Redmi K30 Pro Explorer Editionが登場!?でも何か雰囲気が違う様な・・・

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiは過去に、フラッグシップの特別バージョンとしてスケルトンモデルをリリースしています。2018年に登場したのは『Xiaomi Mi 8 Explorer Edition』。当初、私はXiaomi Mi 8のベーシックモデルを使っていたのですが、Mi 8 Explorer Editionがあまりに格好良く見え、Mi 8 Explorer Editionのデザインがプリントされたケースを注文しました。ケースはプリントだったので、安っぽさが否めず結局使いませんでした。

そしてMi 8 Explorer Editionの次にリリースされたのが『Xiaomi Mi 9 Explorer Edition』です。壁紙にもメカニックなオリジナルデザインを採用したことで、よりガンダムっぽさが増しました。この時も私はMi 9の通常モデルを使っていて、Xiaomi Mi 9 Explorer Editionが欲しくなりました。ケースは微妙だと分かってしまったので、買いませんでしたが。

そして、この流れでいくと、Xiaomi Mi 10にも当然Explorer Editionが登場するはず。今年の3月時点で、実はすでに、Xiaomiのマーケティングチームが透明バージョンの画像を公開していました。しかし未だにMi 10 Explorer Editionはリリースされていません。

今回リークされた画像は、Xiaomi Miシリーズのものではなく、サブブランドのRedmi K30 Pro Explorer Edition、もしくはPOCO F2 Proらしきもの。画像を共有したのはXiaomiのシニアプロダクトマーケティングマネージャー『Daniel D』です。

Daniel Dによると、これはRedmi K30 Proに透明なガラスをはめ込んだだけのものであり、Explorer Editionとは基本的に異なるとのこと。見た感じも明らかに違いますよね。このままだと欲しくは無いです。

Explorer Editionを出すのであれば、Xiaomi Mi 10でもRedmi K30 Proでもなく、話題沸騰中のPOCO F2 Proで出すのがベストでしょう。昔のiMacのようにカラフルなバリエーションで出せば、POCOブランドらしさも感じられ、受けそうな予感。POCO F2 Pro Explorer Editionが見たいです。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.