Huawei P40、P40 Pro、P40 Pro+がついに登場!光学10倍ズームに超巨大センサー搭載で世界一確定か!

Huaweiが最新フラッグシップとなる『P40』『P40 Pro』『P40 Pro+』の3モデルをリリース。圧巻なのはやはり『カメラ』だった。これまでは光学とデジタルを組み合わせた、『ハイブリッド』による10倍だったのに対し、P40 Pro+光学だけの10倍のズームを搭載。他メーカーを圧倒する技術力を見せつけた。さらに実用的なハイブリッドズームは20倍。ズーム最大倍率は100倍となっている。

100倍ズーム機能はGalaxy S20 Ultraが先行してアピールしていたが、実用レベルには画質が程遠いと酷評されていた。最も、光学ズームが4倍なので、物理的なズームはP40 Pro+の半分以下。ハード面でも圧倒的な差がついている。そこにアルゴリズムによる解析技術が加わるのだが、実際に撮影された比較画像を見ると、全ての面においてP40 Pro+の圧勝と言える。とても100倍ズームとは思えない。

ズームのクオリティは100倍だけでなく、20倍でも当然素晴らしい。しかもこちらの比較画像は一応下位モデルという位置づけになるP40 ProP40 Pro光学5倍ズームP40 Pro+の半分の倍率だが、それでも比較対象のGalaxy S20 Ultra光学4倍を凌ぐ。もうグレードが高すぎて正直訳の分からない世界だ。ズームの解析力だけでなく、高感度撮影の強さが如実に表れた一枚だ。

P40 Proの持つハイブリッド10倍ズームの質の高さを見せつけてくれた、動物の撮影サンプル。ライオンや豹の毛並みがとても鮮明なので、最初見た時は上位モデルのP40 Pro+で撮影された画像だと思ってしまった。

そして凄いのは勿論、ズーム性能だけではない。カメラセンサーサイズは『P40』『P40 Pro』『P40 Pro+』共に1億800万画素に対応する『Samsung ISOCELL Bright HMX』よりもさらに巨大。センサーサイズの大きさは高感度撮影画質を劇的に向上させる。

ISOは『P40 Pro』と『P40 Pro+』が『409600』、『P40』が『204800』。ISOの値自体は前モデルとなるP30 Proと同じ。基本的にISOの値が高くなればなるほど感度が上がり、シャッタースピードは速くなる。しかしそれと同時に画像がザラつき劣化してしまうので、本来ここまで高い数値での設定は不可能だ。しかしそれを出来てしまうのは、『RYYB』というHuaweiが独自開発したセンサーを採用しているからこそ。

高感度撮影では一定の評価を受けているiPhone 11 Pro MAXGalaxy S20 Ultraとの画質比較。両モデルは被写体の影を捉えるのがやっとなのに対し、P40 Proはまるで光を当てたかのようにクッキリと。この差はすごい。

また、AI性能の進化により、画像から人や写りこみをボタン一つで削除。本来こういった画像処理にはPhotoshopなどの画像編集ソフトが必要になり、それなりの技術も要する。それを一瞬でやってのけるHuaweiのAI技術。撮るだけでなく、編集用途としても活躍してくれそうだ。

価格はP40 8GB/128GBが約96,000円、P40 Pro 8GB/256GBが約120,000円、P40 Pro+が約168,500円となっている。P40、P40 Proが4月7日に先行販売。P40 Pro+は少し遅れて5月中に販売が開始される。

相変わらずGoogleアプリは使えないので、メイン機として使うには厳しい状況のHuawei機。しかしカメラ性能だけをとっても、欲しいと思わせるその魅力。早くGoogleライセンスを復活させて欲しい。しかしそれを待つより先に、Huawei Mobile Systemが本格始動を始めるのだろうか。

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, HUAWEI, Huawei P40, Huawei P40 Pro, Huawei P40 Pro+, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , , , ,