Rakuten UN-LIMITのRakuten Linkで電話すると非通知になる!超簡単な解決方法はコレだ!ワンタップ

Pocket
Facebook にシェア

楽天モバイルが提供している『Rakuten UN-LIMIT。基本的なサービス内容は以下の通りです。

  • 楽天回線エリアでは高速通信使い放題
  • パートナー回線エリア(au回線)では5GBまで高速通信可能
  • 5GBを使い切っても最大1Mbpsの速度で通信し放題
  • Rakuten Linkのアプリを使えば国内通話し放題

つまり、『Rakuten UN-LIMITで全てを完結してくれるのです。しかし、開始されたばかりのサービスなので、やや使いづらい部分も。通話に関しては、Rakuten LinkのアプリはAndroidのみに対応。つまり、iOSiPhoneでは、通話料が発生する事になります。

また、Rakuten Linkのアプリ自体がやや特徴的で、先ほど電話をかけようとしたら、『番号通知がされていないのでかけられない』という状態に。試しにサブ機に電話をかけてみると、『非通知』になっています。

つい最近まで普通に電話が出来ていたのに、何故だ。Rakuten Linkのアップデートを行ったばかりなので、その事が影響しているのかとも思いました。しかし、実際は違っていました。全ての端末で同じ状況になるのかは分かりませんが、私が利用しているXiaomiMi Note 10では、Wi-Fiにつないだ状態でRakuten Linkのアプリを使うと、非通知で発信されてしまうということを思い出しました。確認すると、やはりWi-FiがONに。

Wi-FiをOFFにしてかけなおしたら、番号通知アリの状態で、いつも通りかける事が出来ました。電話をかける事など殆ど無いので、忘れてしまうんですよね。しかしこの辺り、実用的な部分なので、アップデートで早急に改善していただきたいものですね。

『Rakuten UN-LIMIT 』サービス詳細。申し込むだけで6万円程度得出来る、先着300万人限定の最強プラン

Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに、日本全国をカバーしているパートナーエリア(au回線)では、5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。iOSで使う場合には、G-Callなどのサービスと組み合わせて、工夫してみましょう。

また、オンラインから契約を行えば、申込み時に発生する事務手数料3,300円は、楽天ポイントで『全額ポイント還元』。さらに事務手数料の還元とは別に『3,000ポイントプレゼント』されるという、驚きのプレゼントキャンペーンも併せて実施中。申し込みをするだけで、実質3,000ポイントもらえるという、良い意味であり得ない状況です。

特典はまだ終わりません。下記の『楽天モバイルID』をコピーして契約時に入力すると、追加で『2,000ポイント』もらえます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

この楽天モバイルIDは、『Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると付与されるもの。付与された楽天モバイルIDを使って誰かを紹介すれば、最大15,000ポイント(5名分)のお小遣い稼ぎも可能となります。

ではMAXで、『Rakuten UN-LIMIT 』を申し込む事でどれくらいの還元を受ける事が出来るのか、計算してみましょう。

合計:59,060円相当

驚いた事に、6万円程度得が出来る事になります。ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。

満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません!

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.