Xiaomi Redmi Note 9Sがバンド『18』に対応!?Rakuten UN-LIMIT最高の相棒神機登場か!

Pocket
Facebook にシェア

日本でもリリースが決定した、Xiaomiのサブブランド『Redmi』のミッドレンジモデル『Redmi Note 9S』。すでにグローバル市場では先行リリースが行われています。日本初登場となった『Xiaomi Mi Note 10』でも同様の流れがとられており、グローバルモデルのリリースから一定の期間を起き、日本市場にも Mi Note 10が投入されました。

Xiaomi Redmi Note 9Sが2万円台で登場!Snapdragon 720G搭載モデルが日本に初上陸!

続きを見る

それに関しては前回と同じなのですが、一点気になる事が。それは『対応通信バンド』です。Mi Note 10では、グローバルモデルと日本販売モデルの通信バンドが同じでした。つまり、どちらのモデルも仕様的には変わらないという認識。

しかし、Redmi Note 9Sに関しては、以下の様に異なった対応バンドが公式ページに記載されています。

Redmi Note 9S グローバルモデルの対応バンド

Redmi Note 9S 日本発売モデルの対応バンド

アップデートにより、対応バンドが追加されることはあるので、もしかすると日本発売に合わせて、グローバルモデルも対応バンドが追加されるのかもしれません。ちなみに追加されているのはLTE『18』『19』『26』バンド『18』をサポートする様になれば、『Rakuten UN-LIMIT 』のサポートエリア(au回線)での利用が可能になるので、かなり汎用的な使い方が可能になります。

楽天モバイルでは現在Rakuten Mini 1円で購入可能なキャンペーンを実施中Rakuten Mini と同時にRakuten UN-LIMIT を申し込むデメリットは、SIMeSIMに限定されてしまうということ。

Rakuten UN-LIMIT 』のみを申し込んで、バンド3(楽天回線)バンド18(サポートau回線)に対応したスマートフォンを購入するという選択肢も、決して悪くはありません。

私は現在、Xiaomi Mi Note 10Rakuten UN-LIMIT で運用中。ネット通信、通話共に何の問題もありません。Redmi Note 9Sバンド18に対応するのであれば、まさにベストな選択肢に。これは思ってる以上に、使えるミッドレンジの登場かもしれません。

Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、オンラインで契約すれば『3,000ポイントプレゼント』、お申込み時に発生する事務手数料は全額ポイント還元』という限定キャンペーンを実施中。申し込みをするだけで実質3,000ポイントもらえるということです。

さらに下記の『楽天モバイルID』をコピーして契約時に入力すると、追加で『2,000ポイント』もらえます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

この楽天モバイルIDは、『Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると付与されるもの。その楽天モバイルIDを使って誰かを紹介すれば、最大15,000ポイント(5名分)のお小遣い稼ぎも可能となります。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.