OPPOが10m以内の無線充電技術、Meizuはソーラー発電機能付きのスマートフォンを発表!

Pocket
Facebook にシェア

今日は4月1日。そうです。エイプリルフール、嘘の祭典が行われる日。こんな時だからこそ、盛大な嘘をついて皆を楽しませようじゃないですか。しかし、いきすぎたクオリティで普通に騙されたのがOPPOです。

すでに近距離充電技術は実用化されているので、最先端のメーカーが本気を出せばこれくらいは・・・と思わされる、10m以内での無線充電技術。動画のクオリティがあまりに高い事もあり、最初はネタだと思わずツイートしてしまいました。やってくれるじゃねぇか・・・

そして次に発見したのがソーラー発電機能付きのスマートフォン。日本嫌いで有名なMeizuの作品です。OPPOと比較するとあまりに画像がチープなので、これは流石にネタ感。実際にあったら面白いとは思いますが。

ハイテク系のメーカーは、実際に実用化できる技術を持ち合わせていそうなので、判別が非常に難しい!4月1日に何かをリリースすると相手にされない可能性があるので、止めた方が良いですね。

しかしOPPOもMeizuもナイスアイディア。エンターテイメントとしては恐らく大成功!是非今後の開発で、『嘘』を『本物』にしてほしいですね。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.