【超最安値 04/08】P30 lite『10,080円』AIが画像を自動補正してくれる!サクサク動く超人気カメラスマホ

Pocket
Facebook にシェア

04/10【Huawei P30 lite】数量限定価格情報

  • ワイモバイル10,080円(スマホベーシックプラン M/R乗り換え特価)
  • IIJmio16,280円(音声SIM乗り換え特価、キャッシュバック含)5/31まで
  • BIGLOBEモバイル15,532円(音声SIM乗り換え特価、ポイント還元含)
  • LINEモバイル27,780円(音声SIM限定、キャンペーンコード入力でポイントバック)

Huawei P30 liteはこんなスマートフォン

Huawei P30 liteは水平120度の超広角撮影に対応

Huawei P30 liteに搭載されている超広角カメラは、通常ではカメラに収まりきらない、120度の広景を1枚の写真に収める事が出来ます。風景写真を撮る楽しみが、さらに広がるはず。

Huawei P30 liteはAI機能を活用した高画質フロントカメラ搭載

人によってそれぞれ異なる顔のパーツ。Huawei P30 liteのAIは、しっかりとその特性をつかみます。さらに、独自開発したアルゴリズム解析機能により、パーツに合わせたベストな画質に自動調整。インスタ映えする様な自然で美しい自撮り写真を、誰でも簡単に撮影出来ます。

Huawei P30 liteは進化したAIがカメラの高画質をアシスト

Huawei P30 liteに採用されているAI機能は、フロントカメラ8種類、リアカメラ22種類のシーン検出を、リアルタイムで行います。色や明るさ、コントラストが最適な設定に自動調整されるので、シャッターを押した瞬間にベストショット。

Huawei P30 liteのディスプレイは見やすく美しく。眼の健康にも配慮

Huawei P30 liteのディスプレイは、縦長比率の6.15サイズで、解像度はフルHD+。持ちやすさと見やすさを兼ね備えています。小型ノッチの採用は画面表示領域を広げ、一度に表示できる情報量を拡大。また、眼の負担を抑える『ブルーライトカットモード』を搭載し、健康に対する配慮もしっかりと。

Huawei P30 liteの立体デザインは手のひらに上質にフィットする

Huawei P30 liteは、無駄をそぎ落としたスタイリッシュな立体デザインが特徴。独自の3D湾曲設計は手の平にしっかりフィット。透き通るような、高級感溢れるグラデーションが所有欲を満たします。

Huawei P30 liteはKirin 710搭載で前モデルから性能が飛躍的に向上

Huawei P30 liteに搭載されている『Kirin 710』は、Huawei P20 Liteに使用されていた『Kirin 659』と比較して、CPUのシングルコアが『75%』、マルチコアは『68%』と大幅に性能アップ。GPUは『GPU Turbo』と組み合わせる事で、約1.3倍の力を発揮します。全体の処理速度が上がり、ゲームを快適に行う為の環境も整えられました。

「kirin 710」の画像検索結果

Huawei P30 liteはKirin 710搭載で前モデルから性能が飛躍的に向上

Huawei P30 liteは、Huawei P20 Liteの『3,000mAh』から『3340mAh』に電池を増量。電力効率も上がり、モバイルバッテリー要らずな長時間駆動を実現。急速充電機能を備えるので、急な電池切れにも焦る必要はありません。

Huawei P30 liteはハイレゾ音源をサポート

Huawei P30 liteは『ハイレゾ音源』をサポート。独自拡張機能『HUAWEI Histen』と組み合わせる事により、高音質なオーディオプレーヤーとしても機能します。イヤフォンジャックを備えるので、手持ちのヘッドフォンがそのまま使えるのも魅力。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.