Xiaomi Mi Band 5はバンドから外さず充電可能に!本体にピタッで充電開始!実際の充電動画アリ!これは楽しい!

Pocket
Facebook にシェア

6月11日にリリースされる、Xiaomiの『Mi Band 5』。Xiaomiは公式に、前モデルとなるMi Band 4から、7つの主要なアップデートを行う事を明らかにしています。その7つとは、『大型ダイナミックカラーディスプレイの搭載』『センサーのアップグレード』『11種類のスポーツモードをサポート』『月経周期の追跡』『新しい磁気充電技術』『NFCの搭載』『リモートコントロール』。

リークされている情報に照らし合わせていくと、ディスプレイサイズは1.2インチに拡大。血中酸素濃度を測定する為にSpO2センサーの搭載。NFCはGoogle Payのサポート。リモートコントロールはAmazon Alexaによる音声コントロールといったところでしょうか。

7つの内の一つとなる、『新しい磁気充電技術』ついて。Xiaomiは新たな画像を共有しました。Mi Band 4までは、充電する度に、バンドから時計部分を取り外す必要がありました。Mi Bandは連続駆動時間が長いので、気にならないと言えば気になりませんでした・・・か、作業的に面倒である事は間違いありません。Mi Band 5では、その部分がしっかりと改善されます。

実際に、Mi Band 5に充電コネクタを装着している動画がコチラ。想像以上に簡単そうですね。改善どころのレベルではありません。充電するのが楽しくなりそう。

そしてこちらは、精神的な健康を維持する為に追加されたセンサーに関する画像。はっきりとセンサー名は書かれていませんが、機能説明からして、SpO2センサーである事はほぼ間違いないでしょう。

本体のカラーバリエーションに関する画像も続々と追加。今のところ、全7色が確認されています。フォーマルな格好にも合わせられる渋めな色から、女性向けのライトカラーまで。今回も幅広いラインナップとなりそうです。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.