3人に1人がスマホの購入費用を2割削減しようとしてるらしい。だったら安くて高性能なスマホを買えば良いじゃない!あるよ!

Pocket
Facebook にシェア

Counterpoint Researchの調査レポートによると、スマートフォンユーザーの3人に1人は、新しいスマートフォンを買う時の費用を、最大20%削減しようとしている事が、明らかになっています。

調査結果の詳細によると、スマートフォン購入費用削減の理由は、新型コロナウィルスの影響によるもの。現在は回復基調にある経済状況ですが、やはり様々な産業が受けたダメージは大きく、個人の消費は大幅に減少しています。

調査対象となっているのは『アメリカ』『イギリス』『インド』『フランス』『ドイツ』『スペイン』『イタリア』。新型コロナウィルスの影響を大きく受けている『イタリア』『スペイン』では消費の減退が特に著しく、15%のユーザーが、スマートフォンの購入費用を3割以上落とす事を目標としています。続いてアメリカでも、2割~3割以上の費用削減を目指すユーザーが、24%を占めています。

シニアアナリストのPavel Naiya氏は、この状況が2021年半ばまで続くと予想。5Gの切り替えで価格が高騰しているスマートフォン市場にとって、深刻な事態が続きそうです。

しかし、Realmeが先日インドでリリースを行ったRealme X3X3 SuperZoomの様な端末は、1世代前のSnapdragon 855 Plusを採用し、5Gにも対応させずにコストを削減。ミッドレンジ並の低価格を実現しつつ、ディスプレイやカメラ性能はしっかりとアップデート。これは、購入費用を抑えつつも、高性能モデルを手に入れたいというユーザーの要望を、しっかりと汲み取っている素晴らしいモデルです。

車で言えば、F1の世界となるスマートフォン市場。最高技術を追求するのが命題とはなりますが、あくまでユーザーがあってこそのマーケット。しっかりと今の情勢を把握し、求められているものを作る必要があります。

日本でもスマートフォンの購入費用を抑えようという動きは顕著で、それを見越して発売されているのが、Xiaomiの『Redmi Note 9S』『Mi Note 10 Lite』や、『OPPO Reno3 A』といった端末です。

ミッドレンジクラスの性能が短い期間で急激に上がっているので、価格以上の満足感が得られるようになったのは事実。5Gを先追いしなければ、今の情勢に合ったコスパの高いスマートフォンを買えるのは救いです。新型コロナウィルスが落ち着き、5Gがしっかり整備されるまで、コスパの高いミッドレンジで切り抜けるというのが、恐らく今のベストな選択肢でしょう。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.