Fire HD 8はこんなところが評価されている。動作速度、音質、画面の美しさ、軽さに大満足の声!同シリーズ売上第1位!

Pocket
Facebook にシェア

Amazonがリリースした第10世代の最新タブレット『Fire HD 8』。『Fire 7』『Fire HD 8』『Fire HD 10』と3シリーズ展開している中で、ダントツで一番売れているのが『Fire HD 8』シリーズです。1位が『Fire HD 8』、そして2位には1ヶ月待ちとなっている『Fire HD 8 Plus』が根強くランクイン。

ではなぜ、『Fire HD 8』がこんなにも売れているのでしょうか。発売から少し時間が経過し、レビューも増えてきました。評価の平均は4.3と高め。『Fire HD 8』はどんなところが評価されているのか、ユーザーの声をまとめてみたいと思います。

  • 他のAmazonデバイスを設定した事があれば、Wi-Fi接続などが全部自動設定
  • スマホと同じレベルのサクサク動作。Alexa echoよりも高い音質
  • ゴロゴロ寝ながら使うのに最適
  • Amazonのアプリを思う存分楽しめる
  • 価格的に消耗を気にせずにガンガン使える
  • 前世代のFire HD 8と比較して明らかに動きが軽い
  • もたつく感なし。iPad miniの5分の1の価格はすごい
  • ホワイトはiPadみたいで綺麗
  • プライムビデオを見た時の画質が綺麗
  • 雑誌類は文字がガタつかずしっかり見える
  • 動画を見る端末としては十分過ぎるクオリティ
  • 薄くて軽くて使いやすい
  • 音楽鑑賞、動画鑑賞には最高のタブレット
  • 思っていたより軽く、反応が速い
  • Alexaに対応した使い勝手が良好

売れまくっているだけの事あり、皆さん大満足なご様子。全体の評価を見て『動作速度』『音質』『画面の美しさ』『軽さ』が特に支持されていると感じました。スマートフォンとの使い分けもしっかりとされていて、お家時間を存分に楽しむツールとして大活躍してくれる事でしょう。

また、個人的に気になったのは、ホワイトの色。製品画像を見て、安っぽい感じにならないかな、と少し心配だったのですが、どうやら杞憂に終わったようです。iPadみたいというのはかなりの高評価ですよね。実際手にとってみたい衝動にかられています。

私は、Fire HD 8 Plusを発売日直前に予約注文したのですが、少しタイミングが遅かったようで、未だ届かず・・・。製品ページの画面表記でちょっと不満なのは、現時点で『6月30日に入荷予定です。』と書いています。これだと6月30日に、予約分は全部出荷されると思いますよね。

しかし、予約数がMAXを超えると、恐らくそこからは後ズレします。その状況に陥っているのが・・・私です。つまり、早目に注文を入れておかないと、どんどん届くのが遅くなります。待ちきれずに、Fire HD 8ホワイトを買ってしまいそうですよ!まさか、Fire HD 8を2台持ちさせる作戦か!?流石にその手にはのりません・・・我慢しよう。

Amazon Fire HD 8を最も安く買う方法

Fire HD 8』を最も安く購入するには、まず『Amazonチャージ(現金払い)』を利用して、Amazonギフト券を購入します。日常的にAmazonを利用している人であれば、Amazonギフト券の消化はあっと言う間に可能でしょう。ポイントバックの詳細がコチラ

一度にチャージする額が大きくなればなる程、ポイント還元率は高くなり、MAXで2.5%』の還元を受ける事が出来ます。9万円チャージすると、『2,250円』相当のポイント還元。これはかなり大きいです。

そして私も完全に盲点だったのが、『Amazon Mastercard クラシック』への入会です。楽天では『楽天カード』を当たり前の様に使っているのに、なぜAmazonでは使っていなかったのか。『Amazon Mastercard クラシック』は、入会するだけで『5,000ポイント』プレゼント(時期によっては2,000ポイントの時もあるみたいです)されます。

さらにAmazonで買い物をする度に、『2%』のポイントをゲット。『Amazon Mastercard クラシック』の申し込みページにいくと、過去12ヶ月間で、『Amazon Mastercard クラシック』を使って買い物をしていたら、どれだけポイントが貯まっていたかが表示されます。私の場合『過去12か月のお買い物にAmazon Mastercard クラシックをお使いいただいていたら、最大3,743ポイントが貯まっていました。』と・・・。そんなに買い物をした記憶は無いのですが、こんなにポイント貯まってたのか・・・というか損してたのか・・・ガッカリです。

私と同じ思いをしたく無い方は、今すぐ『Amazon Mastercard クラシック』に登録し、5,000ポイントゲットしてください。そしてこれからは、しっかり2%の還元を受けましょう。『Amazonチャージ(現金払い)』は最大2.5%還元、『Amazon Mastercard クラシック』は2%還元なので、買うものによってしっかり使い分ければ、還元率MAXは維持できますね。

Amazonチャージ(現金払い)』で『2,250円』相当のポイント還元を受け、『Amazon Mastercard クラシック』の登録で『5,000ポイント』ゲットすると、合計で『7,250円』相当の割引を受ける事が可能に。『Fire HD 8』は『9,980円』なので、実質『2,730円』で購入出来る事になります。タブレット本体の代金とは思えませんよね。

そして、純正ケースとセット購入する事で、割引額はさらにアップ。1,000円の割引を受ける事が出来、合計の割引額は8,250円に。最新モデルがこれだけ割引になるというのは、かなりお得感強いです。

せっかく3,250円相当割引になるので、もう少し『Fire HD 8』のアクセサリーを掘り下げてみましょう。純正の専用カバーときたので、次はやはり『フィルム』です。前世代からサイズやフロントカメラの位置が変わっているので、古いモデルのフィルムは当然使えません

価格はどこも同じくらい。その中で私がオススメしたいのは『ミヤビックス』です。以前、Xiaomi Mi Note 10フィルムを購入して、品質が最高でした。現在用意されているのは、『反射防止』『ブルーライトカット』『傷修復』の3タイプ。私が使った事のあるのは『傷修復』タイプ。どういう仕組みなのか分かりませんが、本当に傷が勝手に消えていて、何度か驚かされました。

そしてタブレットで最も利用時間が長い(MM総研調べ)とされる、『インターネット検索』『メール・メッセージ』を滞らせるのであれば、必須となるのが『キーボード』。『Fire HD 8』にキーボードという組み合わせは、『インターネット検索』『メール・メッセージ』に特化して言えば最強です。

私は仕事柄、Photoshopという画像編集ソフトを多用するので、完全にタブレット環境に移行するのは難しい状況です。ただし、それが無ければ『Fire HD 8』で十分。キーボードを選ぶ上で重要なのが、『日本語配列』に対応しているかどうか、後は『Bluetooth接続』である事も必須です。私は一度安物のBluetoothキーボードを購入し、日本語配列では無かったので、見事に使わなくなりました。

改めて買い直したのがコチラ。タブレットだけでなく、スマートフォンとも連携可能。外出先で、急いで文字を打ちたい時にも大活躍してくれます。複数のデバイスで、接続を切り替えられるのもベスト。

そしてオマケにもうひとつ。『Fire HD 8』はデュアルステレオスピーカーに対応しているので、単体でも迫力あるサウンドが楽しめます。しかし、集中して映画を見たい時、ベストなのはやはり『ヘッドフォン』です。

イヤフォンでも良いですが、臨場感と没入感を高めてくれるのは、やはりヘッドフォン。オススメは、最大『60時間』の連続再生時間を持つ『Anker』の『Soundcore Life Q10』。無線式のBluetooth接続ながら、ハイレゾ音源に対応し、独自のテクノロジーで低音も強化。ケーブルを用意すれば、有線による接続も可能な高性能モデル。

音質については、個人の意見より、Amazonのレビューを見ていただいた方が、明確かと思います。総じて『お値段以上』の高評価。3,000円台という価格以上の期待をして良いのではないでしょうか。ちなみにキャッシュレス払いで今なら『5%OFF』です。

 

6月17日までの期間限定!『リスク0』『1円』で『スマホ』と『データ通信し放題』の環境が手に入る

Fire HD 8』を使う為には、まずインターネット回線が必要になります。家にデータ通信し放題の環境が無いと、Prime Videoを見る事も出来ません。では、その環境が無い人は、『Fire HD 8』を買うべきでは無いのかと言えば、今においては違います。

なぜなら、先着300名に限り、1年間無料で『データ通信し放題』になる超お得なサービスが提供されているから。しかも、6月17日まで、ルーターの代わりになる端末を『1円』で購入する事が出来るのです。回線の申し込みにかかる事務手数料は全額ポイント還元実質1円を支払う事で、1年間無料の『データ通信し放題』環境が手に入る。それが、楽天モバイルの『Rakuten Mini 』と『Rakuten UN-LIMIT 』です。

前述している通り、『Rakuten UN-LIMIT 』は契約にかかる事務手数料『3,300円が全額ポイントで還元』されます。実質0円。さらに『オンラインから申し込みを行えば3,000ポイント』もらえます。そして、先着300万人に限り『1年間利用料が無料』。『データ通信し放題』『国内通話し放題』が1年間無料になるのです。

しかし、『タダより高いものはない』と教えられてますよね。通常であれば、高額な解約料金が発生するはずです。しかし、『Rakuten UN-LIMIT 』の場合は解約料金も『ゼロ』です。最も、『データ通信し放題』『国内通話かけ放題』を放棄して、無料期間中に解約する人がいるとは思えませんが。

ルーターの代わりにもなるRakuten Mini は、ただの小さいスマートフォンではありません。『おサイフケータイ』が使えます。先日、楽天PaySuicaが対応した事で、Suicaにチャージする度に楽天ポイントが貯まるようになりました。モバイルPASMOだって勿論使えます。『WAON』も『QUICPay』も『nanaco』も『ID』も、あり得ないサイズに全部収まります。

最高の機動力を持つRakuten Mini 。『Rakuten UN-LIMIT 』と組み合わせる事で、『データ使い放題』『国内通話かけ放題』を実現します。唯一の弱点があるとすれば、それはやはり画面サイズ。その弱点を完全に克服してくれる、最高の相棒となるのが『Fire HD 8 Plus』。つまり、『Rakuten UN-LIMIT 』『Rakuten Mini 』『Fire HD 8 Plus』の3つを揃える事で、最も安く、最も利便性の高い、コストパフォーマンス最強のモバイル環境が整うということです。

ただし、『Rakuten UN-LIMIT 』の高速通信し放題が使えるのは『楽天回線エリア』のみ。それ以外の地域ではパートナーエリア(au回線)という扱いになり、パートナーエリアで高速通信出来る容量は5GBに定められています。5GBは、動画目的とすると、どう考えてももの足りない容量。

しかし、安心してください。『Rakuten UN-LIMIT 』は低速時でも最大『1Mbps』で通信が可能です。私は元々楽天モバイル の『スーパーホーダイ』に加入していました。その時も低速時の速度は1Mbps。低速設定で、動画を見れていました。しかし、スーパーホーダイ12時~13時18時~19時速度制限あり。その時間帯は動画どころか、ネットサーフィンですら重くなり苦痛でした。『Rakuten UN-LIMIT 』になり、その時間の速度制限が撤廃され、無敵状態に。

でもやはり、お昼の混み合う時間帯であれば、やはり動画再生は厳しいのでは。『Rakuten UN-LIMIT 』を低速設定に切り替え、おっかなびっくりPrime Videoを再生してみました。最初はやや映像に乱れあり。やはりこの時間帯は厳しいか。しかし少し経つと、データの読込が追いついたのか、画質は鮮明に。1分程度もすれば滑らか画質になります。そこからは途切れることもなく、普通に映画が見れました。1年間無料なのにPrime Videoが見放題に。これが『Rakuten UN-LIMIT 』クオリティ。一番込み合う時間帯でこのレベルなので、他の時間帯であれば、更に快適に見れるでしょう。

Rakuten Mini が1円で購入出来るのは、6月17日の8時59分まで。ただし、不正転売などが発見された場合は、早期にキャンペーンは終了となります。つまり、いつ終わってもおかしく無い超限定キャンペーンということ。今すぐ申し込みましょう。終わってしまったら絶対に後悔しますよ!

一点注意が必要なのは、『楽天モバイルID』の入力による、紹介者キャンペーンとの併用は出来ません。『楽天モバイルID』を入れてしまうと、Rakuten Mini 割引が無効になるのでご注意ください。紹介者キャンペーンで2,000ポイントもらうより、Rakuten Mini の『18,699円割引』の方が、圧倒的にお得ですからね。

Rakuten Miniはこんなスマートフォン(実機レビュー)

まずはUI。通常のレイアウトであれば、間違いなく見づらいですし、操作もしにくいかもしれません。しかしRakuten Mini のUIは、オリジナルデザイン。分かりやすく言えば、Apple Watchライクな感じ。円形のアイコンがバランスよく配置され、横ではなく、縦スクロールで表示が切り替わります。Apple Watchよりは画面が遥かに大きいので、使いづらさは感じません。

そしてもう一つの不安要素は、『スペックがポンコツそう』ということ。フラッグシップモデルと比べたら、確かに比較になりません。スーパーカーと軽自動車の様なものです。しかしそこで比較するのはナンセンス。軽自動車には軽自動車なりの、メリットがありますからね。

まず一番のメリットは『おサイフケータイ』。大きい財布小さい財布同じ金額を持ち歩けるとしたら、どちらが良いでしょうか?殆どの人が『小さい財布』と答えるでしょう。しかもその『小さい財布』は、沢山のカードを収納する事も出来る。まるでドラえもんのポケットの様な、魔法の財布です。

最近リリースされたばかりのこの『赤いSuica』。Rakuten PaySuicaに対応したことで、Rakuten Payのアプリ上から、Suicaの発行が可能になりました。Rakuten PayからSuicaにチャージすると、楽天ポイントが付与されます。現在、Suicaにチャージ出来るのは『楽天カード(クレジットカード)』限定ですが、今後『楽天ポイント』からのチャージにも対応するようです。これぞRakuten Mini を使う醍醐味ですね。

Rakuten Mini の機能は『おサイフケータイ』だけではありません。地味にめちゃくちゃ便利なのがコレ。そう、Google Mapsです。サイズが小さく、79gと軽量ので、自転車にとりつけても機動力が損なわれる事なありません。ポケットにRakuten Mini を入れておけば、いつでもナビアプリが使えるってかなり心強いです。いざって時にスマホを忘れて、目的地に辿り着けなかった事ありますからね・・・。

これは、Rakuten Mini ユーザーになったら絶対やって欲しい、オンラインポータブルオーディオとしての使い方。Rakuten UN-LIMIT は低速でも『最大1Mbps』で通信が可能です。パートナーエリアでは低速設定にして、音楽を聞きまくるというのが玄人チック。イヤフォンジャックは非搭載なので、Bluetoothイヤフォンを用意しましょう。この見た目なので、バッチリくるのはTWSですかね。Rakuten Mini は79gしか無いので、はTWSのケースと一緒に持ち歩いたとしても、普通のスマートフォン1台分より遥かに軽いです。

そして、忘れてはならないのがこれ。Rakuten Mini はスマートフォンです。当たり前ですが、電話回線を使って通話が可能。楽天回線にも対応しているので、Rakuten Linkで『かけ放題』が実現します。Rakuten UN-LIMIT は色々と相性があるようなので、『楽天回線対応端末』を購入するのが安牌。Rakuten Miniであれば通話もバッチリOKです。

Rakuten UN-LIMIT のサービスをフル活用するなら『テザリング』。極小の筐体ながら、バッチリルーターとしても機能するんです。Rakuten UN-LIMIT なので勿論『通信し放題』。ルーターメインでRakuten Mini を使うとして、電池の持ちが心配な場合は、モバイルバッテリーを用意すればOK。薄型のカードタイプを1つ持ち歩くだけで、通信可能時間は大幅にアップします。

この機能がRakuten Mini についているのは、正直意外でした。楽なので、『ロック解除はコレ以外考えられない』という人も多いでしょう。それが『顔認証』です。解除する速度が物凄く速いとは言えないですが、暗めな場所でもしっかりと動作します。毎回画面にパスコードを入力するのは、今となってはあり得ないですからね。

連絡手段として必須のツール『LINE』にも対応。Rakuten Linkよりこっちで通話する人の方が、断然多いんでしょうね。キータッチは画面が小さいので少しやりづらいですが、画面を横にして使う事で、ある程度は解消されます。

他にも『株価チェック』『電卓』『ボイスレコーダー』『カメラ』など、あったら便利な機能が盛りだくさん。Googleプレイに対応しているので、自分の用途に合わせて機能を拡張する事も可能です。『このサイズで出来る』というのが、Rakuten Mini にとって一番の魅力。たったの79gで、電車の移動も、買い物も、ナビも、音楽鑑賞も、友達との連絡も、インターネットも全部OK!これ、一度慣れちゃうと他のスマホを持ち歩けなくなりますよ。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.