Rakuten UN-LIMIT+Samsung=有機ELディスプレイ搭載Galaxy A7が実質2千円という超ミラクル

Pocket

DSCCの調査レポートによると、2020年第1四半期、スマートフォン有機ELディスプレイマーケットにおいて、市場シェア86%という9割近いシェアを持つのがSamsungです。つまり、iPhoneをはじめ、スマートフォンに使われている有機ELディスプレイはほぼSamsung製ということ。よほど品質が高くなければ、これほど高いマーケットシェアを獲得する事は出来ません。

液晶がバックライトで画面全体を照らすのに対し、有機ELはピクセルを一つ一つ点灯させて表示を行っています。液晶は黒を表示する時も、後ろでバックライトが点灯しているので、純粋な黒にはなりません。そうする為には、電源をOFFにする必要があるのです。

一方、有機ELの場合はピクセルを消灯させて黒を表現するので、黒の部分は電源をOFFにした時と同じ状態に。吸い込まれるような漆黒の黒となり、消費電力もかかりません。黒の表現力だけとっても、有機ELを選ぶメリットは十分にあるのです。

有機ELを採用するスマートフォンが増えた事により、その利点を存分に活かした表示方法の開発が一気に進められました。それが『ダークモード(メーカーによって様々な呼び方あり)』です。ダークモードは白と黒を反転させる事で、消費電力を大幅に削減。よく使われているアプリの一つとして、Google Mapsを例に挙げると、ダークモード(夜間モード)を使用する事で、消費電力は約63%もカットされます。GPS利用時は消費電力が高まるので、ダークモード(夜間モード)との相性は抜群と言えます。

また、有機ELは黒の表現が深い事から、高いコントラスト比に対応。有有機EL液晶を見比べた時に、有機ELの方がメリハリがあり、美しく見えるのはこの為です。

調べれば調べる程、欲しくなってしまう有機ELディスプレイ搭載モデル。最大の難点は、コストが高い事。どれくらい高いかは、市販されているテレビの価格を比べてみるのが一番分かりやすいでしょう。安値で販売されているテレビは、どれも液晶。有機ELに絞って検索をかけると、その価格差に驚きます。

スマートフォンも同じで、有機ELディスプレイ搭載モデルは、液晶搭載モデルと比較して高いです。例を出すと、iPhoneの上位モデルは『有機EL』、下位モデルには『液晶』が使用されています。では、安く有機ELディスプレイ搭載モデルを購入する方法はないのでしょうか。

一番良い方法は、Samsungが自社で開発している『Galaxy』シリーズを購入する事。自社製品になるので、コストパフォーマンスが圧倒的に高いです。しかし、Galaxyの中でも、低価格モデルは『液晶』を採用しているので注意が必要。そこでオススメな低価格かつ、有機EL採用モデルが『Galaxy A7』です。

Galaxy A7の販売価格は、楽天モバイルでたったの1万7千円液晶搭載モデルです。さらに、『Rakuten UN-LIMIT』に申し込んだ後で購入すると、さらに1万5千ポイントの楽天ポイント還元を受ける事が出来ます。つまり実質2千円で購入出来るのがこの有機ELディスプレイ搭載モデルGalaxy A7

Samsungの6.0インチ『Super AMOLEDディスプレイ』を搭載しつつ1万円台というのは、キャンペーン無しでも購入をオススメしたい、圧倒的なハイコスパ。『Rakuten UN-LIMIT』は、申込みにかかる事務手数料の3,300円は全額楽天ポイントで還元契約期間なし違約金なしなので、誰でも気軽に加入する事が出来ます。詳細については、記事の後半に詳しく書いているのでご覧ください。

Samsung Galaxy A7カメラ実写レビュー

Galaxy A7のカメラは、淡い色からハッキリとしたビビッドカラーまで、紫陽花の豊かなカラーバリエーションを、見事に描写してくれました。ややピントが合わせづらいと感じる時もありましたが、しっかり合わせると、そのカメラ画質は実質2,000円だということを忘れさせてくれるレベル。写真はSamsung製の色鮮やかなSuper AMOLEDディスプレイで確認出来るので、撮った後も楽しみは続きます。

レトロな被写体はビンテージ感たっぷりに。画像からは懐かしい雰囲気が伝わってきます。遠くに向かって綺麗にボケる感じも好印象。

Galaxy A7は望遠カメラやズーム機能は搭載していないので、自分で被写体に近寄って撮る必要があります。しかし、実質2,000円のスマートフォンでこれだけの写真が撮れるというのは、ただただ驚き。写真を撮るのが好きで、カッチリとした被写体が多目の人は『Redmi Note 9S』や『Mi Note 10 Lite』。ふんわりとしたナチュラルテイストの写真が多く、SNSなどへの投稿がメインの人は、Galaxy A7をオススメします。実質2,000円Galaxy A7を購入する方法は、記事の後半で詳しく紹介しています。

Samsung Galaxy A7開封レビュー

Galaxy A7のパッケージは安っぽさなし。印刷のクオリティもバッチリ

パッケージは、1万円台の安っぽさは一切感じさせない、しっかりとした作り。この価格帯のスマートフォンなら、ロゴにアウトラインだけのデザインでも、全然ありだと思ってしまいますが、4色カラー印刷に箔押しまで。ちゃんとお金をかけて作ってます。流石、Android世界一のSamsungが作るGalaxyですね。大量生産すれば、しっかりと利益は出るのでしょう。

Galaxy A7のパッケージの中身

パッケージの中身はこの様になっています。充電ケーブル、充電器、本体、Micro USB→USB-A変換アダプタ、SIMピン、紙類。

Galaxy A7の充電器は急速充電対応

付属の充電器は、ベーシックなホワイトカラー。エンボスがかった素材で、指紋が目立たなくなっています。写真だと分かりづらいのですが、背面には『Galaxy』のロゴが刻印されていて、付属品にもブランド感がしっかりと。出力は最大10Wで、急速充電に対応しています。Galaxy A7の電池容量は3,400mAhなので、十分なスピードと言えるでしょう。

Galaxy A7の充電ケーブルはMicro USBコネクタ採用

充電コネクタはUSB Type-Cではなく、Micro USBを採用しています。ケーブル自体はかなりカッチリと作られていて、品質の良さを感じます。充電器と同じで、色はホワイト。

Galaxy A7のMicro USB→USB-A変換コネクタは個人的に使う用途なし

Micro USBとUSB-Aの変換コネクタは、正直何に使うのかよく分かりませんでした。データの転送でしょうか?私自身は使う事が恐らくないと思います。

Galaxy A7は見た目で買うのもアリなレベル。高級感溢れるラグジュアリーな質感

そしていよいよGalaxy A7の本体です。有機ELディスプレイ目的での購入ですが、高級感溢れるラグジュアリーなデザインは、完全にお値段以上。これは見た目買いするのも全然アリなのではないでしょうか。薄い透明なケースに合わせたいですね。

Galaxy A7はトリプルカメラ搭載。メインカメラはf1.7の明るいレンズ採用

カメラは、縦並びにレンズを配置したトリプル仕様。最下部にはフラッシュを備えます。メインカメラがPDAF搭載の2400万画素で、さらに800万画素の超広角カメラ、500万画素の深度測定用カメラといった構成です。メインカメラはf1.7と明るめのレンズを採用しているので、手ブレが少なく、美しいボケ味を提供してくれます。

Galaxy A7の指紋認証センサーは電源ボタンと一体型

背面の美しいデザインは、指紋認証センサーを、サイドの電源ボタンと一体化させた事によって成り立っています。指紋認証の精度はバッチリで、ディスプレイのONと同時にロックが解除されます。Galaxy A7はフェイスアンロックも搭載していますが、最近はマスクを着用する機会が増えているので、指紋認証とダブルで使うのが良いでしょう。

Galaxy A7のカードスロットはSIM1枚とMicro SDカードに対応

カードスロットは、SIM1枚、Micro SDカード1枚に対応します。本来トリプルカードスロットだったのでしょうが、SIMカードスロットが一枚分樹脂で埋められてしまっていますね(穴を元に戻すとどうなるのか試してみたい気も・・・)。これは少々残念な仕様。Micro SDカード部分は、SIMカードと排他的な扱いではありませんのでご注意ください。

※SIMカードが2枚使えると書いておりましたが、Twitterでご指摘いただき、訂正いたします。ご意見ありがとうございました!

Galaxy A7のSamsung製有機ELディスプレイは間違いなしのクオリティ。FHD+の高解像度表示に対応

そして、これが目的で買いました。Samsung製の有機ELディスプレイです!期待はしていましたが、思っていた以上のクオリティ。通常1万円台のスマートフォンであれば、解像度はHD+が一般的なのですが、Galaxy A7有機ELなだけでなく、解像度は高解像度なFHD+(2220×1080px)。細かい部分まで、しっかりと高精細に表示してくれます。

Galaxy A7はナイトモード表示で消費電力を削減できる

ちなみに、有機ELディスプレイの場合、ダークモード(Galaxy A7ではナイトモードとなっています)を利用した時に大幅な省エネ効果が得られます。『設定』メニューから『ナイトモード』と検索し、ONにする事でブラックメインのナイトモードが適用されます。

軽く操作してみたところ、動作も中々軽快!というか私、よく考えたら初Galaxyでした。流石の完成度ですね。Androidで天下をとるのが分かったような気がします。

『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間利用料無料。その他ポイント還元も充実!

Rakuten UN-LIMIT』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、オンラインで契約すれば『3,000ポイントプレゼント』、お申込み時に発生する事務手数料は全額ポイント還元』という限定キャンペーンをWで実施中。申し込みをするだけで実質3,000ポイントもらえるということです。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

コスパの高い格安SIMの選び方
一番お得な格安SIMは?OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBEモバイル、mineoを料金、サービス内容で比較

2021年に入り、続々と新料金プランを発表した格安SIM各社。元々の低価格がさらに安くなり、ますます選びやすくなりました。今回はOCNモバイルONE(限定セール中)、IIJmio、BIGLOBEモバイ ...

続きを見る

4月1日からOCNモバイルONEの利用料金が大幅値下げ!スマホも超大安売りスタート!
格安SIMのOCNモバイルONEがスマホ1円SALEと新料金プラン(音声SIM770円~)を4月1日から同時にスタート!

3月25日に利用料金の大幅値下げを発表した格安SIMのOCNモバイルONE(限定セール中)。なんと電話番号つきの音声対応SIMが月額700円(税込:770円)~という安さで利用出来るようになりました( ...

続きを見る

格安SIMのIIJmioで月額858円~のギガプランスタート!iPhone SE 2ndも対象のスマホ激安セール同時開催

記事に書かれている内容1 IIJmioの新料金ギガプランが4月1日スタート!2 ギガプランのスタート同時に5月31日までスマートフォンが大特価に!3 セール期間中は初期費用が1円!4 IIJmioの限 ...

続きを見る

5月のAmazonタイムセール祭りでお勧めな家電5選
5月23日~Amazonがタイムセール祭り開始!Anker、ブラウン、象印、シロカの家電、Kindleがプライスダウン

5月23日(日)午前9時からから5月25日(火)午後11時59分まで、Amazonが恒例のタイムセール祭りを開催します。タイムセールの対象商品にはAnker、ブラウン、象印、シロカ、そしてAmazon ...

moto g100は日本モデルとしてSnapdragon 870を初搭載!ゲームを超快適に遊べるスマートフォン!

Motorolaが新たに日本市場に投入した最新スマートフォンmoto g100。日本では初登場となるSnapdragon 870搭載モデルです。Snapdragon 870はSnapdragon 86 ...

Xiaomiのスマートフォンで楽天もバイルを0円運用する方法
シャオミのRedmi Note 9S、Note 10 Pro、9Tを楽天モバイルで0円運用する為の安心設定を分かり易く!

楽天モバイルは月の通信量が1GBまでは利用料金が無料。0円より安いプランなど当然存在しないので、もちろんこれは業界最安値です。しかも1GBデータ通信が無料で使えるだけでなく、Rakuten Linkの ...

格安SIMのmineoでRedmi Note 10 Proの取り扱い開始
mineoがRedmi Note 10 Proの販売開始!他の格安SIMと販売価格、利用料金、サービス内容を比較!

格安SIMのmineoが、各店舗で品切れ続出となっているRedmi Note 10 Proの取り扱いを開始しました。販売価格は一括で31,680円(税込)、24回の分割払いでは1,320円/月(税込) ...

Xiaomiの最新TWS FlipBuds Pro
シャオミがANCに対応するTWSの最上位モデルFlipBuds Proをリリース!40dbの強烈なノイズキャンセル効果!

イヤフォンジャック非搭載の端末が増え、年々需要が高まるBluetoothイヤフォン。今回XiaomiがリリースしたのはANC(アクティブノイズキャンセル)に対応するTWSの最新モデル『FlipBuds ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.