【超最安値 08/07】Redmi Note 9 Pro『25064円』SD720G、64百万画素、30W、5千mAh

Pocket

08/12【数量限定】オススメ激安モデルはコチラ(送料、関税込)

Banggood

  • Xiaomi Redmi Note 9 Pro:6GB/64GB (グレイシャーホワイト、インターステラーブラック、オーロラブルー)25,064円~【100台限定】
  • Xiaomi Redmi Note 9 Pro:6GB/128GB (グレイシャーホワイト、インターステラーブラック、オーロラブルー)27,474円~【100台限定】

Xiaomi Redmi Note 9 Proはここがオススメ

  • 低消費電力に加えパフォーマンスが向上。進化したSnapdragon 720G搭載
  • 5,020mAhの大容量バッテリーによる長時間駆動
  • 最大30Wの超急速充電に対応
  • Xiaomiの画像処理アルゴリズムを駆使したAIクアッド(4眼)カメラ
  • 6400万画素の超高解像度カメラ搭載
  • 4K解像度に対応する動画撮影機能は手ブレ補正が強化
  • マクロカメラが200万画素から500万画素に解像度が倍増
  • 超広角カメラは四隅の歪みを自動補正
  • ポートレートモードが動画にも対応。背景をボカした動画撮影が可能に
  • フロントカメラが120fpsのスローモーション動画撮影に対応
  • 左右対称のバランスのとれたシメントリーデザインを採用
  • 高い加工技術が施された高級感溢れるテクスチャ
  • ガラス素材を立体的に加工し、持ちやすさと存在感をアップ
  • 電源ボタンと一体型のスタイリッシュな指紋認証キー
  • 画面占有率91%、6.67インチと視認性抜群の大画面ディスプレイ
  • 両面をゴリラガラス5に保護された堅牢なつくり
  • ドキュメントモードを使えばポケットスキャナーに
  • 150種類のパターンを持つ振動モーターによる直観的な通知機能
  • P2i撥水ナノコーティングによる防水防塵性能

Xiaomi Redmi Note 9Sで『お散歩撮り』!気分転換を盛り上げる

Xiaomi Redmi Note 9Sで『お散歩撮り』!気分転換を盛り上げる

続きを見る

Xiaomi Redmi Note 9S開封動画

Xiaomi Redmi Note 9S VS Mi Note 10 Antutu対決!

Xiaomi Redmi Note 9S VS Mi Note 10 AI性能比較!かなりのスコア差が発生!

対応してるSIMカードは?

【格安SIM対応状況】

Softbankの格安SIMであれば快適にご利用いただけます。

docomo回線:○ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:×

記事に書かれている内容

Banggood Xiaomi Redmi Note 9 Pro 価格一覧

オンラインストア『Banggood』とは

海外のガジェットを最も買いやすいお店の一つがBanggood。日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わりません。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

【クーポンコードの入力方法】スマートフォンからご購入の場合(会員登録は予め終わらせておいてください)

Xiaomi Redmi Note 9 ProをBanggoodで購入する

Xiaomi Redmi Note 9 Pro:6GB/64GB (グレイシャーホワイト、インターステラーブラック、オーロラブルー)25,064円~【100台限定】

Xiaomi Redmi Note 9 Pro 6GB/64GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Redmi Note 9 Pro:6GB/128GB (グレイシャーホワイト、インターステラーブラック、オーロラブルー)27,474円~【100台限定】

Xiaomi Redmi Note 9 Pro 6GB/128GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Redmi Note 9 Proはこんなスマートフォン

Xiaomi Redmi Note 9 ProはSnapdragon 720G搭載

Qualcomm®の最新Soc、『Snapdragon 720G』は第五世代のAIエンジンを搭載。低消費電力においてゲームパフォーマンスの強化を実現し、タイムラグやグリッチをしっかりと制御します。前モデルとなるSnapdragon 712と比較して、AI性能は115%アップ。さらにCPU性能は36%、GPU性能は14%向上と、日常的な操作に加え、ゲームプレイ時に体感出来る確かな進化を遂げています。

Antutu V8で計測したベンチマークスコアは『2,80,041』となり、Snapdragon 730のスコアを大きく上回っています。

Xiaomi Redmi Note 9 Proは5,020mAhの超大容量バッテリーを搭載

5,020mAhの大容量バッテリーは、音楽再生最長147時間、ゲームプレイ最長13時間、ナビゲーションの利用が最長16時間、通話最長33時間と、一度のフル充電でモバイルバッテリー要らずな環境を実現。Redmi Note 9 Pro一台で、長時間の外出にもしっかり対応。また、Redmi Note 9Sは最大18Wの充電速度をサポートするのに対し、Redmi Note 9 Proは最大30Wの充電速度に対応。圧倒的な速さで、急な電池切れからも短時間で復帰します。

Xiaomi Redmi Note 9 Proはパンチホールにシメントリーデザインを採用

前モデルとなるRedmi Note 8 Proは、前面はノッチ、背面のリアカメラはレンズが縦にならび、フラッシュがその右側に配置されていた。Redmi Note 9 Proでは、ノッチがパンチホールに変更され、4つのリアカメラは左右に2つずつ備えられ、バランスの良い、左右対称なシメントリーデザインが完成している。

Xiaomi Redmi Note 9 ProはAIクアッド(4眼)カメラ搭載

Redmi Note 9 Proに搭載されているリアカメラは800万画素の超広角カメラ(水平108度、f/2.2)、6,400万画素の超高解像度カメラ(1/1.72インチ大型センサー、f/1.89、ピクセル統合技術)、500万画素のマクロカメラ(焦点距離2~10cm、f/2.4)、200万画素の深度測定カメラ(f/2.4)の4眼構成。メインカメラは、Redmi Note 9Sの4,800万画素から6,400万画素にアップグレード。より高精細な画質提供が可能となっています。

6400万画素の超高解像度カメラにはf/1.89の明るいレンズに、1/1.72インチの大型カメラセンサー(Samsung ISOCELL Bright GW1)を搭載。ピクセル統合技術も加わり、短時間における光の取得量が大幅に向上しています。光の少ない場所でも手振れしづらく、画質も明瞭で鮮明に。

水平108度の撮影が可能な超広角カメラが写し出す世界は、水平80度と比較して圧倒的な大迫力。情報量が増え、その場の雰囲気をよりわかりやすく伝える事が可能に。広角レンズ特有の四隅の歪みも、アルゴリズムが自動的に補正してくれます。

被写体との距離を正しく測定し、美しい背景ボケを提供する深度測定カメラ。AIアルゴリズムの進化により、その精度はさらに向上。また、動画撮影時にもポートレートモードが使えるようになったので、映画のワンシーンさながらの、背景をボカした芸術的な描写が、誰でも簡単に撮れるようになりました。

マクロカメラは200万画素から500万画素に高解像度化。解像度が上がった事で情報量が増し、ディテール表現がより一層細かく鮮明に。至近距離2cmの世界は圧巻の一言です。

4Kによる高解像度の動画撮影にも対応。新しい撮影モードとビデオフィルター、進化した手ブレ補正機能により、まるでプロの映画監督さながらの、クオリティの高い作品を、誰でも簡単に残せるようになりました。

万華鏡モードを使えば、普段の何気ない日常がアートに。単調な動画のワンシーンに加えることで、一気に作品のクオリティが上がります。

Xiaomi Redmi Note 9 Proのフロントカメラは1,600万画素

Redmi Note 9 Proのパンチホール式フロントカメラは1,600万画素。AIが最適な深度を測定し、まるでリアカメラで撮影したかのように、美しい背景ボケを実現。また、進化したAI Beautify機能により、自撮り画質はより美しく自然なものに。

さらに、120fpsによるスローモーション動画撮影にも対応。写真だけでなく、動画による新たなアプローチが可能になりました。

Xiaomi Redmi Note 9 Proは高い加工技術により美しい質感を手に入れる

Redmi Note 9 Proには、20の工程に沿ったミクロレベルの高度な加工技術が施されています。美しく滑らかな質感、そして表面の上品な輝きが、ワンランク上のハイミッドレンジクオリティを演出。

Xiaomi Redmi Note 9 Proは立体デザインでさらに持ちやすく

3D曲面加工されたガラス素材は、持ちやすさに加え、持った時に手に触れる質感、見た目の高級感も高めてくれます。

Xiaomi Redmi Note 9 Proの指紋認証はサイドマウント

指紋認証センサーは電源ボタンに組み込まれていて、親指にピッタリとフィットするように設計。無駄なスペースを必要とせずに、デザイン的にも美しい。ディスプレイ内指紋認証が主流になりつつあるが、逆にこの仕様を支持する人もかなりいるはず。

Xiaomi Redmi Note 9 Proは6.67インチの大型ディスプレイを採用

ディスプレイサイズはRedmi Note 8 Proの6.53インチから6.67インチに拡大し、画面占有率91%まで向上。これまで以上に情報量を一度に沢山表示する事が出来るようになり、没入感も増しています。

 

Xiaomi Redmi Note 9 Proは強化ガラスによる堅牢なつくり

ディスプレイ面と背面の両方に、Corning®社のGorilla®Glass 5を採用。Gorilla®Glass 4と比較して、タッチ感度がアップ。さらに耐衝撃性が増し、落下時の保護性能も向上。

Xiaomi Redmi Note 9 Proは振動の変化で内容を伝える

専用のバイブレーションモーターは、『文字入力』『拡大縮小』『スクリーンショット』『各種通知』『ロック解除』『懐中電灯』などについて、150種類以上の振動パターンで、直感的に通知や操作をサポート。スマートフォンをポケットから取り出さなくても、振動の種類によって、何の通知かを判別する事も可能に。

Xiaomi Redmi Note 9 Proはポケットスキャナとしても機能する

カメラをドキュメントモードに設定すれば、Redmi Note 9 Proがスキャナーに早変わり。自動的に影を消去し、コントラストを高めてくれます。手間のかかる書類のスキャン作業が一気に効率化。

Xiaomi Redmi Note 9 ProはNFCをサポート。さらに防水加工、IRブラスターも

Redmi Note 9 Proには『P2i撥水ナノコーティング』という防水加工が施されています。コネクタとボタン部分はシーリング(ゴム状の材料により隙間を埋めること)により水やホコリをガード。防水の規格すら取得していませんが、日常的な利用における安心感の違いは明らか。

また、上位モデルとなるRedmi Note 9 ProはNFCをサポート。さらにイヤフォンジャックやIRブラスターも搭載するので、手持ちの有線ヘッドフォンで高音質を楽しめたり、赤外線に対応する電化製品をリモートコントロールする事も可能です。

Xiaomi Redmi Note 9 Proは3色のカラー展開

Redmi Note 9 Proは『グレイシャーホワイト』『インターステラーブラック』『トロピカルグリーン』の3色展開。トロピカルグリーンは背面の上下でテクスチャが分かれており、他のカラーとは一味違った、特別モデルの様な見た目が特徴です。

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno5 A
Leitz Phone 1
Softbankがライカ全面監修スマホLeitz Phone 1を独占販売!AQUOS R6と同じ1インチセンサー搭載

Softbankがカメラメーカーのライカ全面監修による5G対応スマートフォン『Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)』の取り扱いを発表しました。製造はSHARPが担当。6月18日から予約の受 ...

3年待ち!Xiaomi Mi Pad 5らしきタブがヨーロッパの認証機関を通過。ついにグローバルモデルの登場か!

これまで何度となくリリースの噂が出ていたXiaomiの最新タブレットMi Pad 5。しかし未だに実機が姿を見せた事はありません。前モデルとなるMi Pad 4が登場したのは2018年6月。すでに3年 ...

キャンプスマホ
キャンプに持っていきたい高耐久スマホ!Motorola Defy 2021らしき画像とスペックがリーク!

信用度の高い情報提供者Evan Blassが、Motorolaの最新高耐久型スマートフォンMotorola Defy 2021(仮名)に関する画像及びスペックをリークしました。 Motorola De ...

OnePlusがOPPOとのさらなる統合を発表。リソースの共有により品質の向上、安定化、より速いアップデートを目指す!

2021年1月、OnePlusは研究開発(R&D)部門をOPPOと統合する事を発表。元々OnePlusはOPPOから派生した企業になるので不自然な流れではありません。 そして6月16日、One ...

ファントムホワイト
Galaxy Buds Proに白バージョンが出るかも?海外公式サイトにファントムホワイトの画像が追加!

Samsungより Samsungは2021年のはじめにGalaxy Buds Proをリリースしました。カラー展開はファントムブラック、ファントムシルバー、ファントムバイオレットの3色。 Samsu ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Redmi, Redmi Note 9 Pro, Redmi Note 9 Pro MAX, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Redmi 9 Pro, XiaomiやOnePlusのSIMフリースマートフォンやスマートウォッチの超最安値情報(毎日更新中), カテゴリー, スマートフォン, ファブレット, 数量期間限定セール情報, 超最安値
-, , , , , , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信