Xiaomi Redmi Note 9Sで『お散歩撮り』!気分転換を盛り上げる

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiの最新ミッドレンジ『Redmi Note 9S』。『Snapdragon 720G』『電池容量 5,020mAh』といった尖った性能を持っている。しかしやはり気になるのは『AIクアッドカメラ』。今週末は天気が崩れるようなので、雨が降り出さない内にと試し撮りに出かけてきた。近所を適当に撮っただけなので、とりあえず『この程度に撮れる』という参考にしてもらえれば幸いだ。

今回は時間が無かったので、『ポートレート』と『マクロ』に限定。まずは『ポートレート』から。前モデルとなるRedmi Note 8 Proは6400万画素の超高解像度カメラがメイン。それ以外の部分に関しては、やや甘さが目立った。

Redmi Note 9Sに関しては、イマイチだった部分が修正されているような気がする。Snapdragon 720GではAI性能が飛躍的に向上しているので、その辺りも画質に影響を与えているはずだ。ゴチャゴチャした風景でも、背景をしっかりと識別している。

続いてはマクロ。解像度が200万画素から500万画素に上がっているので、ディテールがしっかりとし、鮮明さが増した。当然ながら、かなり小さな被写体を撮影しているのだが、それを感じされないのはやはり高解像度化の恩恵か。

季節も季節なので、綺麗な花が沢山咲いている。気分転換に散歩に出かけた時、『お散歩カメラ』を持っていれば確実にテンションは上がる。多くの人にとって十分すぎる画質の『Redmi Note 9S』。『超広角』『夜景モード』に加え、AIカメラの精度についても、さらに検証を続けようと思う。そういえば、動画撮影性能もパワーアップしてるんだった・・・

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.