Xiaomi Redmi 10XはいきなりMIUI 12!画面は有機ELでAntutuは40万超え!グローバルで出してぇ

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiのサブブランド『Redmi』が5月26日にリリースする、最新ミッドレンジ『Redmi 10X』。Dimensity 820初搭載モデルとなり、リリース前から大きな注目を集めています。Dimensity 820のリリースでは『Redmi 10X』のAntutuベンチマークを公開。『415,672』というスコアは、現時点のミッドレンジ市場で世界トップ。このスコアを見ただけで、欲しくなった人も沢山いるでしょう。少なくとも私は欲しいです。

公式のWeiboに投稿された最新の広告動画からは、Redmi 10Xには最新の『MIUI 12』に加え、画面内指紋認証の搭載が明らかに。別の画像には『AMOLED』の文字も。Redmiは以前、液晶を使った画面内指紋認証技術が、すでに量産段階にある事を公式に発表しています。はじめて尽くしのRedmi 10Xに採用すれば話題になりそうでしたが、今回はこれまで通り、有機ELの採用に落ち着いています。

Antutuスコア40万を超える高性能Soc『Dimensity 820』を搭載し、さらに5G対応。有機ディスプレイにディスプレイ内指紋認証と贅沢仕様のRedmi 10X。先日リリースされた『Honor X10』が真っ向からのライバル機となるでしょう。Honor X10は6GB/64GBモデルが28,500円程度(267ドル)。

2万円台という5G対応ミッドレンジとしては破格の価格設定。有機ELディスプレイの採用や、Antutuのスコアでは優位に立っているRedmi 10X。はたして価格でもHonor X10に勝つ事は出来るのか。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.