Galaxy S20 UltraがDxOMarkに登場!最新モデルながらTOP5入りを逃す!まさかのGalaxy失速か!

2020年4月22日

世界一有名なカメラ画質比較サイト『DxOMark』に、Samsung Galaxyの最上位モデル『Galaxy S20 Ultra』が登場しました。弱点だった夜景時の画質が改善され、ここ最近は最新モデルが世界TOP3にランクインしていたGalaxy。ここに来てまさかのブレーキがかかりました。

スコアは『122』と、Huaweiの2019年モデルとなる『Mate 30 Pro 5G』より低い結果に。世界ランクでは6番目のスコアとなります。すでにGalaxy S20 Ultraはカメラのアップデートを何回か行っており、それを踏まえた上での数値というのが、現状の厳しさを物語っています。

高く評価されているのは『色表現』『ダイナミックレンジの広さ』『ノイズの制御』『超広角時の露出と色』『フラッシュ使用時の露出と画像の精細さ』。

逆にイマイチなのは『暗所でのオートフォーカススピード』『ホワイトバランスの崩れ』『望遠撮影時のノイズ』『広角撮影時のディテールが甘く、ノイズが発生しがち』『夜景モード時に露出不足と量子化を起こしている』。

これはあくまでも、Galaxy S20 Ultraを世界最高レベルのフラッグシップモデルと認識した上での評価のはずですが、内容だけ見るとかなり手厳しい内容に。100倍ズームに関しては、確かにP40 Pro+との比較画像を見た時に、明らかに負けているなとは感じました。

あくまでP40 Pro+のクオリティが高すぎだからなのですが、100倍ズームを打ち出すならもう少し頑張ってほしかったのが正直なところ。やはり世界TOP10の戦いは熾烈です。今後Galaxy S20 Ultraが、さらなるアップデートでどこまで画質を改善出来るか、要注目!

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, DXOMARK, Gadget NEWS, Galaxy S20 Ultra, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ファブレット
-, , , ,