糖質を35%カットする炊飯器『糖質カット炊飯器 匠』でお家ご飯が更に楽しみに!笑顔を炊き上げる最高のアイディア商品だ!

Pocket

自粛期間が長くなると、家の中で出来る楽しみを探すようになります。いくつかある『楽しみ』の内の一つであり、殆どの人に該当するのが『食事』です。

テレワークに切り替わった人は、家族で食事をする時間も増えた事でしょう。そして楽しみの比重が大きくなればなる程、増えるのが『ご飯を食べる量』です。

日本で『ご飯』と言えば、主食である『』です。ある程度年齢を重ねてくると、血糖値に気を使わなければならなくなります。健康診断で『血糖値が高い』と診断されている人も、沢山いる事でしょう。通勤がなくなり、体を動かさなくなると、尚更糖質健康維持のために控えるべき。でもご飯は『楽しみ』の一つ!だから美味しく沢山食べたいんです。外出自粛という制限の中、食事まで制限されるのは流石に厳しい。

お米を沢山食べたい』というささやかな願望を叶えてくれるのが、欲しいものが必ず見つかる『THANKO』の『糖質カット炊飯器 匠』です。『THANKO』の存在はかなり前から知っていましたが、まさか炊飯器を出していたとは。しかも糖質カットしてくれる炊飯器って凄すぎじゃないですか。見た目も中々良いです。

どれくらい糖質をカットしてくれるのかと言えば、なんと『35%』。35%糖質をカットすることで、150gのご飯を食べても、含まれる糖質の量は100g分。これでお腹いっぱいになるまでお米を沢山食べられます。

この魔法の様な糖質カットは、独自開発された『リフトコントロールシステム』により実現されています。まず、内釜に米外釜に水とそれぞれ別々にセット。

炊き始めると、沸騰と同時に米の糖質が水に溶け出します糖質を含んだ水から米を救出するのが、リフトコントロールシステムです。米の入った内釜が上昇する事で、水から米が離れます。そのまま蒸気で蒸し炊き状態になり、糖質を35%カットしたご飯が完成。この技術、実用新案取得済みだそうです。当然ですよね。ノーベル賞あげたくなります。

独自のテクノロジー

人の求める製品をつくり続けてきた『THANKO』の、アイディアと開発力が詰まった、まさに集大成の様な『糖質カット炊飯器 匠』。これには家電メーカーもタジタジでは無いでしょう。健康的に沢山ご飯を食べられるようになるので、おうちご飯がさらに楽しみに。今の時代にも合った、最高のアイディア商品ですね!

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

シャオミ Mi 11では『QHD+解像度』『リフレッシュレート120Hz』を実用的に使えるのか?検証してみた

昨年の2月にリリースされたXiaomiのフラッグシップモデル『Mi 10』。ディスプレイのガラスにはコーニング社の『Gorilla Glass 5』が使用され、解像度は『FHD+(1080 x 234 ...

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proにイヤーチップ装着テストが追加!これでもう迷わない!

ANC(アクティブノイズキャンセル)機能を搭載するTWSでは最上位モデルとなるAnkerの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。ユーザーの『聴こえ方』を細かく解析し、『右耳』『左 ...

Xiaomi Mi 11中国モデルのブートローダーをアンロックする方法。待機168時間!グローバルROMの登場に備えよう

AppleがリリースしているiPhone以外は、その殆どが海外で先行発売されています。Xiaomiのスマートフォンに関しても、最初に中国モデルがリリースされ、その後グローバルモデルが投入されるというの ...

SONY Xperia Compactの最新画像がリーク!縦長比率廃止で小型化か。出しても中途半端になりそうな予感!

SONYが過去にリリースしていたXperiaの『Compact』モデル。2017年に発売された『Xperia XZ2 Compact』を最後に発売が途絶えていました。今回@OnleaksことSteve ...

Huaweiと最後の協業?Honor V40 5Gが登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、スコア、画像

記事に書かれている内容1 Honor V40 5Gに関する情報まとめ1.1 Honor V40 5Gの発売日に関する情報1.2 Honor V40 5Gの価格に関する情報1.3 Honor V40 5 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.