3/18 BIGLOBEモバイルでHuawei nova 5Tが実質36,980円!Googleアプリ対応高性能モデル!

Pocket

Huaweiの高画質カメラ搭載フラッグシップモデル『Huawei nova 5T』。高画質なスマホカメラと言えばHuaweiだが、今はアメリカの制裁によりGoogleとの取り引きを停止され、実質このHuawei nova 5TがGoogleアプリに対応する、最後のフラッグシップモデルとなっている。なので、当然希少価値は高まる一方だ。

量販店における最安値販売価格は以下の通り、大体5万円程度が相場となっている。

そしてMVNO各社でもHuawei nova 5Tの取り扱いは行われている。しかし1社だけ価格が浮いている。どう考えてもズバ抜けて安い。それがBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル 36,980円(17,500Gポイント還元)
LINEモバイル 49,500円(54,450円:税込)
IIJmio 49,800円(54,780円:税込)

音声SIMの契約と同時にHuawei nova 5Tを購入する事で、Gポイントによる大幅なポイントバックを受けられる。ポイントを差し引いた実質的な価格はなんと36,980円』。他社より、量販店より1万円以上安い。Gポイントは『nanaco』や『WAON』といった他のポイントと交換できるだけでなく、現金として引き出す事も可能BIGLOBEモバイルの『大還元祭』は3月31日までHuawei nova 5Tを超最安値でゲットできるチャンス!お見逃しなく!

記事に書かれている内容

Huawei nova 5Tはこんなスマートフォン

Huawei nova 5TはAIアルゴリズムを強化したクアッドカメラ搭載

世界最高レベルのスマートフォンカメラ技術が惜しみなく使われているフラッグシップモデルHuawei nova 5T。背面のリアカメラは1600万画素の超広角カメラ、4800万画素の超高解像度カメラ、200万画素の深度測定用カメラ、200万画素のマクロカメラといった構成。広大な景色から、普通のカメラでは撮れない至近距離の接写まで、幅広く対応します。また、動画撮影時のアルゴリズムが強化された事により、色の表現力が向上し、人を感動させるダイナミックな描写を実現。

Huawei nova 5Tの夜景モードにはHuaweiの高いカメラ技術が凝縮されている

Huawei nova 5Tは、ピクセル統合技術に対応し、高感度撮影時の画質を高める事の出来るSONYの『IMX 586』を搭載。長い時間をかけて開発したAIアルゴリズムは、夜景撮影時にもその効力を発揮。『光量の調整』『ノイズ除去』『長時間露光』『手振れ補正』をしっかりと制御します。夜景モードは広角撮影にも対応し、目の前に広がる感動を、余す事なく記録出来るようになりました。

Huawei nova 5Tの広角モードは広大な景色を美しく高精細に

カメラ性能が良いと撮りたくなるのが広角写真。36mm換算で水平117度の景色を鮮明に捉える事が出来るのは、Huawei nova 5Tのカメラが優れているからこそ。広角撮影用にしては明るめ(短時間で光を取り込める量が多い)なF2.2のレンズが、高画質をしっかりと支えます。

Huawei nova 5Tは4cmの距離に使づいて接写可能

これまでに見た事の無い様な、驚きの世界を撮れるのはマクロカメラ。Huawei nova 5Tは約4cmの至近距離まで近寄って接写する事が可能。日常生活では気が付かなかった小さな感動を、マクロカメラを通して沢山見つける事が出来るでしょう。

Huawei nova 5Tは深度測定用カメラ搭載により一眼レフの様に美しい背景ボケを実現

Huawei nova 5Tが搭載するKirin 980はISP(イメージシグナルプロセッサ)が第5世代に進化。被写体との距離を測定する深度測定アルゴリズムもより最適化され、距離に合わせた自然な背景ボケが得られます。ボケの品質が上がることで、ポートレート写真の画質は大幅に向上。まるでプロカメラマンが撮影したかのような、芸術的な1枚がシャッターボタン1つで簡単に手に入ります。

Huawei nova 5Tは『4in1ライトフュージョン』技術によりフロントカメラの画質を向上

Huawei nova 5Tのディスプレイに搭載されたパンチホール式フロントカメラは、3,200万画素の高解像度撮影に対応。AI機能を駆使したビューティー効果は、顔の特徴を生かし、まるでプロがメイクした様な自然な仕上がりに。さらに、独自開発技術『4in1ライトフュージョン』により、光の少ない場所でも鮮明な描写が可能に。背景のボカしや逆光など、難しい技術やシーンにもしっかり対応。画質がイマイチと思われがちな、フロントカメラのイメージを覆します。

Huawei nova 5Tはパンチホールカメラを採用しユーザーエクスペリエンスを高める

Huawei nova 5Tは小型パンチホール式フロントカメラの採用により、画面占有率をギリギリまで高めています。画面占有率の向上は没入感を与えるだけでなく、一度に表示出来る情報量を増加。ユーザーエクスペリエンスにもプラスの影響を及ぼします。

Huawei nova 5TはKirin 980を搭載する事で大幅な高速化と省電力化を実現

Huawei nova 5Tに搭載されている超高速Soc 『Kirin 980』は、業界トップクラスの技術、7nmプロセスにて設計されています。従来モデルと比較して、処理速度が20%アップ。画像処理に関しては、DUAL NPUを採用する事で46%高速化。さらに電力効率も高め、40%の省電力化に成功しています。

Huawei nova 5Tは8GBの大容量メモリーにより快適な動作環境を確保

Huawei nova 5Tのメモリーは8GB。メモリー容量が少ないと、複数のアプリを同時に立ち上げた時に動作速度が低下します。8GBあれば、カメラや音楽、ゲームなど、スマートフォンをヘビーに使っても、高いパフォーマンスを維持する事が可能。高性能Soc Kirin 980と大容量メモリーを組み合わせる事で、最高の相乗効果を得られます。

Huawei nova 5Tはスピードアップ、消費電力削減を可能にするGPU Turboに対応

Huawei nova 5Tは、ハードウェアとソフトウェア技術を組み合わせる事で、グラフィック処理能力を大幅に向上させる『GPU Turbo』に対応。パフォーマンスを高めつつ、消費電力を削減するので、最高の環境で思う存分ゲームを楽しむことが出来ます。

Huawei nova 5Tは22.5Wの超急速充電機能搭載

Huawei nova 5Tは独自開発充電技術『HUAWEI SuperChargeシステム』を搭載し、22.5Wのハイスピードで安全に短時間で充電する事が可能。3,750mAhの電池をわずか30分で50%程度充電するので、もし朝に充電をし忘れていても、出かけるまでに対応出来ます。

Huawei nova 5Tが持つ最高の質感はフラッグシップモデルだからこそ

Huawei nova 5Tは、高い加工技術を使い長時間かけて仕上げられた、見とれてしまうほどの美しい質感も特徴の一つ。光と影が作り出す幻想的なコントラストは、スマートフォンの最高峰フラッグシップモデルならでは。

BIGLOBEモバイルはこんな格安SIM

BIGLOBEモバイルの『エンタメフリー・オプション』は『YouTube』や『Abema TV』など、動画配信サービスの通信量がノーカウント

音楽が通信し放題になるサービスは他社にも存在するが、まさか『動画』までとは。ちなみに通信し放題になる動画配信サービスは『YouTube』『AbemaTV』『U-NEXT』『YouTube Kids』。好きなユーチューバーのチャンネルを、通勤や通学の最中に見放題になるという事。そしてAbema TVで定期的に動画でニュースをチェックする事も出来る。YoutubeAmeba TV見放題の環境は、これまでのエンタメライフを更に何倍も楽しくしてくれる事間違いなし。

YouTube

Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

AbemaTV|国内最大の無料インターネットテレビ局

オリジナルコンテンツ数国内No.1!恋愛リアリティーショーからアニメ、ニュースまで総番組数15,000以上!見たい番組が見つかる。無料ですぐ見れる。

 

BIGLOBEモバイルの『エンタメフリー・オプション』は『YouTube Kids』も通信し放題。子育て中の親にとって最高の手助け

外出先で子供に動画を見せている親の姿をよく見かける。WiMAXの契約が一般的だとは思うが、WiMAXは格安SIMと比較してランニングコストが圧倒的に高い。長い目で見るとかなりの金額になってしまう。さらに、ルーターをいつも持ち歩く必要があったり、充電が切れていたら当然使えない。思っている以上に面倒だ。

BIGLOBEモバイル』の『エンタメフリー・オプション』であれば、通常料金に480円(税別)加算するだけで、子供向けの動画コンテンツ『YouTube Kids』が、通信量を気にする事無く見放題に。そしてコストや手間の削減と同時に、『子供に安全なコンテンツを見せている』という安心感までプラスされる。エンタメフリー・オプションYotube Kidsの組み合わせは、子育て中の親にとって最高の相性と言える。

YouTube Kids - 子どもたちのためのアプリ

YouTube Kids は、お子様の探究心に応えながらも、より安全に YouTube を楽しめるような視聴環境を提供します。保護者の方はより簡単にその視聴体験を管理することができます。

BIGLOBEモバイルの『エンタメフリー・オプション』は『Spotify』『Amazon Music』『Apple Music』などの音楽配信サービスまで通信量ノーカウントにしてくれる

BIGLOBEモバイル』の『エンタメフリー・オプション』は、動画だけでなく『Google Play Music』『Youtube Music』『Apple Music』『Spotify』『AWA』『Amazon Music』『LINE MUSIC』『radiko』『らじる★らじる』『dヒッツ』『RecMusic』『楽天ミュージック』といった、多数の音楽配信サービスにも対応している。車の運転中はSpotifyで音楽を聴きまくり、電車で移動中はYoutubeで動画を見まくるといった、エンタメどっぷりな生活が、『エンタメフリー・オプション』を使う事ですぐにでも始められる。

みんなのための音楽。

利用期間は無制限。 *アーティストへの印税は広告収入から支 払われます。 5000万曲にフルアクセス 全曲フル尺再生 シャッフル再生 期間無制限 *ずっと無料で楽しめます。 もっとわがままに音楽が楽しめるPremiumプランもあります。 プレミアムプランについて 出会いがある、発見がある。 聴きたい曲が、ここにある。 ...

Amazon Music

音楽聴き放題

BIGLOBEモバイルの『エンタメフリー・オプション』は『動画』と『音楽』だけじゃない!『電子書籍』までノーカウント!

動画』と『音楽』だけでおなか一杯の『エンタメフリー・オプション』。信じられない事に、電子書籍まで通信量ノーカウントで読めてしまう。流石にサービス良すぎでしょ。ちなみに対応するサービスは『dマガジン』『dブック』『楽天マガジン』『楽天Kobo』。楽天マガジンを見ながらSpotify聞いちゃうぞ!と思ったのだが、対応アプリの同時利用は出来ないので、そこは注意が必要だ。サービス内容が幅広すぎる故のトラップ。ついつい欲張りたくなってしまうが、ここは一つのサービスに集中すべし!

31日間お試し無料 - 楽天マガジン:読みたい!が見つかる、広がる

楽天マガジンなら月額380円(税抜)で450誌以上がPC・アプリで読み放題。初回31日間はお試し無料。オトクに雑誌を楽しめる。ファッション・美容・芸能・ビジネス・経済・趣味など、あなたの読みたい!が見つかる、広がる。

BIGLOBEモバイルの『エンタメフリー・オプション』は最大6か月間無料で使う事が出来る(3/31までの契約が必要)

BIGLOBEモバイル』の格安SIMを使うなら、加入しない理由は見つからない『エンタメフリー・オプション』。その超お得なオプションサービスが、なんと音声通話SIM 3GB以上のプラン契約で、最大で6ヵ月間無料で利用出来るという、スペシャル企画が発動中。最強のサービスを楽しみながら、合計2,880円(税別)お得になるという、もはや大丈夫かと疑ってしまうレベルの奉仕内容。ただし申し込み期間は3/31 23:59まで。ここを逃すと一生後悔する事になるので注意。

BIGLOBEモバイルは通信料金プランもかなり安い

BIGLOBEモバイル』の最大の魅力は間違いなく『エンタメフリー・オプション』だ。しかしオプションサービスがお得すぎるので、逆に基本となる料金プランが高いのではないか、不安になってしまう。しかしその不安は、料金表を見れば瞬時に吹き飛んでしまう。音声SIMであれば、1GBで契約すれば1,400円(税別)、データSIMは3GBで900円(税別)という安さで利用可能。もっとも、データSIMの場合はエンタメフリー・オプションの利用価格が980円(税別)と2倍になるので、せっかくであれば音声SIM+エンタメフリー・オプション(480円)での利用をオススメする。

音声SIM3GBプラン以上で契約すると、6ヵ月間で合計7,200円の割引を受けられる

そして見逃してはならないのが、料金表の上に書かれている『6ヵ月間1,200円/月値引き』という文字。なんと合計で7,200円の割引を受ける事が出来る。月に1,200円割引ということは、3GBプランに関して言えば、400円(税別)で6ヵ月もの間音声SIMが利用出来てしまうという事。エンタメフリー・オプションが安くなるというだけでなく、やはり契約するなら音声SIM、そして3GBプランが今のところ間違いなくコスパ最強だ。

BIGLOBEモバイルは通話オプションが充実

各社が用意している『かけ放題』などの『通話オプション』サービス。しかし、どこの会社も内容がややバラエティに乏しいと言える。BIGLOBEモバイルであれば、自分のニーズに合わせて4種類の中から通話オプションを選ぶ事が可能だ。

BIGLOBEでんわ 10分かけ放題=980円(税別)

1度の通話が10分以内であれば、何度でも利用可能。電話をかける頻度が多い、かつそれなりに長電話している人にオススメ。

BIGLOBEでんわ 3分かけ放題=600円(税別)

短い要件の電話が多く、長電話はLINEなど、使い分けがしっかりと出来ている人は3分かけ放題で十分。3分以内であれば何度でも繰り返し使える。

BIGLOBEでんわ 通話パック90=830円(税別)

不定期に電話がかかってきて、それなりに長話をする可能性が高い場合は通話パック90。通話時間が合計90分に達するまでは、定額で利用する事が出来る。通話パック90を使わずに90分間通話をすると、料金は1,620円。それが半額程度になる。

BIGLOBEでんわ 通話パック60=600円(税別)

電話番号を使った通話はあまりしないけど、とりあえずある程度は定額で、割安の通話料を確保しておきたい。そんな人は通話パック60。恐らく殆どの人は、月の通話時間が60分以内に収まっているはず。1,080円分の通話を600円で利用する事が出来るので、3分かけ放題と比較してどちらが自分に合っているか、検討してみると良いだろう。

BIGLOBEモバイルでスマートフォン本体を超お得に手に入れる

BIGLOBEモバイルが取り扱っているのは、格安SIMカードだけではない。スマートフォン本体を超お得に手に入れる事が出来る。ポイントの還元率が半端なく、ポイントで差し引いた価格は、恐らく業界一の安さかも。ポイントは月の通信料と相殺したり、『nanaco』や『WAON』といったポイントに交換が可能。現金として引き出す事も出来る。

SIMの契約と本体の購入を同時に行えば、実質しばらく通信料は無料の状態が続くということか。ラインナップは定期的に更新されているので、たまに覗くと見たことが無い最新端末が激安で加えられているかも?

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno5 A
Leitz Phone 1
Softbankがライカ全面監修スマホLeitz Phone 1を独占販売!AQUOS R6と同じ1インチセンサー搭載

Softbankがカメラメーカーのライカ全面監修による5G対応スマートフォン『Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)』の取り扱いを発表しました。製造はSHARPが担当。6月18日から予約の受 ...

3年待ち!Xiaomi Mi Pad 5らしきタブがヨーロッパの認証機関を通過。ついにグローバルモデルの登場か!

これまで何度となくリリースの噂が出ていたXiaomiの最新タブレットMi Pad 5。しかし未だに実機が姿を見せた事はありません。前モデルとなるMi Pad 4が登場したのは2018年6月。すでに3年 ...

キャンプスマホ
キャンプに持っていきたい高耐久スマホ!Motorola Defy 2021らしき画像とスペックがリーク!

信用度の高い情報提供者Evan Blassが、Motorolaの最新高耐久型スマートフォンMotorola Defy 2021(仮名)に関する画像及びスペックをリークしました。 Motorola De ...

OnePlusがOPPOとのさらなる統合を発表。リソースの共有により品質の向上、安定化、より速いアップデートを目指す!

2021年1月、OnePlusは研究開発(R&D)部門をOPPOと統合する事を発表。元々OnePlusはOPPOから派生した企業になるので不自然な流れではありません。 そして6月16日、One ...

ファントムホワイト
Galaxy Buds Proに白バージョンが出るかも?海外公式サイトにファントムホワイトの画像が追加!

Samsungより Samsungは2021年のはじめにGalaxy Buds Proをリリースしました。カラー展開はファントムブラック、ファントムシルバー、ファントムバイオレットの3色。 Samsu ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-BIGLOBEモバイル, Huawei nova 5T, kirin980, ハイガジェ注目トピックス, 格安SIM, 格安SIMレビュー
-, , , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信