Antutu中国市場フラッグシップモデルTOP10!Snapdragon 865が1位~10位を独占!無敵の強さを見せる

Pocket
Facebook にシェア

スマートフォンの性能をスコアで表す、最も有名なベンチマーク『Antutu』は、中国市場における2020年5月度の、フラッグシップモデルTOP10ランキングを発表しました。中国市場のランキングは、グローバルモデルとして発売されていないスマートフォンも含まれるので、本当の意味でのAntutuスコア世界一は、この中国市場が基準となります。

その中国市場で1位を獲得したのがOPPOFind X2 Pro。12GBモデルと8GBモデルが、1位と2位を独占しています。2つのモデルの差はわずか4,000ポイント程度なので、メモリサイズがそこまで大きくAntutuのスコアに影響を与えていない事が分かります。それにしても独占は凄いですね。

続いて3位がXiaomiMi 10 Pro。生産が追いついていないのか、超品薄状態の同モデル。Mi 10と比較して望遠カメラを搭載している事が特徴ですが、Mi 101億800万画素カメラがズーム撮影に対応したので、個人的にはMi 10 Proにそこまで魅力を感じなくなってしまいました。同じSnapdragon 865を搭載し、価格的には大分安いMi 10で十分です。

4位はエヴァンゲリオンモデルをReleaseしたOPPO Ace2で、5位にはIQOO Neo3と続きます。この2モデルは、ゲーム性能を高めたゲーミングスマホよりのスペックが特徴で、Snapdragon 865に加え、高速ディスプレイを搭載し、タッチリフレッシュレートも高いです。ただし、カメラ性能が少し弱めなので、万人にオススメ出来る端末とは言い難いです。

6位にはRedmi K30 Proがランクイン。Redmi K30 ProはグローバルモデルとしてリリースされたPOCO F2 Proの中国版。5万円台で購入出来る5G対応フラッグシップモデルが、世界照準となる中国市場において第6位に入るというのは、とてつもない快挙です。

ランキングをご覧の通り、なんとSnapdragon 8651位から10位までを独占。圧倒的な強さを見せています。MediaTeckが対抗モデルとなる『Dimensity 1000+』をリリースしましたが、やはりSnapdragonと肩を並べるにはまだ時間がかかりそう。最高性能のスマートフォンを求めるなら、当面は『Snapdragon 865』搭載モデルで間違いなしです。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.