Xiaomiのソーラーパネルは高発電素材使用でバッグに取り付けも可能!発電状況の確認も出来てモバイルバッテリーも付属!

Pocket
Facebook にシェア

自然エネルギーの代表格とも言える『ソーラー発電』。ソーラーパネルの面積が小さいと、ほぼ発電しないイメージの同技術。Xiaomiが今回リリースした『YEUXソーラーモバイルパワーバンク』は、パネル部分が巨大で、発電のし安さ、かつ持ち運びやすさも、しっかりと考慮して作られています。フックが用意されているので、バッグに引っ掛け、歩きながら発電する事も可能。

素材には、住宅用のソーラーパネルにも使用されている『単結晶シリコンソーラーパネル』を採用。多結晶パネルと比較して発電効率が大幅に上昇し、雨の日など、光を取得しづらい環境でも、しっかりと発電を行います。生活防水加工が施されているので、水に濡れて壊れる心配もありません。

YEUXソーラーモバイルパワーバンクには、独自のソーラーチップテクノロジーが採用され、太陽の光の強さを自動的に検出。光が強く、しっかりと発電している時は『緑』、平均的な光を得ている場合は『黄色』、光が弱い時は『赤』を示します。発電状況をひと目で知る事ができ、パネルの向きを決める際にも役立ちます。

発電した電力は、6,400mAhのモバイルバッテリーに蓄電。モバイルバッテリーには出力用のUSB-Aポート(5V/3A)が2つ、USB-Cポート(5V/3A)が1つ、入力用のMicro USBポート(5V/2A)が1つ用意されています。

スマートフォンをはじめ、タブレット、デジタルカメラといったモバイルデバイスの充電に対応します。アウトドアの際には大活躍する事でしょう。

使わない時は折り畳み、コンパクトに収納出来るので、どんな場所にも気軽に持ち運べます。

YEUXソーラーモバイルパワーバンクXiaomiの運営するyoupin.comにてすでに取り扱いを開始中。発売価格は5,300円程度となっています。少し長めのハイキングに出かける際にも、大活躍なアイテムですね。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.