HPがChromebook x360 14c/11aをリリース!テレワークが捗るお手軽ラップトップが2万円台~

Pocket

テレワークにも大活躍のラップトップ。HP(ヒューレット・パッカード)は、6月8日、『HP Chromebook x360 14c』『HP Chromebook 11a』の2モデルをリリースしました。

HP Chromebook x360 14cは、14インチのFHD(1920 x 1080px)タッチスクリーンを搭載。『3面マイクロエッジベゼル』を採用する事で、画面占有率は88%まで拡大。ガラスには、スマートフォンでもお馴染みの、コーニング社の『Gorilla Glass』を使用し、耐久性にもしっかりと配慮。

厚み17.95mm、重さは1.58kg程度と、14インチのラップトップとしては、薄型軽量設計で持ち運びに最適。

キーボードにはバックライトが備えられ、両側面にはデュアルスピーカーを採用。さらに右のパームレスト部分には、指紋認証キーを搭載し、セキュリティを向。

本体左面にはUSB Type-Cポート×1、電源スイッチ、音量調整ボタンに加え、Webカメラ専用のプライバシースイッチが搭載されています。女性ユーザーにとっては安心して使える要素の一つですね。

右面はUSB-Aポート×1、USB Type-Cポート×1、イヤフォンジャック×1、Micro SDカードスロット×1といった構成に。

CPUは第10世代のIntel Pentium Gold 6405U、Intel Core i3-10110UとCore i5(詳細不明)の3モデルを用意。メモリは4GB/8GB、ストレージはeMMCで容量は64GB/128GBとなっています。

電池容量は60.9 Whで、連続駆動時間は13.5時間と長め。最大45Wの急速充電機能も備え、45分で約50%、90分で約90分程度の充電を完了。先日発売されたAnkerの薄型軽量充電器Anker PowerPort Atom lll 45W Slimとの相性も良さそうですね。最新通信規格Wi-Fi 6、Bluetooth5.0にも対応します。価格は54,000円程度(499ドル)~となっており、Windowsの同スペック帯と比較すると、買いやすい設定。

HP Chromebook 11a』は『HP Chromebook x360 14c』と比較して一回り小さくなり、ディスプレイサイズは11.6インチ。タッチ式と非タッチ式の2タイプが用意されます。ベゼルはかなり太めになり、上位モデルと比較すると少し野暮ったい印象に。解像度もFHDからHD(1366 x 768px)にスペックダウンしています。

CPUには第10世代のCeleron N3350を搭載。重量は1.35kgと『HP Chromebook x360 14c』より軽めですが、ディスプレイのインチ差を考えると、重量によるメリットはあまり無い様な気が。メモリは4GBで、ストレージはeMMC 32GB。『HP Chromebook 11a』を選ぶ理由はやはり価格。23,500円(219ドル)程度~と、かなりお手頃です。とりあえずChromebookを使ってみたいという人にとっては、ありな選択肢かもしれません。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Antutu68万で3万2千円の衝撃!motorola edge s登場!Soc、カメラ、容量、スコア、バンド、本体画像

Snapdragon 865+のクロックアップモデルとなる『Snapdragon 870』。その最新Socをはじめて搭載するスマートフォン『motorola edge s』がついに登場しました。Sna ...

iPhone 12 miniとXiaomi Mi 11のカメラ画質を徹底比較!オート、超広角、ズーム、夜景、ポートレート

『Mi 11』とiPhone 12 mini。カメラ画質に定評のあるXiaomiとAppleの最新モデルです。まずは両モデルをスペックで比較すると、メインカメラの解像度に大きな開きあり。ただしディスプ ...

シャオミ Mi 11では『QHD+解像度』『リフレッシュレート120Hz』を実用的に使えるのか?検証してみた

昨年の2月にリリースされたXiaomiのフラッグシップモデル『Mi 10』。ディスプレイのガラスにはコーニング社の『Gorilla Glass 5』が使用され、解像度は『FHD+(1080 x 234 ...

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proにイヤーチップ装着テストが追加!これでもう迷わない!

ANC(アクティブノイズキャンセル)機能を搭載するTWSでは最上位モデルとなるAnkerの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。ユーザーの『聴こえ方』を細かく解析し、『右耳』『左 ...

Xiaomi Mi 11中国モデルのブートローダーをアンロックする方法。待機168時間!グローバルROMの登場に備えよう

AppleがリリースしているiPhone以外は、その殆どが海外で先行発売されています。Xiaomiのスマートフォンに関しても、最初に中国モデルがリリースされ、その後グローバルモデルが投入されるというの ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.