化する事で、画質の改善も行ったとしている。

リアカメラはピクセル統合技術を用いた4800万画素カメラと、1600万画素のペリスコープカメラ。最近では珍しいデュアルレンズ仕様。

4800万画素カメラにはジンバルの様な安定化技術が組み込まれ、それにより通常の光学手振れ補正と比較して、安定性が約200%向上するとしている。ペリスコープカメラはデジタルの併用無しで、5倍~7.5倍のズーム撮影が可能。

物理的にはデュアルレンズカメラでも、ここは最新技術にこだわりのあるVivo。他メーカーとは全く違う、Vivoにしか作れないであろう2つのカメラが、絶大な存在感を放つ。

また、Vivo Apex 2020には充電ポートが存在しないので、ワイヤレス充電機能を極限まで強化。無線で60Wの超急速充電に対応。僅か20分で約2,000mAhの充電を完了するので、殆どのスマートフォンに搭載されている有線充電機能より速いスピードで充電を終える事になる。ただし専用の充電器が必須になるので、やはり利便性は低い。

Socは5Gモデムを搭載したSnapdragon 865、RAM12GBで、ストレージは512GB。かなりのハイスペックだが、Vivo Apex 2020の場合はこの仕様がオマケに感じられてしまう。

Vivo Apex 2020は残念ながらコンセプトモデルであり、実際に購入する事は出来ない。フロントカメラ、リアカメラのどちらにもかなり興味深い技術が採用されているので、高額な折り畳みスマートフォンより、Vivo Apex 2020が欲しいという人は、実際多いだろう。私も正直こちらの方が欲しい。

follow us in feedly

サイト内の情報をワード検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , ,