Xiaomi Redmi Note 9Sで憂鬱な梅雨を乗り切ろう!束の間の晴天に、高解像度マクロで撮るキラキラな世界!

Pocket
Facebook にシェア

Redmi Note 9S』に搭載されている『マクロカメラ』。上位モデルのMi Note 10に搭載されているマクロカメラが『200万画素』なのに対し、Redmi Note 9Sに搭載されているマクロカメラは『500万画素』。解像度が2倍以上に引き上げられています。高解像度化したマクロカメラは、憂鬱な梅雨の合間に見せる束の間の晴れ空の楽しみ方を、新たに提案してくれます。

マクロカメラの難点は、とにかくブレに弱い事。被写体に近づけば近づくほど、少し動いたり風が吹いただけで、何が写っているのか分からないレベルの写真に。光の少ない場所ほど手ブレは発生しやすくなるので、出来るだけ光量がしっかり確保された場所で、撮影する事を心がけましょう。

水滴以外にも、小さな花や昆虫であったり、図鑑に出てきそうな写真を簡単に撮影出来るのが、マクロカメラの魅力。極端な話、近寄って撮るだけなので、手ブレにさえ注意すれば、風景や人物写真よりも簡単です。SNS映えも間違いなく、マクロの魅力にとりつかれている人は多いでしょう。

そして勿論、『Redmi Note 9S』のカメラで撮影出来るのは、マクロだけではありません。『Redmi Note 9S』のカメラには、フラッグシップモデル譲りの優れたAIアルゴリズムが組み込まれています。シャッターを押すだけで驚く程美しい写真が撮れるのは、アルゴリズムの解析力が長けているから。同じカメラセンサー、レンズを使っても、Xiaomiのスマートフォンで撮影した画像と同じにはなりません。2万円台の域を完全に超えてしまっている、『Redmi Note 9S』の持つカメラ画質。是非一度お試しください。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.