Xiaomiの見開きスマホは縦開き!?特許を元にしたデザイン画像が登場!2020年後半に量産開始予定か!

Pocket

2019年は、『5G』と『折り畳み式』の登場により、スマートフォン市場は変革の時を迎えました。そして2020年は、両モデルのさらなる浸透が推し進められています。

折り畳み式に関しては、『縦型』と『横型』が存在し、縦に折りたたむクラムシェルタイプはSamsungの『Galaxy Z Flip』、そしてMotorolaの『Razr』が存在します。価格はGalaxy Z Flipが18万程度(日本価格)、Razrも18万弱(海外価格)と、ボリュームゾーンにはやや浸透しづらい高額設定。新技術は流通するまでに通常よりコストがかかるので、当面は仕方の無いことなのかもしれません。

大手スマートフォンメーカー各社が折り畳み式スマートフォンを投入する中、未だにリリースしていないのが『Xiaomi』です。曲面ディスプレイを利用したコンセプトモデルとしては『Mi MIX Alpha』が登場しましたが、これは折り畳み式ではありませんでした。

コンセプトデザイナーの『Waqar Khan』とテクノロジー系ブログメディアの『WindowsUnited』は、Xiaomiが2019年11月に取得した特許から、今後リリースするであろう、折り畳み式スマートフォンのコンセプトデザインを作成して公開。

Galaxy Z Flip』『Razr』と同様の縦開きタイプで、どことなくゲームボーイアドバンスSPを感じさせる、無駄の無いスッキリとしたデザインが特徴です。

また、XDAの情報によると、Xiaomiが折り畳み式スマートフォンの量産を開始するのは『2020年後半』。まだ発展途上な状況である事から、『Razr』に関してはSocに『Snapdragon 710』を搭載するという、高額モデルながらアンバランスな製品スペック。

ディスプレイ表面の素材に関しても、完全にプラスチックだったものが、『Galaxy Z Flip』でようやく折り曲げ可能なガラス『Ultra Thin Glass』を採用。ただし強度に問題があるので、未だにプラスチック素材との併用段階。

スマートフォンディスプレイに採用されているガラスで、最も有名な『ゴリラガラス』を取り扱うコーニング社をはじめ、今尚『曲げられるガラス』については開発が続いています。

市場がある程度安定した状態で、ハード、価格共にバランスのとれた製品をリリースすれば、後発でも十分太刀打ち出来る折り畳み式スマートフォン市場。これまでと同様に、市場を驚かせるサプライズを見せてくれるのか!

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

格安SIMが他社から乗り換えで1万3千円OFFのキャンペーン開催中!AQUOS、シャオミ、OPPO、ZenFoneが安い

格安SIMのOCN モバイル ONEでは3月5日(金)午前9時30分までの期間限定で、他社から乗り換えの場合は対象端末が13,000円割引になるキャンペーンを開催中。 OCN モバイル ONEでは通常 ...

続きを見る

【初月無料】値下げしたBIGLOBEモバイルの契約は月前半が一番お得!今なら最大3万円相当超の期間限定特典まで受けられる

記事に書かれている内容1 BIGLOBEモバイルは2021年2月に利用料金を大幅値下げ!2 BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを実際に利用したらYouTubeを480pまで快適に観れた! ...

続きを見る

IIJmioに乗り換えでシャオミ、OPPO、モトローラのスマホが110円に!4月から電話番号付きSIMが月額780円!

2月24日に新料金プランを発表し、4月1日からは通信容量2GBで780円(税込:858円)~という信じられない安さで電話番号付きの音声通話SIMを利用出来るIIJmio。4月1日前に契約を行っても、無 ...

AQUOS sense5GのSIMフリーモデルが3月12日から発売開始!AQUOS sense4との違いを比較検証!

SHARPが3月12日から発売を開始するAQUOS sense5GのSIMフリーモデル(SH-M17)。見た目はAQUOS sense4と同じAQUOS sense5G。一体どこが違うのかスペックを比 ...

最上位モデルGalaxy S21 UltraがDxOMarkに登場もS20 Ultraを下回る低スコア!中望遠画質が劣化

スマートフォンのカメラ画質を独自の検証によりスコア化している世界一有名なサイトDxOMark。今回新たに追加されたのはGalaxyの最上位モデルGalaxy S21 Ultra。トータルスコアは121 ...

Xiaomi Redmi 9TとRedmi Note 9Sのカメラ画質を比較!色、シャッタースピード、距離の認識に違い!

記事に書かれている内容1 Xiaomi Redmi 9TとRedmi Note 9Sのカメラスペックはほぼ同等。しかしISPが異なる2 Xiaomi Redmi 9TとRedmi Note 9Sの主な ...

NTTドコモがahamoを2700円に値下げ!しかしターゲットが明確かつ更に安い格安SIMからのユーザー奪還は厳しいかも

NTTドコモが3月26日から提供を開始する格安プランahamo。サービス開始を前に、利用料金を2,980円(税込:3278円)から2,700円(税込:2,970円)に引き下げました。ahamoは月の利 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.