iPhone SEをオススメしない人にオススメしたいAndroidスマホはコレ!必要な機能を見極めて、宝の持ち腐れ回避!

Pocket

新型iPhone SEは『A13 Bionic』による処理能力の高さが全て

新型iPhone SEの魅力と言えばやはりSoc。『A13 Bionic』です。廉価モデルながら、iPhone 11シリーズと同じものが搭載されています。ただし、『Soc』と聞いてピンと来なかった人は、恐らく新型iPhone SEを買っても宝の持ち腐れになります。

新型iPhone SEはゲームや動画編集をしない人には不向き

Socの性能の高さを一番活かせるのは、『ゲーム』や『動画』の編集時。つまり重たい作業を行う時です。『ゲームをしない。』『動画は撮らない』という人にとって、Soc性能というのはそこまで重視するものではありません。

新型iPhone SEは電池容量が少ないのでヘビーユーザーには物足りない印象

勿論、性能が高い方が全体的な操作スピードは向上します。スマートフォンを四六時中操作している様なヘビーユーザーであれば、上記以外でも買う価値はあります。ただし、iPhoneは電池容量が少ないので、電池持ちがそこまで良くありません。なので、生粋のヘビーユーザーには強くオススメ出来ないのです。

新型iPhone SEは廉価モデルと言えど5万円

新型iPhone SEは廉価モデルという位置づけですが、一番安くても49,280円(税込)。約5万円です。単純に高性能を求めるのであれば、Androidは5万円台でゲームフォン並みのハイスペック機が買えます。SocではiPhone SEが少しだけ有利ですが、デザインやディスプレイ、カメラ性能等を考慮すれば雲泥。OnePlus 7TRealme X2 Proがそれに該当します。

新型iPhone SEはFelicaと防水に対応!しかしそれ目的ならAndroidの方が圧倒的に安い

新型iPhone SEの他の魅力と言えば『Felica』と『防水』です。パンパンになったお財布とオサラバする事が出来たり、お風呂でくつろぎながら操作することも。しかしこの2つであれば、Androidでも事足ります。Felicaに関してはAndroidの『おサイフケータイ』が先行者です。そしてAndroidの方が、価格は圧倒的に安いのです。

新型iPhone SEはモバイルPASMOに非対応。AndroidならモバイルPASMOが使える

Androidをオススメしたいもう一つの理由。Felicaに通ずる部分はあるのですが、それは『モバイルPASMO』の対応です。現時点でiPhoneモバイルPASMOに非対応。モバイルPASMOに対応しているというだけで、iPhoneからAndroidに乗り換えたいというユーザーも、実は沢山いるでしょう。それくらいモバイルPASMOの登場は衝撃的でした。

新型iPhone SEはiPhone縛りから抜け出せなくなる。Androidなら機種変更が自由

後はスマートフォンが選び放題だというのもAndroidの魅力。iPhoneを使っていると、データの移行等が面倒なので、一度思い切ってAndroidに乗り換えない限りはiPhoneを使い続ける事になります。単純に飽きるでしょう。

1万円程度で入手することも可能なAndroidおサイフ防水スマホ!大切なのは機能とどこで購入するかの見極め

モバイルPASMO』が使えて、『機種変』も容易、さらに防水・防塵性能もしっかりついたAndroid。格安SIM業者によっては、乗り換え特価で1万円程度から手に入れる事が出来ます。私はグローバル端末ばかり使っていて、『日本でスマホを買うのは高くてバカらしい』と高を括っていました。しかし実際は買い方次第。自分がどの部分を欲しているかを明確にして、買うべき場所とタイミングをしっかり選べば、最小限の出費でコスパの高い買い物をすることが出来ます。

オススメしたい防水おサイフAndroidはコチラ

とにかく安い。耐衝撃性能付き『富士通 arrows M05(OCNモバイルONEが最安値)
駆動時間が長くてiPhoneに近いシンプルデザイン『SHARP AQUOS sense3(OCNモバイルONEが最安値)
サクサク動いてバランスのとれたスペック『OPPO Reno A(IIJmioが最安値)

どうしてもiPhoneが良ければ『Felica』と『防水』に対応するiPhone 7が格安

後は、どうしてもiPhoneが欲しい場合は、Felicaと防水性能がついた最廉価モデル『iPhone 7』がオススメ。性能ではiPhone SEに劣りますが、見た目は似てますし、価格はワイモバイルで2万円台~と激安。

とりあえず新型iPhone SEを買ってみた。どんな人に向いているかは実際に使ってみて検証

私は生粋のAndroidユーザーですが、今回お試しで新型iPhone SEを購入してみました。オススメしたい人というのは間違いなくいるはず。実際に使ってみて、それがどんな人なのかを考えてみたいと思います。ただし、前述している通り、一番の魅力は『処理能力』。そこにコストの多くがつぎ込まれています。家電は必要に見合った買い物を心がけましょう。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました(新料金の適用は4 ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

楽天モバイルでiPhoneを買えば最大2万円相当の還元を受けられる
【超お得】楽天モバイルなら最新iPhoneが実質2万円台~!分割払いならiPhone 12 Pro Maxにも手が届く!

4月23日からiPhone SE(第二世代)、iPhone 12シリーズ、AirTag、AirPods Proの取り扱いを開始した楽天モバイル。iPhone 12 mini、iPhone 12、iPh ...

Redmi Note 10 Proを一番安く買うには
シャオミのRedmi Note 10 Pro 日本版を一番安く買えるのは?Amazon、楽天、格安SIMセール情報!

発売開始から人気が沸騰し、品薄状態のRedmi Note 10 Pro。人気の理由はカメラとディスプレイ性能の圧倒的な高さ。メーカー販売価格34,800円(税込)という価格帯で、日本市場においてRed ...

後4日!Redmi Note 10 Proが格安SIMの発売記念セールで1万3千円に(MNP)!アラーム必須!売切注意!

5月11日(火)午前11時から、格安SIMのOCNモバイルONEが満を持してRedmi Note 10 Proの取り扱いを開始します。取り扱い開始を記念して、5月25日(火)午前11時までは発売記念特 ...

moto g30ではおサイフケータイみたいなVisaタッチ決済が使える
moto g30でおサイフケータイみたいなVisaタッチ決済を導入する方法!QR表示不要!タッチするだけで支払い完了!

記事に書かれている内容1 思っていた以上に使える!2万円台で使えるスマートフォンMotorola moto g302 Motorola moto g30の特長3 Motorola moto g30では ...

2万円台で購入出来るMotorolaのスマホmoto g30カメラレビュー
moto g30カメラレビュー!Redmi 9Tと実写比較!バランスのとれたGoogle Cameraライクな安定画質!

XiaomiのRedmi 9TとMotorolaのmoto g30はSocに同じSnapdragon 662を搭載する競合機です。ただしRedmi 9Tは1万円台、moto g30は2万円台とやや価格 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.