Lenovoのゲームスマホは横からポップアップ!?さらに90W充電対応か。ゲーム実況にも考慮した本格モデルになりそうだ!

Pocket
Facebook にシェア

Lenovoが初のゲーミングスマートフォンとしてリリースを予定している『Lenovo Legion』。有力な情報提供社である『デジタルチャットステーション』は、自身のWeiboに『Lenovo Legion』に関する新たな情報を投稿しました。

その内容によると、『Lenovo Legion』のリリースは7月頃を予定。90Hzのリフレッシュレートに対応する高速表示ディスプレイを搭載し、最大90Wの超急速充電に対応。デュアルスピーカーに振動モーター、デュアルUSB Type-Cポート、複数の温度センサーを搭載するとのこと。90W充電に関しては、USB Type-Cポートが2つ搭載されるようなので、2ポートを使って、同時に充電を行うというものでしょう。やや無理矢理感はありますが、もしそうなのであれば、技術的には面白いですね。

さらに、Snapdragon 865の上位モデルとなる『Snapdragon 865 Plus』の搭載も示唆。ただし、Qualcommが公式に、Snapdragon 865 Plusのリリースを否定している事や、Geekbenchでリークされた『Lenovo Legion』のスコアが、他メーカーのSnapdragon 865搭載モデルと近い数値である事から、Snapdragon 865 Plusの搭載は、現実的では無さそうです。

Lenovoが公式に、本体全体を冷却する、優れた冷却機能をアピールする画像を投稿している事から、他のスマートフォンより放熱、冷却に優れ、高いパフォーマンスを保ち続けるといった意味をもたせているのかもしれません。

90Wの充電機能と同時に注目されているのが、横面から伸びたポップアップ式のフロントカメラ。今のところ、ポップアップカメラをサイドに設置したスマートフォンは存在しません。しかし、ゲーム実況を利用目的にすると、これは間違いなくベストなポジション。カメラの幅が広いので、何か特別な機能が盛り込まれているのかもしれません。

マーケティングや広告のデザインがモロに中国式なので、それでやや引いてしまっている人も多いであろうLenovoのスマートフォン。スペック的にはかなり面白いものになりそうなので、今後もリーク情報から目が離せません!

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.