IQOO 3 5G Transformers Editionが超かっけぇ!本体から付属品、UIまでがトランスフォーム!

Pocket

Vivoのサブブランド『IQOO』は、IQOO 3 5Gの特別モデルとなる『IQOO 3 5G Transformers Edition』を新たにリリースしました。

iQOOは過去に、『iQOO Pro 5G』の特別モデルとして『iQOO Pro 5G  BATMAN Anniversary Edition』をリリースしています。この時は、専用ケースにトートバックを付属させ、パッケージを変更するにとどめました。本体は『iQOO Pro 5G』のものが、そのまま使われています。

しかし今回は違います。IQOO 3 5G Transformers Editionは、本体デザインからしっかりと作り込み。背面には『Monster Inside』というキャッチコピーと共に、トランスフォーマーのイラスト、iQOOのロゴが並んで配置されています。また、カーボンファイバーのテクスチャデザインが施されたことにより、特別モデルとしての存在感が大幅に向上。フレームのゴールドカラーとの相性も抜群です。

ユーザーインターフェースは『iQOO UI』を元に、アイコンや壁紙をトランスフォーマー仕様にカスタマイズ。本体のオリジナルデザインに加え、これはファンにとってたまらない内容なのでは。

さらに、付属品となるケース、充電ケーブル、充電器、そして勿論パッケージも、全てがトランスフォーマーデザインに。バットマンの時とは比較にならない拘りようです。

私はトランスフォーマーファンでは無いですが、男であればトランスフォーマーが嫌いな人は、殆どいないはず。このいきすぎない渋いデザインにも魅力を感じます。すでに通常モデルを買ってしまいましたが、 Transformers Editionが欲しい!発売開始は6月1日から。価格は12GB/128GBモデルが57,500円程度(535ドル)となっています。

しかし、私がIQOO 3 5Gを注文したのは4月29日。5月20日現在、未だに届きません。Aliexpressは遅いと覚悟はしていましたが、やはり遅い。後から発送されたBanggoodXiaomi Mi 10の方が早く到着してしまいました。

私がiQOO 3 5Gを購入した理由

私がこれまで、実際に購入し、頻繁に使ってきたグローバルモデルは『OnePlus』『Xiaomi(Redmi)』『Redmi』『Realme(OPPO)』あたり。しかしもう1つ気になっているメーカーがありました。それが『Vivo(IQOO)』です。

Vivoの端末はスペックが異常なまでに高く、それでいて価格は安い。気にならない筈が無いのです。明らかにスマホ沼に落ちている今の状態で、さらに好きなメーカーが出来てしまうのは絶対に危険!そう思いずっと我慢していたのですが、ついにゲージが振り切れてしまいました!初めて注文したのはVivoIQOO 3 5G』です。

最新モデルとなる『IQOO 3 5G』と、どちらを注文するか、かなり悩んだのですが、自分の求めるスペックと合致している『IQOO 3 5G』にする事に。『IQOO 3 5G』は最新Soc『Snapdragon 865』を搭載し、『5G回線』に対応するだけでなく、ストレージとメモリはどちらも最新高速規格で『UFS 3.1』と『LPDDR5』を採用。つまりこの上なく爆速。スペック重視でスマートフォンを選んでいる人であれば、もうこの時点でお腹いっぱいのはず。

そして『IQOO 3 5G』ではちょっとスペックが弱めに感じたカメラも、『IQOO 3 5G』ならしっかりとした作り。私は写真を撮るのが好きなので、ここはちょっと重要なポイントです。『光学ズーム』や『ポートレートカメラ』を搭載しているのも魅力的。

さらに充電速度は最大55Wと激速。4,440mAhの大容量バッテリーを、わずか15分50%充電します。ゲームの最適化や冷却性能にも優れ、ディスプレイはダークモード時に低消費電力化を実現する有機EL。

驚いた事に、『IQOO 3 5G』の魅力はこれだけじゃなかったんです。なんと4Gは『docomo』『Softbank』『au』『楽天』のフルバンド対応!5Gに関しても日本で主要なn77n78をサポートするので、『docomo』『Softbank』『au』『楽天』全て使えます。

Vivoはちょっと尖ったグローバルモデルのイメージだったので、ここまで日本の仕様に合っていたとは正直以外。一年間無料でネット使い放題の『Rakuten UN-LIMIT 』で、『IQOO 3 5G』を目一杯使い倒してやるぜぇ!

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

MediaTekが6nmのDimensity 1200/1000をリリース!Realmeが搭載モデルのリリースを告知!

昨年QualcommからSocの世界シェア第1位を奪還したMediaTekが、最新モデル『Dimensity 1200』『Dimensity 1100』をリリースしました。両モデルはこれまでMedia ...

AnkerがTWSの最上位モデルSoundcore Liberty Air 2 Proを発売開始!今なら実質1万円!

AnkerがCES2020で海外リリースしたばかりのTWS最上位モデル『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。日本での発売開始になるのはまだ少し先かと思いきや、なんと1週間も経たぬ ...

AnkerからiPhone 12シリーズとAir Podsを同時充電可能なMagSafe対応デュアルチャージスタンド登場

AnkerはiPhone 12シリーズとAir Podsケース(ワイヤレス充電対応モデル)を同時に充電可能なデュアルチャージスタンドをリリースしました。 iPhone 12シリーズの充電にはMagSa ...

QualcommがSnapdragon 870をリリース!Motorolaは初搭載モデルedge sの投入を公式に告知!

大手半導体メーカーQualcommが、フラッグシップモデル用の5G対応最新Soc『Snapdragon 870 5G』をリリースしました。 Qualcommはすでに最上位モデルとなるSnapdrago ...

Xiaomi Mi Note 10 LiteにAndroid 11(MIUI 12)の提供が開始!

カメラセンサーに『ZenFone 7』と同じIMX 686を採用し、6,400万画素の超高解像度撮影に対応するハイミッドレンジモデル『Xiaomi Mi Note 10 Lite』。MIUIのバージョ ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.