iQOO Z1 5Gがついに姿を現した!Dimensity 1000+世界初搭載モデル!Antutuスコアは53万超え!

Pocket

今年の2月、VivoのサブブランドIQOOは、Snapdragon 865を搭載したフラッグシップモデル『IQOO 3 5G』をリリースしました。そして本日リリースしたのは、MediaTekの最新Soc『Dimensity 1000+』を搭載する初のスマートフォン『iQOO Z1 5G』です。

iQOO Z1 5GはDimensity 1000+を搭載する世界初のスマートフォン

iQOO Z1 5Gは、MediaTek社の最新にして最高性能Socとなる『Dimensity 1000+』を搭載。Antutuのトータルベンチマークは『536683』となり、QualcommHiSiliconの最新Socと並び、世界トップクラスの処理能力を持つ事が実証。さらに、第3世代AIエンジン『APU 3.0』の導入により、AIパフォーマンスが約2.5倍向上しています。

iQOO Z1 5Gは144Hzのリフレッシュレートに対応

最も汎用的なスマートフォンのリフレッシュレートは60Hz144Hzはその2.4倍となります。1秒間に表示出来るコマ数が2.4倍に増えたという事なので、その滑らかさは誰もが気づくレベル。リフレッシュレートの設定は、『自動』『60Hz』『90Hz』『144Hz』から選択が可能です。

iQOO Z1 5Gは最新の通信環境をしっかりサポート

iQOO Z1 5Gは、5G回線のデュアルスタンバイに対応。5Gが流通するまでに必要な『NSA』と、その後主流となる『SA』をどちらもサポート。日本でメインの通信バンド『n77』『n78』『n79』が全て使えるので、SIM選びに悩む必要はありません。

また、最大1.2Gbpsの通信を可能とするWi-Fi 6や、2.4GHz、5GHzの同時接続にも対応。独自のネットワーク切り替え機能とアンテナ技術により、通信状況をリアルタイムに最適化。無駄な消費電力を抑え、途切れのないインターネット環境を提供します。

iQOO Z1 5Gは大容量電池搭載。安全な超急速充電にも対応

iQOO Z1 5G4,500mAhの大容量電池を搭載。独自の充電技術『Vivo Super Flash Charge』は、44Wの超急速充電に対応。23分で約50%、59分でフル充電を可能とします。『Vivo Super Flash Charge』には、8段階の安全保護機能バッテリー保護技術が採用されているので、充電が速いというだけでなく、電池に無理な負荷をかけずに長持ちさせる、インテリジェンスな機能です。

iQOO Z1 5Gはパワーアンプ内蔵の大型デュアルスピーカーシステム

iQOO Z1 5Gは、パワーアンプを内蔵した大型デュアルスピーカーを搭載。プロのエンジニアが音のチューニングを行い、『音楽』『映画』『ゲーム』に合わせてそれぞれ音をカスタマイズ。アルゴリズムが音を最適化し、より没入感の高い立体的な音響効果を実現しています。

iQOO Z1 5Gは最適化技術と冷却機能を組み合わせる事で高いパフォーマンスを維持

iQOO Z1 5Gは高いパフォーマンスを維持する最適化技術『MULTI TURBO 3.5』を搭載。多層からなる本格的な液体冷却機能と組み合わせる事で、内部の温度を10~12度低下させることに成功。長時間ゲームをしていても、動作が安定します。

iQOO Z1 5GはAI性能を持つトリプルカメラ搭載

iQOO Z1 5Gは4,800万画素の超高解像度カメラに加え、112度の超広角カメラ、被写体に4cmまで近づいて撮影する事の出来るマクロカメラを搭載。被写体の背景を美しくぼかすポートレートモードや、独自の夜景撮影モード『スーパーナイトビュー 2.0』にも対応します。

iQOO Z1 5Gは2色展開

iQOO Z1 5Gは、宇宙という壮大なテーマを元に、スペースブルーギャラクシーシルバーの2色展開。ややミステリアスなその雰囲気は、未知の力を持つDimensity 1000+を象徴しているかの様です。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

グーグルがフィットビットを買収。Pixelが売れてないのにウェアラブルは売れるのか?ユーザー離れの危険性も

Googleは2017年に台湾のHTCが持つスマートフォン開発部門の一部を11億ドルで買収。それまで同社が弱いとされていたハードウェア開発の強化を行いました。しかし世界におけるスマートフォンの市場シェ ...

シャオミがアメリカのブラックリストに追加!?状況が悪化すればグーグルとQualcommにも大ダメージ!

アメリカ政府がスマートフォンメーカーへの制裁を拡大。ついにブラックリストに『Xoami』の名前が追加されました。ロイターによれば、アメリカの投資家は2021年11月11日までに『Xoami』の株価を売 ...

Samsung Galaxy S21 5G、Galaxy S21+ 5G、Galaxy S21 Ultra 5Gを比較!

Samsungが最新フラッグシップモデルとなる『Galaxy S21 5G』『Galaxy S21+ 5G』『Galaxy S21 Ultra 5G』の3モデルをリリースしました。価格が799ドル~と ...

AnkerがANC対応TWS、Soundcore Liberty Air 2 Proをリリース!本気度MAXな仕上がりに

バッテリーメーカーとしても有名なAnkerが、TWSの最新モデル『Soundcore Liberty Air 2 Pro』をリリースしました。 Soundcore Liberty Air 2 Proは ...

Xiaomi Redmi K40シリーズはDimensity搭載モデルも登場するぞ!1月20日の最新Soc発表に注目

Snapdragon 888を搭載し、2月中にリリースされる事が公式にアナウンスされているXiaomiのサブブランドRedmiの最新シリーズ『K40』。同社のゼネラルマネージャーLu Weibingは ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.