Huawei Honor X10は世界中で使える2万円台の5G対応ミッドレンジに!5月20日にいよいよリリース!

Pocket
Facebook にシェア

Huaweiのサブブランド『Honor』からリリースされ、2019年爆発的な売上を記録した『Honor 9X』。その後継機となる『Honor X10』と、上位モデルの『Honor X10 Pro』が、5月20日にオンライン上でリリースされます。

Really Assen』は、両モデルのリリースに先駆け、仕様や価格情報が明記されているスペックシートをリーク。

シートの情報を元にすると、Honor X10のディスプレイは90Hzのリフレッシュレートに対応。Socにはハイミッドレンジ用の『Kirin 820』が採用され、5G回線をサポート。メモリは6GBとなり、64GB128GBの2モデルが登場予定。メインカメラは4,000万画素で、カメラセンサーにはIMX 600Y。さらに800万画素の超広角カメラ、200万画素の深度測定用カメラといったベーシックな構成。バッテリー容量は4,200mAhで、最大充電速度は22.5Wとなっています。発売予想価格は64GBモデルが27,000円(254ドル)程度、128GBモデルが30,000円(283ドル)程度。

上位モデルとなるHonor X10 ProHonor X10と共通な部分が多く、リフレッシュレートは90Hzで、SocもKirin 820を採用予定。バッテリー容量は4,200mAhで、充電最大速度も22.5Wと同じ。違いとしては、カメラがトリプルからクアッド仕様となり、深度測定カメラに加えて空間測定カメラが追加。メモリは8GBに増量され、128GB256GBの2モデルをリリース予定。発売予想価格は、128GBモデルが36,000円(339ドル)程度、256GBモデルが41,000円(382ドル)程度。

TENAAではすでにレンダリング画像が確認されています。カメラデザインなどはすでにリリースされている『Honor 30』シリーズに近いイメージでしょうか。

また、Honorは公式のWeiboに新たな広告画像を投稿。その内容は、Honor X10が世界中9つの5G周波数帯域をサポートするというもの。中国に関して言えば、全ての主要な通信業者に対応する事になります。

中国の登山チームは、エレベスト登山時にHonor X10を用いて5G回線の速度を検証。5800m~6500mの標高時でも、下りで最大1,617Mbpsという信じられない通信速度を記録。Huaweiの5G品質とHonor X10、両方のポテンシャルの高さが実証されています。

また、登山チームはHonor 10Xのカメラで登山時の様子を撮影。厳しい環境下においても、鮮やかで高精細な画像をしっかりと記録しています。

Honor X10シリーズの開発には、45億円以上の予算と、長い時間がかけられています。まるで、フラッグシップモデルを開発するかの様な意気込み。Huaweiの命運をかけた注目のミッドレンジ。5月20日にいよいよ登場です。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.