Xiaomi MIUI 12は見やすく滑らかに、ナビゲーションバーが追加!?これはMi 10で使いたくなる!

Pocket
Facebook にシェア

XiaomiがAndroidをカスタマイズして開発を行っている『MIUI』。現在主流となっている『MIUI 11』は2019年9月24日にリリースされました。そして2020年3月23日に、新バージョン『MIUI 12』切り替えの為、『MIUI 11』に関する開発は停止されることが報告されました。

過去のアップデートを参考にすると、『MIUI 12』の登場は8月~9月になる見通し。しかしすでに中国のXiaomi公式フォーラムでは、MIUI 12の初期バージョンに関するスクリーンムービーが公開されています。しかしこれはまだ開発段階のものであり、公式による発表では無いので、いくつか内容が変更される可能性あり。

下部にナビゲーションバーが追加されています。現行ではナビゲーションボタンか全画面操作の2択になっているので、操作方法が増えるのは大きな進化と言えます。

ウインドウの切り替わりが滑らかに。Mi 10の高速ディスプレイであれば、アニメーションの向上をより実感する事が出来るでしょう。

マルチタスク画面はここから変更が加えられるのかもしれませんが、現段階ではかなりシンプルなものになっています。情報量が減った分、動きが軽快に。

MIUI 11でも利用可能なダークモードが更に進化。設定項目が増え、より自分の好みに合わせてカスタマイズ可能に。

通知一覧はそれぞれのウインドウが大きくなり、内容が一目でわかるように。必要、不必要な情報を、通知画面だけでしっかりと判別できるようになりそうです。

最新モデルのXiaomi Mi 10シリーズではメモリやストレージが高速化され、さらに有機ELスピード表示ディスプレイも採用されているので、MIUI 12の進化には正にベストマッチ。Xiaomi Mi 10シリーズは5G通信網の拡大と共に、購入してからも楽しみが続く端末と言えるでしょう。欲しくてたまらなくなってきた・・・

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.