Xiaomiが120Wの充電器を開発中!?充電は時間がかかる→歯磨き中に終わるものへと進化するのか。

Pocket

スマートフォンはディスプレイの大型化に加え、高速ディスプレイの搭載や高速通信5Gへの対応により、消費電力の上昇は、Socによる電力効率アップや、AIによる制御では補えないレベルに。少し前までは、4,000mAh程度の電池を搭載するスマートフォンが、『スタミナスマホ』と呼ばれていたのに対し、現在では4,000mAhの搭載がベーシックに。さらに5,000mAhを超える端末まで増えてきました。

電池の容量が大きくなり、充電速度がそのままだと時間がかかるので、出力を高める必要があります。最初に急速充電と呼ばれたのは、最大10W。そこから18Wに進化し、現在ではOPPOが最大65W超急速充電技術を、同社の取り扱う端末に実装しています。充電=時間がかかるという概念は、もうすでに過去のものに。

今回WeiboでリークされたXiaomiの充電器は、なんと最大120W。もう超急速充電でも呼び方として物足りない速さの充電に対応。シルクプリントに書かれている詳細を見ると、充電器のモデル名は『MDY-12-ED』で、20V/6A、20V/5A、11V/6Aの出力をサポート。手に持っているサイズ感から、Appleの96W USB-C電源アダプタと同程度の大きさと推測されます。

Xiaomiは2019年3月の時点で、最大100W出力による充電技術を公表しています。しかし、最新フラッグシップモデルとなるXiaomi Mi 10 Proが採用している充電速度は最大『50W』。充電する技術は持っていても、それを実用化するにはまだ少し時間がかかるということでしょうか。

充電速度が速くなればなるほど、これまで通りの素材を使っていては、充電器がどんどん大型化する事に。充電速度がいくら速くなったとしても、充電器の機動力が失われては、持ち運べなくなるので本末点灯。

充電器の部分にだけにフォーカスして考えれば、やはり専門メーカーのAnkerが取り扱っている、GaN素材の充電器は秀逸。電気抵抗の少ない素材を使用する事で、発熱を抑え、充電器のサイズを極限まで小型軽量化することに成功。

私が購入したAnker PowerPort Atom III 45W Slimも、高出力ながら驚くほど薄く、そして小さいです。これならスマートフォンやノートパソコンと一緒に持ち運んでも苦にはなりませんね。

あまりメーカー同士の数字争いが激化してしまうと、ユーザー目線が置き去りになるので注意が必要。個人的には最大30W程度で十分なんですけどね。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Xiaomi Mi 11中国モデルのブートローダーをアンロックする方法。待機168時間!グローバルROMの登場に備えよう

AppleがリリースしているiPhone以外は、その殆どが海外で先行発売されています。Xiaomiのスマートフォンに関しても、最初に中国モデルがリリースされ、その後グローバルモデルが投入されるというの ...

SONY Xperia Compactの最新画像がリーク!縦長比率廃止で小型化か。出しても中途半端になりそうな予感!

SONYが過去にリリースしていたXperiaの『Compact』モデル。2017年に発売された『Xperia XZ2 Compact』を最後に発売が途絶えていました。今回@OnleaksことSteve ...

Huaweiと最後の協業?Honor V40 5Gが登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、スコア、画像

記事に書かれている内容1 Honor V40 5Gに関する情報まとめ1.1 Honor V40 5Gの発売日に関する情報1.2 Honor V40 5Gの価格に関する情報1.3 Honor V40 5 ...

Apple Watch 4、5,6がOSアップデートで心電図アプリに対応!日本独自規制による何重苦をクリアか

Apple Watch 4から搭載された『心電図機能』。iOS 14.4とwatchOS 7.3へのアップデートにより、ようやく日本でも利用可能になる事をAppleが公式にアナウンスしました。 海外の ...

デュアルメインカメラ搭載!Vivo X60 Pro +登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、バンド、画像

記事に書かれている内容1 Vivo X60 Pro +に関する情報まとめ1.1 Vivo X60 Pro +の発売日に関する情報1.2 Vivo X60 Pro +の価格に関する情報1.3 Vivo ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.