ROG Phone 3のAntutuスコアが公開!Snapdragon 865をオーバークロックさせて64万!世界記録!

Pocket
Facebook にシェア

ゲームに特化した『ゲーミングスマートフォン』というカテゴリー。様々なメーカーが最高技術を結集させて開発を進めていますが、その中でも頭一つ抜け出ているのがASUSの『ROG Phone』シリーズ。

ASUSは元々、ゲーミングPCを制作しているメーカー。そういった意味では、ゲーミングスマートフォンはまさに得意分野と言えます。そして、次期モデルとなるのが、7月のリリースが濃厚な『ROG Phone 3』です。

中国の認証機関である『TENAA』では、すでにROG Phone 3の画像が確認されています。あまり詳細な部分は分かりませんが、前モデルとなるROG Phone 2から、デザイン面で大きな変更は無さそうです。

また、『Abhishek Yadav 』がリークしたROG Phone 3の仕様によると、ディスプレイサイズは6.59インチで、ROG Phone 2からサイズは変わらず。5,800mAhのバッテリーサイズも、6,000mAhからほぼ変わらずです。重いという意見がちらほら出ていたので、その部分を反映させたのかもしれません。

そして圧巻なのは、Antutu.comにより公開された『ROG Phone 3』のベンチマークです。スコアは圧巻の『646310』。現時点でAntutuの最高スコアはFind X2 Proの『604123』なので、そこから4万ポイント以上高いスコアを出している事になります。

また、画像からはROG Phone 3がオーバークロックしたSnapdragon 865を搭載している事も明らかに。big側のプライムコアは、通常2.84GHzなのに対し、ROG Phone 33.09GHz。パフォーマンスコアは変わらず2.42GHzです。さらに、UXスコアの高さから、144Hzのリフレッシュレートに対応している事が予想されています。NubiaRed Magic 5Gが、144Hzの有機ELディスプレイをすでに採用しているので、ここは負けられないところでしょう。

Antutuのスコアが公開された事で、益々注目が集まる『ROG Phone 3』。世界中のスマートフォンを超える、最高のパフォーマンスモデルが間もなく登場します。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.