Xiaomiが出荷台数でHuaweiを抜き、世界第三位に浮上!初の快挙も世界スマートフォン市場は大きな落ち込み・・・

Pocket

『Strategy Analytics』の最新レポートによると、2020年度2月度の出荷台数において、ついに『Xiaomi』が『Huawei』を抜き去った。XiaomiHuaweiを上回ったのはこれが初となり、世界第三位に浮上したことになる。アメリカ制裁の影響が、Huaweiに大きな影を落とし始めた。

Xiaomi単体の順位に特化した内容では明るいニュースと言えるが、それとは裏腹にスマートフォン世界市場は大きな落ち込みを見せている。レポートの内容では、2020年2月度、世界市場のスマートフォン出荷台数は、前年比で39%も減少し、約6,500万台に留まった。Huaweiに関しては減少幅が大きく、出荷台数で69%減、売上高で64%減という脅威的な落ち込みを見せている。

Xiaomiも前年比を下回り、出荷台数では32%減、売上高では29%減となっている。ただし、出荷台数、売上高共に減少値は平均を下回り、その結果が世界ランキングの上昇に結び付いている。ただし、フラッグシップモデルの『Mi 10』シリーズが2月にリリースされているので、その影響が大きいのは確かだ。

Xiaomi Mi 10 Proが中国で販売開始も55秒で完売!Mi 10 とあわせて60億円以上の売り上げを記録!

続きを見る

1位は変わらずSamsungで出荷台数は1,820万台。2位も変わらずAppleで1,020万台となっている。両社共に順位はキープするも、出荷台数、売上高共に前年比で大幅に減少。苦しい年明けのスタートを切っている。徐々に向上の稼働は再開され始めたようだが、生産率が100%の状態に戻るにはまだまだ時間がかかりそう。ライバルメーカーだけでなく、大きな脅威との闘いが続く。どうか負けずに乗り切ってほしい。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Huaweiと最後の協業?Honor V40 5Gが登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、スコア、画像

記事に書かれている内容1 Honor V40 5Gに関する情報まとめ1.1 Honor V40 5Gの発売日に関する情報1.2 Honor V40 5Gの価格に関する情報1.3 Honor V40 5 ...

Apple Watch 4、5,6がOSアップデートで心電図アプリに対応!日本独自規制による何重苦をクリアか

Apple Watch 4から搭載された『心電図機能』。iOS 14.4とwatchOS 7.3へのアップデートにより、ようやく日本でも利用可能になる事をAppleが公式にアナウンスしました。 海外の ...

デュアルメインカメラ搭載!Vivo X60 Pro +登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、バンド、画像

記事に書かれている内容1 Vivo X60 Pro +に関する情報まとめ1.1 Vivo X60 Pro +の発売日に関する情報1.2 Vivo X60 Pro +の価格に関する情報1.3 Vivo ...

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro実機レビュー!実用的なノイキャン、HearIDは超優秀

Ankerが日本発売を開始したばかりの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。同社では初となるANC(アクティブノイズキャンセル)搭載のTWSです。グラミー賞を受賞した10名のアー ...

Xiaomi POCO X3で楽天モバイルとUQモバイル(au回線)のSIMを使ってみた!設定方法から電波状況まで

先日、久々にグローバルモデルを購入しました。XiaomiのサブブランドPOCOの『POCO X3』です。Socにはハイミッドレンジ用のSnapdragon 732Gを搭載し、スマートフォンの性能を示す ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.