『Rakuten Mini』×『Rakuten UN-LIMIT』はなぜ1位をとれたのか。1円キャンペーンがついに終わる

Pocket
Facebook にシェア

5月27日に開始されたRakuten Mini』を『1円』で購入出来るキャンペーン。ついに6月17日8:59で最後を迎えます。なぜ朝方に終了するのかは分かりませんが、申し込みをする手間を考えると、今日の夜最後のチャンス!

キャンペーンが開始され、Rakuten Mini』が信じられないほど売れまくった事は、BCNの『スマートフォン週刊売れ筋ランキング』が証明してくれています。まず、5月25日~5月31日までの週で、84位から3位までランキングを上げています。ここまで急激にランクアップしたスマートフォンは、後にも先にも無いかもしれません。

そして6月1日~6月7日の週には、ついに新型iPhone SEを抜き第1位に。84位から83位ランクアップしたことに。この結果が、『1円』キャンペーンに対する反響の大きさを物語っています。

しかし、SIMの契約と端末の同時購入による『1円キャンペーン』は、他の通信業者も行っています。今回、Rakuten Mini』がここまで爆発的な売れ方をしたのは、Rakuten Mini』だけでなく、同時契約となる『Rakuten UN-LIMIT』にも大きな魅力があったから。Rakuten Mini』×『Rakuten UN-LIMIT』は、なぜ1位をとる事が出来たのか。『Rakuten UN-LIMITのサービス内容も含め、検証していきたいと思います。

『Rakuten Mini』×『Rakuten UN-LIMIT』が1位をとれた理由その1 6月17日(水)8:59までRakuten Miniが『1円』で買える

やはり、おサイフケータイ対応のスマートフォンが、『1円』というのは販促効果が非常に大きいです。そして、Rakuten Mini』は79gの超軽量極小Androidスマートフォン。一般的なスマートフォンとは、少しジャンルが違います。小さいながらも、おサイフケータイの他に『GPS』を搭載するので、小型ナビとしての利用も可能。さらにドラクエウォークポケットモンスターといった、位置情報を必要とするゲームを、どこでも好きな場所に持ち歩き、いつでも遊ぶ事が出来ます。利便性の高さに加え、今まで持った事の無い未知のサイズへのワクワク感が、Rakuten Mini』の購入動機となった可能性は大いに考えられますね。

※楽天モバイルID入力による、紹介キャンペーンとの併用は不可

『Rakuten Mini』×『Rakuten UN-LIMIT』が1位をとれた理由その2『楽天回線エリアでは4Kオンライン動画も快適に見れる』

徐々に広がっている楽天回線エリアでは、高速データ通信が使い放題。全国をカバーするパートナーエリア(au回線)では、5GBまで高速通信可能。5GBを使い切っても、最大1Mbpsという実用的な通信速度で、通信速度し放題は継続します。楽天回線エリアではどれくらいの速度が出るか計測してみました。計測した時間は土曜日の夕方17時頃。それなりに混み合っている時間帯です。結果は下りで『47.3Mbps』上りで『33.1Mbps』とかなり高速。

4K解像度のオンライン動画をスムーズに見る為には、『24Mbps』程度の速度が必要になります。『Rakuten UN-LIMIT』の速度は24Mbpsを遥かに超えているので、4Kの視聴にも適していると言えます。Rakuten Mini』で4K動画を見る事は勿論出来ませんが、Wi-Fiルーターとしての利用は可能。通信し放題サービスに、Wi-Fiルーターにもなる小型スマートフォンのセット。それがRakuten Mini』×『Rakuten UN-LIMIT』です。

『Rakuten Mini』×『Rakuten UN-LIMIT』が1位をとれた理由その3『Rakuten Linkアプリを使えば通話し放題』

国内は、Rakuten Linkのアプリを使えば通話し放題。iOSには現時点で非対応なので、この『通話し放題』はAndroidの特権です。楽天モバイルが直接販売しているRakuten Mini』は、当然通話し放題が可能です。他社では『5分かけ放題』や『10分かけ放題』が一般的なのに対し、『Rakuten UN-LIMIT』は時間無制限のかけ放題。『気づいたらかけ放題の制限時間を過ぎていて、とんでもない通話料が発生してしまった』という失敗もありません。

『Rakuten Mini』×『Rakuten UN-LIMIT』が1位をとれた理由その4 2,980円の利用料金が先着300万名は1年間無料。解約金もゼロ

これでもかといった『放題』サービスを盛り込み、『Rakuten UN-LIMIT』の利用料は月々定額で2,980円。安いです。そして、先着300万名に限り、この2,980円1年間無料に。さらに、『Rakuten UN-LIMIT』の申し込みにかかる事務手数料は、全額楽天ポイントで還元契約期間も定められておらず、解約金もゼロ。つまり、『Rakuten UN-LIMIT』への申込みリスクはほぼ『ゼロ』です。ここまでの還元サービスを行っている通信業者は、他に探して見当たりません。

 

『Rakuten Mini』×『Rakuten UN-LIMIT』が1位をとれた理由その5 実質1円で6万円相当の還元が受けられる

Rakuten UN-LIMIT』は、オンラインから申し込みを行う事で、楽天ポイントが3,000ポイントプレゼントされます。これは事務手数料用の全額還元とは別に、です。Rakuten Miniの本体料金や、『Rakuten UN-LIMIT』の利用料金1年分も含めた、今回のキャンペーンで得られる還元の合計がコチラ。

合計:60,760円相当

総合的にまとめると、『Rakuten Mini』×『Rakuten UN-LIMIT』×楽天モバイルという、三位一体による『1位獲得』という事が言えそうです。しかしその最高のキャンペーンもついに終了!最後のチャンスです!お見逃しの無いように!

Rakuten Miniと相性抜群なRedmi Note 9S

Xiaomi Redmi Note 9Sの連続駆動時間がヤバイ!スタミナスマホを超えたスーパースタミナスマホだった!

続きを見る

Rakuten Miniはこんなスマートフォン(実機レビュー)

まずはUI。通常のレイアウトであれば、間違いなく見づらいですし、操作もしにくいかもしれません。しかしRakuten Mini のUIは、オリジナルデザイン。分かりやすく言えば、Apple Watchライクな感じ。円形のアイコンがバランスよく配置され、横ではなく、縦スクロールで表示が切り替わります。Apple Watchよりは画面が遥かに大きいので、使いづらさは感じません。

そしてもう一つの不安要素は、『スペックがポンコツそう』ということ。フラッグシップモデルと比べたら、確かに比較になりません。スーパーカーと軽自動車の様なものです。しかしそこで比較するのはナンセンス。軽自動車には軽自動車なりの、メリットがありますからね。

まず一番のメリットは『おサイフケータイ』。大きい財布小さい財布同じ金額を持ち歩けるとしたら、どちらが良いでしょうか?殆どの人が『小さい財布』と答えるでしょう。しかもその『小さい財布』は、沢山のカードを収納する事も出来る。まるでドラえもんのポケットの様な、魔法の財布です。

最近リリースされたばかりのこの『赤いSuica』。Rakuten PaySuicaに対応したことで、Rakuten Payのアプリ上から、Suicaの発行が可能になりました。Rakuten PayからSuicaにチャージすると、楽天ポイントが付与されます。現在、Suicaにチャージ出来るのは『楽天カード(クレジットカード)』限定ですが、今後『楽天ポイント』からのチャージにも対応するようです。これぞRakuten Mini を使う醍醐味ですね。

Rakuten Mini の機能は『おサイフケータイ』だけではありません。地味にめちゃくちゃ便利なのがコレ。そう、Google Mapsです。サイズが小さく、79gと軽量ので、自転車にとりつけても機動力が損なわれる事なありません。ポケットにRakuten Mini を入れておけば、いつでもナビアプリが使えるってかなり心強いです。いざって時にスマホを忘れて、目的地に辿り着けなかった事ありますからね・・・。

これは、Rakuten Mini ユーザーになったら絶対やって欲しい、オンラインポータブルオーディオとしての使い方。Rakuten UN-LIMIT は低速でも『最大1Mbps』で通信が可能です。パートナーエリアでは低速設定にして、音楽を聞きまくるというのが玄人チック。イヤフォンジャックは非搭載なので、Bluetoothイヤフォンを用意しましょう。この見た目なので、バッチリくるのはTWSですかね。Rakuten Mini は79gしか無いので、はTWSのケースと一緒に持ち歩いたとしても、普通のスマートフォン1台分より遥かに軽いです。

そして、忘れてはならないのがこれ。Rakuten Mini はスマートフォンです。当たり前ですが、電話回線を使って通話が可能。楽天回線にも対応しているので、Rakuten Linkで『かけ放題』が実現します。Rakuten UN-LIMIT は色々と相性があるようなので、『楽天回線対応端末』を購入するのが安牌。Rakuten Miniであれば通話もバッチリOKです。

Rakuten UN-LIMIT のサービスをフル活用するなら『テザリング』。極小の筐体ながら、バッチリルーターとしても機能するんです。Rakuten UN-LIMIT なので勿論『通信し放題』。ルーターメインでRakuten Mini を使うとして、電池の持ちが心配な場合は、モバイルバッテリーを用意すればOK。薄型のカードタイプを1つ持ち歩くだけで、通信可能時間は大幅にアップします。

この機能がRakuten Mini についているのは、正直意外でした。楽なので、『ロック解除はコレ以外考えられない』という人も多いでしょう。それが『顔認証』です。解除する速度が物凄く速いとは言えないですが、暗めな場所でもしっかりと動作します。毎回画面にパスコードを入力するのは、今となってはあり得ないですからね。

連絡手段として必須のツール『LINE』にも対応。Rakuten Linkよりこっちで通話する人の方が、断然多いんでしょうね。キータッチは画面が小さいので少しやりづらいですが、画面を横にして使う事で、ある程度は解消されます。

他にも『株価チェック』『電卓』『ボイスレコーダー』『カメラ』など、あったら便利な機能が盛りだくさん。Googleプレイに対応しているので、自分の用途に合わせて機能を拡張する事も可能です。『このサイズで出来る』というのが、Rakuten Mini にとって一番の魅力。たったの79gで、電車の移動も、買い物も、ナビも、音楽鑑賞も、友達との連絡も、インターネットも全部OK!これ、一度慣れちゃうと他のスマホを持ち歩けなくなりますよ。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.