【拡散希望】Amazonが行うブロガーやYouTuberに対する反逆行為が明らかに!報酬をわざと減らす卑劣な手法とは!

Pocket

Amazonのアフィリエイトプログラムを利用しているブロガー、YouTuberの方は沢山いると思います。毎日睡眠時間を削り、一生懸命製品の良いところを探し、記事の執筆を行っている事でしょう。Amazonに書かれているレビューは中国人が書いていたり、信頼性は日に日に低下しています。つい先日は充電器メーカーのAnkerに対し不当なレビュー操作が行われ、Anker自らが声明を出す事態にまで発展しました。

Anker、Amazonで第三者がカスタマーレビューを不当に操作と報告 | 財経新聞

Amazon.co.jpのカスタマーレビューについては、金銭や商品を受け取ってレビューを執筆するやらせレビューの存在が以前から問題となっていたが、PC/スマートフォン関連製品などを手がけるアンカーが、こういったレビューに対する 「報告」を行なっている( PC Watch )。  同社によると、今年3月末の2日間で、同社の特定製品に対し多数の低評価レビューが投稿されたという。同社は「厳正に対処」を行なったが、4月上旬にも同様の行為が行われたという。   スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | インターネット  関連ストーリー: Amazonの偽レビュー、ライバルをけなすやらせレビューも存在 2020年02月12日 ドローンを買ったら泥が届いたという事案がTwitterで報告される 2019年12月25日 Amazon.co.jpで購入したものが不良品だったとのレビューを書いたところ、「2倍の金額を返金するからレビューを消して」との依頼が来たという話 2019年12月04日 Amazonマーケットプレイスでの不正行為、他社への嫌がらせ行為もあるとの話が出る 2019年07月23日

こういった事例からも、ブロガーやYouTuberによるレビューの方が遥かに的確であり、信頼性も高い事が分かります。しかしAmazonは、そのパートナーたちに対しとんでもない反逆行為を行っている事が、残念ながら明らかになってしまいました。

私は5月31日にAmazonのタブレットFire HD 8 Plusを予約注文しています。ページの表記では、6月の前半に届くとのことでした。しかし、実際に販売が開始されてみると、到着日は6月29日~7月1日に。

書いてある情報と違うじゃないか!と腹がたったのですが、在庫が無いものは仕方がないと、その時は諦めました。

しかし本日(6月18日)、Fire HD 8 Plusのページを見ると、在庫がアリになっています。

私の注文履歴を見ると、到着予定日は変わらぬまま。これはおかしいと思い、サポートに問い合わせをしてみました。するとサポートから返ってきた返事の内容は、まさかのものでした。

『商品を注文する際に商品は6月29日から7月1日の間に届く予定であることを注文確定のメールには記載されております。
当サイトでは当初決まったお届け予定日を元に商品の発送を手配しております。
お急ぎのところ申し訳ございませんが、商品が届くまで今しばらくお待ちください。
早めに引き取りたいであれば、ご注文をキャンセルしてから再注文するようお願いします。再注文の際に注文確定の画面にてお届け予定日が表示されます。』

キャンセルして再注文した方が早く届く』というものです。キャンセルが発生した場合、当然ブロガーやYouTuberへの報酬は『ゼロ』になります。Amazonはそれを見越して、今回の様なあり得ない対応をとっているのです。ちなみに、最近Amazonのカスタマーサポートを担当しているのはほぼ『中国人』。間違った内容も平気で答えるので、全てを鵜呑みにしないようにご注意ください。

ただですら、アフィリエイトのパーセンテージが低く、成果に結びつきづらいAmazon。ここまでするかと呆れてしまいました。これは完全に、Amazonで販売している商品の良さを、一生懸命伝えようとしている人たちに対する明らかな冒涜。今後取引を続けるか、しっかり考えた方が良さそうですね。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

グーグルがフィットビットを買収。Pixelが売れてないのにウェアラブルは売れるのか?ユーザー離れの危険性も

Googleは2017年に台湾のHTCが持つスマートフォン開発部門の一部を11億ドルで買収。それまで同社が弱いとされていたハードウェア開発の強化を行いました。しかし世界におけるスマートフォンの市場シェ ...

シャオミがアメリカのブラックリストに追加!?状況が悪化すればグーグルとQualcommにも大ダメージ!

アメリカ政府がスマートフォンメーカーへの制裁を拡大。ついにブラックリストに『Xoami』の名前が追加されました。ロイターによれば、アメリカの投資家は2021年11月11日までに『Xoami』の株価を売 ...

Samsung Galaxy S21 5G、Galaxy S21+ 5G、Galaxy S21 Ultra 5Gを比較!

Samsungが最新フラッグシップモデルとなる『Galaxy S21 5G』『Galaxy S21+ 5G』『Galaxy S21 Ultra 5G』の3モデルをリリースしました。価格が799ドル~と ...

AnkerがANC対応TWS、Soundcore Liberty Air 2 Proをリリース!本気度MAXな仕上がりに

バッテリーメーカーとしても有名なAnkerが、TWSの最新モデル『Soundcore Liberty Air 2 Pro』をリリースしました。 Soundcore Liberty Air 2 Proは ...

Xiaomi Redmi K40シリーズはDimensity搭載モデルも登場するぞ!1月20日の最新Soc発表に注目

Snapdragon 888を搭載し、2月中にリリースされる事が公式にアナウンスされているXiaomiのサブブランドRedmiの最新シリーズ『K40』。同社のゼネラルマネージャーLu Weibingは ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.