Dimensity 1000+搭載のIQOO Z1 5GはAntutu53万超え!?Snapdragon 865を脅かす

Pocket

大手半導体メーカーMediaTekが市場投入したばかりの、『Dimensity 1000』のアップデートモデル『Dimensity 1000+』。はじめて搭載するのがVivoのサブブランドIQOOの『iQOO Z1 5G』です。同モデルは、すでに5月19日のリリースが明らかになっています。

Vivo IQOO Z1が5月19日リリース決定!Dimensity 1000+初搭載モデル!スナドラとの価格差に注目!

続きを見る

リリースを数日後に控え、『iQOO Z1 5G』のAntutuスコアに関する情報を、公式がWeiboが投稿しました。その内容を見ると、『iQOO Z1 5G』のAntutuスコアは53万を超えるとの事。

最も、実機で計測した画像が添付されていないので、この情報が正しいという確証はありません。ただし、前モデルとなるDimensity 1000がすでに50万のスコアを超えている事から、アップデートモデルとなるDimensity 1000+が『53万』を叩き出しても、何ら不自然ではありません。

現在世界最高スペックとなるのは、QualcommSnapdragon 865。端末によってスコアにばらつきはありますが、すでに60万超えが数モデル確認されています。それを踏まえても、『53万』というスコアは、十分比較対象に値します。

MediaTekのSocは、元々燃費が悪いというイメージがありました。しかし自社開発の『5G UltraSave』や『HyperEngine 2.0』といった最適化技術により、大幅な効率化を実現。燃費が悪いというイメージは払拭されつつあります。

iQOO Z1 5G144Hzのリフレッシュレートに加え、44Wの超急速充電をサポート。そこにDimensity 1000+が加わるので、これは期待せずにはいられません。市場では、6GB/128GBモデルが37,500円程度で販売されるとの噂も流れており、実現すればスマートフォン市場にまた大きな衝撃が走りそうです。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE(限定セール中)、IIJmio、BIGLOBEモバイ ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE(限定セール中)。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました( ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

NFCに対応するスマートフォンなら1万円台から購入可能!
Visaのタッチ決済が出来るNFC対応のAndroidSIMフリースマホ5選!おサイフケータイ対応モデルより断然安い!

スマートフォンを利用した簡単決済サービスと言えば、代表的なのがおサイフケータイ。しかしおサイフケータイを利用するにはFeliCaチップを搭載したスマートフォンが必要になります。通信キャリアが発売してい ...

moto g30で楽天モバイルのSIMは使えない?使えるようにする超簡単な方法をわかりやすく解説!1GBまでなら0円運用

先日、Motorolaのmoto g30で楽天モバイルのSIMが使えるか試したところ、デフォルトの状態だと4Gアイコンが半透明になり通信不能。 勿論APN設定は完了しています。VoLTEも点灯している ...

OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Proとmoto g30の在庫が復活
OCNモバイルONEでRedmi Note 10 Proとmoto g30の在庫が復活!これがラストチャンスの可能性!

5月11日(火)午前11時から発売記念特価SALEをスタートし、その数時間後には品切れになってしまったRedmi Note 10 Proとmoto g30。前回のセールと同様の動きでした。当日中に在庫 ...

Apple Payで使えるようになったVisaのタッチ決済はAndroidでも使える
Apple PayがVisaのタッチ決済に対応!AndroidだとFeliCaチップ非搭載のNFC対応端末で使えちゃう!

Appleが提供するデジタル決済サービスApple PayがVisaのタッチ決済に対応しました。Visaのタッチ決済はレジに用意されているカードリーダーを用いて支払いを行います。一定の利用料金までは暗 ...

日本で発売されているSIMフリースマートフォンの中で最高のコスパを持つRedmi Note 10 Pro
Xiaomi Redmi Note 10 Pro日本発売モデルがお勧めな7つの理由。SIMフリースマートフォンの最高峰!

記事に書かれている内容1 Redmi Note 10 Proがお勧めな理由その1『スマートフォンではなくカメラとして買っても満足出来るレベルの高画質』2 Redmi Note 10 Proがお勧めな理 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.