MediaTekが5月18日に5G対応の新Socをリリース!Dimensity 800 Plusの登場か!

大手半導体メーカーのMediaTekは、先日『Dimensity 1000』のアップデートモデルとなる『Dimensity 1000+』をリリースしました。

そして5月18日、さらに新たな5G対応Socのリリースを公式が告知。5月19日にはDimensity 1000+初搭載モデルのiQOO Z1がリリースされるので、慌ただしい状況が続きます。

Dimensity 1000のアップデートモデルとなるDimensity 1000 Plusがリリースされたので、次の流れとして期待されるのがDimensity 800 plus

Dimensity 1000 Plusでは、FHD+解像度に対応するリフレッシュレートが120Hzから144Hzに引き上げられ、5G、Bluetooth、Wi-Fiなど、ネットワーク全般の更なる最適化により、利便性と省電力性能を強化。さらにフレームレートレベルでの画質自動補正機能が追加され、全体的に実用的なアップデートが行われました。

先日リリースされたQualcommのミッドレンジ用最新Soc『Snapdragon 768G』が対応するリフレッシュレートは120Hz。仮にDimensity 800 Plus144Hzに対応した場合、スペックではSnapdragon 768Gを一歩リードする事になります。ミッドレンジなら120Hzでも十分な気はしますが、後発となるのであれば、ここは負けられないところ。

また、フラッグシップ用の『Dimensity 1000』のクロック周波数を落とし、半ば無理やりミッドレンジ用のSocとして『Dimensity 1000L』をラインナップしているMediaTekDimensity 800 Plusではその辺りの状況を踏まえ、どういったアプローチをしてくるのかに注目です。もちろん、リリースされる事が大前提ですが。

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Dimensity 800 Plus, Gadget NEWS, MediaTek, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ファブレット
-, , , ,