新型iPhone SEを買おうとしてる『Plus』ユーザーはちょっと待った!『画面サイズ』と『カメラ』は大丈夫?

Pocket

私は過去にhonor Note 10という、6.95インチサイズのファブレットを使用していた。ほぼ7インチなので、タブレットと言っても違和感は無い。しかしそのサイズで通話もしていたし、あくまで電話機として、メイン機として利用していた。その理由は勿論使いやすいから。後はカメラ画質が良かった。

使いやすさの中でも一番のメリットだったのが、やはり『見やすさ』だ。7インチ近い圧倒的な表示領域。調べものが多い時は最高だった。キーボードもタイピングスペースが広がるので打ちやすい。もう絶対に小さいサイズには戻れないと思っていた。

スマートフォンの画面サイズをダウンさせるにはパソコンとの使い分けが不可欠

しかし今メイン機として使っているのはOnePlus 7Tだ。OnePlus 7Tは『6.55インチ』なので、ディスプレイサイズがダウンしている。それなのに今はメイン。なぜかと言えば、パソコンを使用する頻度が増えたから。文字打ちや調べ物はパソコンを使い、スマートフォンはカメラ撮影やSNS投稿、そしてたまにゲームが利用用途に。スマートフォンとパソコンの使い分けが、かなり明確になったのだ。

スマートフォンとパソコンの使い分けが出来ない状態でスマートフォンの画面サイズダウンは危険

しかし逆に、この使い分けが出来ない環境なのであれば、スマートフォンのサイズダウンは実行出来なかったかもしれない。iPhone で『Plus』とつく端末を使っているのは、iPhoneの中では大き目なディスプレイサイズを選択したことがある人たちだ。『iPhone 6 Plus』『iPhone 6S Plus』『iPhone 7 Plus』『iPhone 8 Plus』は『5.5インチ』、新型iPhone SEは何インチかと言えば、iPhone 7iPhone 8と同じ。つまり小さい方の『4.7』インチ。Plus機と比較すると0.8インチの差がある。イメージ画像で比較しただけでも、相当なサイズ差だという事が分かるだろう。

なぜ『大きいiPhone』を選択してきたのか

まず、なぜ『Plus』を購入したのかを思い出して欲しい。いまでは信じられない事だが、iPhoneは発売当初『3.5インチ』サイズを採用していた。そしてiPhone 5で『4インチ』となり、このサイズが初代『iPhone SE』には採用されていた。そしてiPhone 6で通常サイズが『4.7インチ』になり、大きいサイズは『5.5インチ』、『Plus』と名付けられた。ここから4.7インチというサイズは、選択しようとすれば出来ていたのだ。

『大きいiPhone』を選択してきた理由がきっとある筈だ

しかし恐らく、何らかの理由で『Plus』ユーザーは5.5インチを使っている。『6』『6S』『7』『8』と、サイズダウンするチャンスは何度かあったはずなのに、だ。そう考えると、『何らかの理由』というのは、思っている以上に、重要な可能性がある。『価格が安いから』『性能が良いから』という理由で新型iPhone SEを購入してしまうと、いざ使ってみて後悔するかもしれない。

iPhone『Plus』ユーザーにオススメしたいのは『iPhone 11』

私が『Plus』ユーザーにオススメしたいのは『iPhone 11』だ。iPhone 11は画面サイズが『6.1インチ』。5.5インチの『Plus』端末よりも0.6インチ大きくなっている。そこまで大きくなったら、端末サイズが偉いことに・・・と考えがちだが、ベゼル部分が狭くなったので、外寸は『Plus』端末よりも一回り小さくなっている。画面が大きく見やすくなったのに、持ちやすくて軽い(202gから194gに軽量化)というのが、実際のところ。

新型iPhone SEは光学ズーム非対応なので注意

また、『iPhone 7 Plus』『iPhone 8 Plus』ユーザーが注意しなければならないのは『カメラ』だ。iPhone 7 Plusでは初めてデュアルレンズが採用され、背景ボケが美しい『ポートレートモード』で写真が撮れるようになった。さらに『光学ズーム』に対応したのもiPhone 7 Plusがはじめて。新型 iPhone SEポートレートモードはサポートするが、光学ズームには非対応iPhone 11光学ズームポートレートモードのどちらにも対応しているので、不便さを感じることなく、単純に画質の向上だけを体感することが出来るのだ。また、新型iPhone SEは『ナイトモード』に対応していないので、その点も注意が必要となる。

iPhone『Plus』ユーザーは『画面サイズ』と『カメラ』について熟考すべき

勢いで新型iPhone SEを買おうとしている人は、『画面サイズ』と『カメラ』について、どうして今『Plus』を使っているのかを、もう一度冷静に考えてみて欲しい。そしてもし、大画面のメリットがあまり感じられていなかったり、カメラもそこまで使っていないという事実が発覚したならば、新型 iPhone SEの購入は、きっと有意義なものになるはず。

『画面サイズ』と『カメラ』に迷いがあるなら『iPhone 11』を選んだほうが間違いなく幸せ

しかし逆に、引っかかる『何か』があるのであれば、少し購入金額は上がってもiPhone 11を購入した方が、毎日幸せになれると思う。スマートフォンは『毎日』使うものなので、イマイチな買い物をしてしまうと『後悔』と『違和感』がついてまわる。しかし逆に、自分のスタイルに合った端末を選べれば、満足度が増し、差額分はすぐに消化できる。お得なキャンペーンをうまく使えばiPhone 11も意外と安く買える。本当に必要なものを安く買う。それこそ満足度をMAXに高める、最高の買い物だ。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE(限定セール中)、IIJmio、BIGLOBEモバイ ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE(限定セール中)。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました( ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

5月のAmazonタイムセール祭りでお勧めな家電5選
5月23日~Amazonがタイムセール祭り開始!Anker、ブラウン、象印、シロカの家電、Kindleがプライスダウン

5月23日(日)午前9時からから5月25日(火)午後11時59分まで、Amazonが恒例のタイムセール祭りを開催します。タイムセールの対象商品にはAnker、ブラウン、象印、シロカ、そしてAmazon ...

moto g100は日本モデルとしてSnapdragon 870を初搭載!ゲームを超快適に遊べるスマートフォン!

Motorolaが新たに日本市場に投入した最新スマートフォンmoto g100。日本では初登場となるSnapdragon 870搭載モデルです。Snapdragon 870はSnapdragon 86 ...

Xiaomiのスマートフォンで楽天もバイルを0円運用する方法
シャオミのRedmi Note 9S、Note 10 Pro、9Tを楽天モバイルで0円運用する為の安心設定を分かり易く!

楽天モバイルは月の通信量が1GBまでは利用料金が無料。0円より安いプランなど当然存在しないので、もちろんこれは業界最安値です。しかも1GBデータ通信が無料で使えるだけでなく、Rakuten Linkの ...

格安SIMのmineoでRedmi Note 10 Proの取り扱い開始
mineoがRedmi Note 10 Proの販売開始!他の格安SIMと販売価格、利用料金、サービス内容を比較!

格安SIMのmineoが、各店舗で品切れ続出となっているRedmi Note 10 Proの取り扱いを開始しました。販売価格は一括で31,680円(税込)、24回の分割払いでは1,320円/月(税込) ...

Xiaomiの最新TWS FlipBuds Pro
シャオミがANCに対応するTWSの最上位モデルFlipBuds Proをリリース!40dbの強烈なノイズキャンセル効果!

イヤフォンジャック非搭載の端末が増え、年々需要が高まるBluetoothイヤフォン。今回XiaomiがリリースしたのはANC(アクティブノイズキャンセル)に対応するTWSの最新モデル『FlipBuds ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.