ハイパーガジェットチャンネル

Xiaomiのスマホは1万円~購入出来るベストなスマホの選択肢!円高還元でただですら安いスマホがもっと安く!

Pocket

現在値引き幅がマックスになっているXiaomiのスマートフォン。それが『Mi 9T』と『Redmi Note 8』です。どちらもXiaomiを代表する人気モデル。世界で最も売れているミッドレンジです。

どうしてそこまで売れているのかと言えば『価格のわりに品質と性能が良い』という事を世界中のユーザーが認めたから。ほぼ口コミだけで売り上げを伸ばしたというのがXiaomiの何よりも凄いところ。

そんなXiaomiの超貴重なポップアップカメラ採用モデル『Mi 9T』。ノッチやパンチホールといった不要なものが無く、全てが画面。しかも有機EL有機ELはHDRの表示に適していたり、ダークモードを使えば大幅に電力を削減出来たりと良いとこばかり。動画を見るにも読書をするにも最適です。

そして上位モデルの『Mi 9T Pro』と同じデザイン。この質感が2万円で手に入るなんて、未だに信じられません。だって外観のクオリティはフラッグシップモデルですからね。

そしてカメラ画質も『Mi 9T Pro』と同等。こちらもフラッグシップモデル並み。使えば使う程コストパフォーマンスの高さしか感じられない、最高のミッドレンジ。

めちゃくちゃクオリティの高いXiaomiのミッドレンジ。Mi 9Tよりさらにお手軽に買いたいのであれば、Redmi Note 8の登場です。なんと4眼カメラを搭載しつつ、1万円台という信じられない価格を実現しています。そしてカメラもさることながら、質感がとにかくヤバイ。3万円台と言われても、絶対納得します。

世界で一番売れているXiaomiのミッドレンジ『Mi 9T』と『Redmi Note 8』に超限定クーポン配布開始!最近配布されたクーポンの中でもダントツに安いです!Mi 9Tは間もなく終売となるので、この機会に是非最安値でゲットして下さい!

※限定クーポンは記事内で配布しています。

オンラインストア『Banggood』とは

海外のガジェットを最も買いやすいお店の一つがBanggood。日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わりません。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

【クーポンコードの入力方法】スマートフォンからご購入の場合

SIMフリースマホと組み合わせる事で月々の通信コストが大幅に安く出来るオススメ格安SIM

Xiaomi Mi 9T:6GB/64GB (カーボンブラック、グレーシャーブルー、フレームレッド) 26,730円~【20台限定】

【超最安値05/08】Xiaomi Mi 9T【26,730円】有機EL、ノッチ無、冷却機能、3眼カメラ、大容量電池

続きを見る

【格安SIM対応状況】

docomoかSoftbankの格安SIMであれば快適にご利用いただけます。

docomo回線:〇 Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:×

Xiaomi Mi 9T  6GB/64GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Mi 9T:6GB/128GB (フレームレッド、カーボンブラック) 31,884円~【20台限定】

【超最安値05/08】Xiaomi Mi 9T【26,730円】有機EL、ノッチ無、冷却機能、3眼カメラ、大容量電池

続きを見る

【格安SIM対応状況】

docomoかSoftbankの格安SIMであれば快適にご利用いただけます。

docomo回線:〇 Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:×

Xiaomi Mi 9T  6GB/128GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Redmi Note 8:3GB/32GB (ネプチューンブルー、スペースブラック)15,795円~【100台限定】

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【格安SIM対応状況】

docomoかSoftbankの格安SIMであれば快適にご利用いただけます。

docomo回線:〇 Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:×

Xiaomi Redmi Note 8  3GB/32GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Redmi Note 8:4GB/64GB (ネプチューンブルー、スペースブラック、ムーンライトホワイト)16,884円~【100台限定】

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【格安SIM対応状況】

docomoかSoftbankの格安SIMであれば快適にご利用いただけます。

docomo回線:〇 Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:×

Xiaomi Redmi Note 8  4GB/64GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Redmi Note 8:4GB/128GB (ネプチューンブルー、スペースブラック、ムーンライトホワイト)18,508円~【200台限定】

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【格安SIM対応状況】

docomoかSoftbankの格安SIMであれば快適にご利用いただけます。

docomo回線:〇 Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:×

Xiaomi Redmi Note 8  4GB/128GBのクーポンコードをコピーする

 

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMのIIJmioがスマホセール開始!最新お勧めスマートフォンが激安に
IIJmioがスマホセール開始!Redmi Note 11 Pro 5Gが2万円台!moto g52j 5Gも1万円台

格安SIMのIIJmioでは、6月1日(火)から『スマホ大特価セール』を開催中(記事の後半にお勧め端末の詳細を掲載)。他社から『ギガプラン(音声通話機能つきSIM)』に乗り換え(MNP)の場合は『1, ...

続きを見る

【平日昼の通信速度】OCNモバイルONE、UQモバイル、NUROモバイル、楽天モバイル、LINEMOなど合計7社実測!

同じスマートフォンを使用しているのに、時間帯によって動作が『遅い』と感じる事はありませんか?同時にアプリを立ち上げすぎていて、メモリ不足になっているのかもしれません。そしてもう一つ考えられるのが『通信 ...

続きを見る

youtubeの画面を消してストリーミング音楽プレーヤーとして使用する方法
【裏技】XiaomiのスマホならYouTubeの『画面』と『広告』を無料で消せる。課金なしでストリーミングDAP完成!

Youtubeに公開されている『MV(ミュージックビデオ)』を、『音声だけ楽しみたい』と思った事はありませんか?YouTubeは通常、画面をOFFにすると同時に音声も消えてしまうのでそれが不可能。 画 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno7 AとOPPO Reno5 Aの性能を比較
OPPO Reno7 AはReno5 Aを超えられたのか?処理能力に電池もち、画面の明るさを比較。買うべきはどっち!?

OPPO(オッポ)の最新ミッドレンジモデル『OPPO Reno7 A』。『おサイフケータイ』『高い防塵防水性能(IP68)』に対応する日本特化シリーズの最新作です。 フラットデザインを取り入れ見た目を ...

スマホは見た目で選ぶ時代。2022年ベストデザインをとってもおかしくないOPPO Reno7 A
OPPO Reno7 Aは水も滴る良いスマホ!持ってる人のセンスが表れるグッドフラットデザイン。薄くて軽くて持ちやすい

大手グローバルスマートフォンメーカーOPPO(オッポ)の日本特化モデル『OPPO Reno7 A』。『おサイフケータイ』『防塵防水(IP68)』機能をSIMフリーとしてイチハヤク採用した大人気シリーズ ...

千円以内でお値段以上に使える格安SIM
【超節約】mineo、LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONEは『月額千円以内』でお値段以上に使える格安SIM

どこに行っても『値上げ』ばかり。生活の質を落とさなければ暮らしていけないという人も増えていることでしょう。そんな世の中の流れに逆行して『値下がり』しているのがスマートフォンの『通信料金』。 スマートフ ...

mineoでAmazonのタブレットFire 7をテザリング
AmazonのタブレットFire 7をmineoの最大1.5Mbpsでテザリングしてみたら色々とバッチリハマった!

AmazonがメーカーとしてリリースしているFireタブレットシリーズ。最廉価(6,980円)にして最小サイズとなるのが7インチの『Fire 7』画面のアスペクト比は『約16:9.3』。もっとも一般的 ...

YouTubeが大好きなら6.7インチのスマホを持ってる人は7インチのFire 7を買うべき理由
6.7インチのスマホを持つ人が7インチのタブレットを買うべき理由。YouTube頻繁に観るならFire 7買って損なし

みんなが大好きYouTube。スマートフォンでYouTubeを観ると、殆どの場合横に『黒帯』が残ってしまいますよね。これはYouTubeの標準アスペクト比率が『16:9(1920×1080ピクセル)』 ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, スマートフォン, ファブレット, 数量期間限定セール情報
-, , , , , ,

© 2022 ハイパーガジェット通信