『Rakuten UN-LIMIT』の真の実力を知るのは『楽天回線エリア』だ!60Mbps越えの爆速を体感せよ!

Pocket

Rakuten UN-LIMIT 』の本領を発揮できるのは『高速でデータ通信使い放題』になる『楽天回線エリア』です。2020年度第1四半期の決算資料によれば、楽天は2021年3月までに、楽天回線の人口カバー率7割を目指すとのこと。

Rakuten UN-LIMIT 』に契約していても、まだパートナー回線(au)のみでしか通信を行ったことの無い人は、それなりの数いる事でしょう。しかし、先着300万名までは、プラン料金は1年間無料。パートナー回線エリアでも5GBまでは高速通信が使えて、そのあとも最大1Mbpsといった、実用に耐えられる速度でデータ通信使い放題。超がつくほどお得な状況である事に変わりはありません。

そして、時間の経過と共に、楽天回線のエリアに追加される可能性が高まります。では実際に、楽天回線エリアでどれくらいの速度が出ているのか実測データをお見せします。このスピードを見て、楽天回線エリアに引っ越したいと思う人が出るかもしれません。それくらい早いです。

17:09に計測

23:27に計測

計測したのは、回線が混み合う夕方と夜遅めの時間帯。楽天モバイルMNOに切り替わったというのを、身を持って体感出来る速度。ちなみに、18時台に計測したSoftBank Airの実測値がコチラ。

18:27に計測

なんと、『Rakuten UN-LIMIT 』の10分の1以下のスピード。SoftBank Airの月額料金がどの程度かかるか、ご興味のある方は是非調べてみてください。繰り返しになりますが、『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名まで1年間プラン料金無料です。解約料金も発生しません

また、『Rakuten UN-LIMIT 』は、オンラインから契約するだけで、3,000ポイントもらうことが出来ます。契約時に発生する事務手数料の3,300円も全額ポイント還元

さらに、契約時に下記の楽天IDを入力する事で追加2,000ポイントゲット

 

楽天モバイルIDをコピーする

Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると、自分用の楽天モバイルIDをもらえるので、そのIDを使って知り合いを紹介すると、一人につき3,000ポイントゲット最大5人まで紹介出来るので、頑張れば15,000ポイントもらえます。

では、合計でポイントをいくらもらえるのか、計算してみましょう。

  • オンラインから『Rakuten UN-LIMIT 』を契約=3000ポイント
  • 事務手数料全額還元=3,300ポイント
  • 契約時に楽天ID入力=2,000ポイント
  • 知り合いを5名紹介=15,000ポイント

全部のポイントを合計すると、なんと23,000ポイント。全ポイントゲットするには個人の頑張りも必要にはなりますが、トータルだと新しいスマートフォン本体が買えてしまうレベルに。

さらに『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間プラン料金が無料になる事を忘れてはなりません。2980円×12ヶ月で35,760円。もらえるポイントと合算すると・・・『Rakuten UN-LIMIT 』のサービスが継続出来るか心配になります。

しかし、これは楽天モバイルがMNOとして、モバイル通信業界でシェアを獲得の為の、赤字覚悟の施策!思う存分『Rakuten UN-LIMIT 』を楽しんで、その魅力をみんなに伝えましょう!

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

撮影環境を向上させるXperia PROがPRO価格25万で登場!発売日、Soc、画面、カメラ、容量、対応バンドなど

2020年8月18日にリリースされた『Xperia 1 II』のアップグレードモデルとなる『Xperia PRO』。同社の対応一眼レフカメラに拡張して使う事が前提となっており、編集機能の追加、5Gミリ ...

Antutu68万で3万2千円の衝撃!motorola edge s登場!Soc、カメラ、容量、スコア、バンド、本体画像

Snapdragon 865+のクロックアップモデルとなる『Snapdragon 870』。その最新Socをはじめて搭載するスマートフォン『motorola edge s』がついに登場しました。Sna ...

iPhone 12 miniとXiaomi Mi 11のカメラ画質を徹底比較!オート、超広角、ズーム、夜景、ポートレート

『Mi 11』とiPhone 12 mini。カメラ画質に定評のあるXiaomiとAppleの最新モデルです。まずは両モデルをスペックで比較すると、メインカメラの解像度に大きな開きあり。ただしディスプ ...

シャオミ Mi 11では『QHD+解像度』『リフレッシュレート120Hz』を実用的に使えるのか?検証してみた

昨年の2月にリリースされたXiaomiのフラッグシップモデル『Mi 10』。ディスプレイのガラスにはコーニング社の『Gorilla Glass 5』が使用され、解像度は『FHD+(1080 x 234 ...

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proにイヤーチップ装着テストが追加!これでもう迷わない!

ANC(アクティブノイズキャンセル)機能を搭載するTWSでは最上位モデルとなるAnkerの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。ユーザーの『聴こえ方』を細かく解析し、『右耳』『左 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.