Samsung Galaxy A7開封レビュー!有機ELディスプレイで実質2千円はありえない!見た目も高級感ありすぎ!

Pocket
Facebook にシェア

久しぶりに1万円台のスマートフォンを購入してみました。SamsungGalaxy A7です。興味を持ったのは、1万円台ながら有機ELディスプレイを採用している事。Samsungは世界一の有機ELディスプレイメーカーなので、品質は間違いなし。自社製品だからこそ、1万円台という奇跡的な価格で、液晶と比較してコストの高い、有機ELディスプレイ搭載モデルを発売出来るのです。

フラッグシップモデルとは違うワクワクに、胸が膨らむGalaxy A7。まずは、開封レビューから参りたいと思います!

Samsung Galaxy A7開封レビュー

Galaxy A7のパッケージは安っぽさなし。印刷のクオリティもバッチリ

パッケージは、1万円台の安っぽさは一切感じさせない、しっかりとした作り。この価格帯のスマートフォンなら、ロゴにアウトラインだけのデザインでも、全然ありだと思ってしまいますが、4色カラー印刷に箔押しまで。ちゃんとお金をかけて作ってます。流石、Android世界一のSamsungが作るGalaxyですね。大量生産すれば、しっかりと利益は出るのでしょう。

Galaxy A7のパッケージの中身

パッケージの中身はこの様になっています。充電ケーブル、充電器、本体、Micro USB→USB-A変換アダプタ、SIMピン、紙類。

Galaxy A7の充電器は急速充電対応

付属の充電器は、ベーシックなホワイトカラー。エンボスがかった素材で、指紋が目立たなくなっています。写真だと分かりづらいのですが、背面には『Galaxy』のロゴが刻印されていて、付属品にもブランド感がしっかりと。出力は最大10Wで、急速充電に対応しています。Galaxy A7の電池容量は3,400mAhなので、十分なスピードと言えるでしょう。

Galaxy A7の充電ケーブルはMicro USBコネクタ採用

充電コネクタはUSB Type-Cではなく、Micro USBを採用しています。ケーブル自体はかなりカッチリと作られていて、品質の良さを感じます。充電器と同じで、色はホワイト。

Galaxy A7のMicro USB→USB-A変換コネクタは個人的に使う用途なし

Micro USBとUSB-Aの変換コネクタは、正直何に使うのかよく分かりませんでした。データの転送でしょうか?私自身は使う事が恐らくないと思います。

Galaxy A7は見た目で買うのもアリなレベル。高級感溢れるラグジュアリーな質感

そしていよいよGalaxy A7の本体です。有機ELディスプレイ目的での購入ですが、高級感溢れるラグジュアリーなデザインは、完全にお値段以上。これは見た目買いするのも全然アリなのではないでしょうか。薄い透明なケースに合わせたいですね。

Galaxy A7はトリプルカメラ搭載。メインカメラはf1.7の明るいレンズ採用

カメラは、縦並びにレンズを配置したトリプル仕様。最下部にはフラッシュを備えます。メインカメラがPDAF搭載の2400万画素で、さらに800万画素の超広角カメラ、500万画素の深度測定用カメラといった構成です。メインカメラはf1.7と明るめのレンズを採用しているので、手ブレが少なく、美しいボケ味を提供してくれる筈。試写が楽しみです!

Galaxy A7の指紋認証センサーは電源ボタンと一体型

背面の美しいデザインは、指紋認証センサーを、サイドの電源ボタンと一体化させた事によって成り立っています。指紋認証の精度はバッチリで、ディスプレイのONと同時にロックが解除されます。Galaxy A7はフェイスアンロックも搭載していますが、最近はマスクを着用する機会が増えているので、指紋認証とダブルで使うのが良いでしょう。

Galaxy A7のカードスロットはSIM1枚とMicro SDカードに対応

カードスロットは、SIM1枚、Micro SDカード1枚に対応します。本来トリプルカードスロットだったのでしょうが、SIMカードスロットが一枚分樹脂で埋められてしまっていますね(穴を元に戻すとどうなるのか試してみたい気も・・・)。これは少々残念な仕様。Micro SDカード部分は、SIMカードと排他的な扱いではありませんのでご注意ください。

※SIMカードが2枚使えると書いておりましたが、Twitterでご指摘いただき、訂正いたします。ご意見ありがとうございました!

Galaxy A7のSamsung製有機ELディスプレイは間違いなしのクオリティ。FHD+の高解像度表示に対応

そして、これが目的で買いました。Samsung製の有機ELディスプレイです!期待はしていましたが、思っていた以上のクオリティ。通常1万円台のスマートフォンであれば、解像度はHD+が一般的なのですが、Galaxy A7有機ELなだけでなく、解像度は高解像度なFHD+(2220×1080px)。細かい部分まで、しっかりと高精細に表示してくれます。

Galaxy A7はナイトモード表示で消費電力を削減できる

ちなみに、有機ELディスプレイの場合、ダークモード(Galaxy A7ではナイトモードとなっています)を利用した時に大幅な省エネ効果が得られます。『設定』メニューから『ナイトモード』と検索し、ONにする事でブラックメインのナイトモードが適用されます。

軽く操作してみたところ、動作も中々軽快!というか私、よく考えたら初Galaxyでした。流石の完成度ですね。Androidで天下をとるのが分かったような気がします。

Galaxy A7は『Rakuten UN-LIMIT』加入後に購入で15,000ポイント還元

Galaxy A7は、楽天モバイルにて、17,000円(税込:18,700円)で販売中。現在、同社の『Rakuten UN-LIMIT』の申し込み後にGalaxy A7を購入すると、楽天ポイントが15,000ポイント還元される、超限定キャンペーンが開催されています。Rakuten Miniのキャンペーンが終了したので、Galaxy A7に注文が殺到中。品切れにはくれぐれもご注意ください!

Rakuten UN-LIMIT』は、申込みにかかる事務手数料の3,300円は全額楽天ポイントで還元契約期間なし違約金なしなので、誰でも気軽に加入する事が出来ます。詳細については下記をご覧ください。Galaxy A7を購入せずに、『Rakuten UN-LIMIT』にだけ申し込むのも全然ありです。尋常じゃなくお得ですからね。

『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間利用料無料。その他ポイント還元も充実!

Rakuten UN-LIMIT』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、オンラインで契約すれば『3,000ポイントプレゼント』、お申込み時に発生する事務手数料は全額ポイント還元』という限定キャンペーンをWで実施中。申し込みをするだけで実質3,000ポイントもらえるということです。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.