中国版Mi 10 Liteは5倍光学ズームに分身の術まで使える!?グローバルモデルとは完全に別物!日本でもこっち出して!

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomi Mi 10 Liteの中国モデルとなる『Mi 10 Youth Edition』は、グローバルモデルよりカメラ機能が強化される事で注目を集めています。すでに『MIUI 12』と共に4月27日のリリースが確定しており、本体画像や機能についてもいくつか情報が公開されています。

まず度肝を抜かれたのが、フラッグシップモデル御用達のペリスコープカメラの採用。光学5倍、ハイブリッド10倍、最大ズーム50倍という、Xiaomiを代表するカメラスマホ、Mi Note 10シリーズと同じレベルのスペック。

すでに撮影サンプルも公開されています。Mi 10 Youth Editionは廉価版5Gスマホになる予定ですが、どれもその価格帯からは信じられない画質ばかり。望遠機能だけでなく、高感度撮影や、マクロ、ポートレートに関するクオリティの高さも見逃せません。

『分身の術』を使っているかのように、一人の人間が複数いるように合成する機能も用意されています。カメラとソフトウェア性能、どちらかがイマイチだとこういった加工は不自然な仕上がりになりますが、サンプルを見る限り、かなり自然ですね。

そしてもう一つが、残像エフェクト効果をつける事ができる動画撮影機能。こちらも、精度が低いとただブレているだけに見えてしまう難しいエフェクト。まだサンプル動画は公開されていませんが、どの程度のものになるのか楽しみです。

カメラ性能をここまで高めているなら、折角作った『Mi CC』ブランドから出せば?と思ってしまいますが、何かしらの戦略があるのでしょうか。価格がグローバルモデルと同等なのであれば、間違いなくこっちのモデルを欲しい人が多いはず。もはや別物ですからね・・・。

あ、実機。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.