テレワークに大活躍なハイスペラップトップ3選!Mate Book、MacBook Pro、LG gramがタイムセール!

Pocket
Facebook にシェア

Amazon特選タイムセールがついにスタートしました!テレワークに大活躍してくれるラップトップPCも激安に!しかもハイスペックモデルが安いんです。あまり安く、性能の悪いラップトップを買ってしまうと、動作がもたついて後から後悔する事に。

また、処理能力が非力なPCに無理をさせると、夏場は発熱して壊れる可能性が高まります。仕事にもプライベートにも長く使えるハイスペック機が、Amazon特選タイムセールなら激安に!ハイコスパモデル3機種を、厳選して紹介します!

Amazon特選タイムセール オススメハイコスパラップトップその1 『Huawei MateBook D 15.6インチ Ryzen5』

15.6インチの大画面ディスプレイを備えつつ、重量はわずか1.53kg。この軽さを実現しているのは、画面占有率約87%のベゼルレスデザインです。見た目がめちゃくちゃ格好良いだけでなく、実用面にも優れるのがベゼルレス。

さらにHuawei MateBook D 15.6インチは見た目と機動力に優れるだけでなく、CPUにAMDのハイパフォーマンスな『Ryzen5』を搭載。Radeon Vegaグラフィックスチップと組み合わせる事で、クリエイティブな編集作業もしっかりとこなします。

この見た目で、処理能力で、さらにメモリ8GB、ストレージはSSD256GBと大容量で、たったの61,420円で購入出来るのは、特選タイムセールだけです。

Amazon特選タイムセール オススメハイコスパラップトップその2 『Apple MacBook Pro13インチ, 一世代前のモデル, 8GB RAM, 128GBストレージ, 1.4GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ)』

なんと、あの割引しない事で有名な、Apple社のMacBook Pro特選タイムセールの対象に!13インチという、仕事にもプライベートにも最適なサイズ。CPUには第8世代Intel Core i5プロセッサを採用し、内蔵グラフィックは高性能モデルとなるIntel Iris Plus Graphics 645を採用。グラフィック性能の高さが強みのMac。編集作業が多目の人はMacBook Proを選択しましょう。もちろん、Windowsを入れてBootCampも可能です。

さらにこのMacBook Pro、あの憧れのTouch BarTouch IDに対応してるんです。処理能力の高さは勿論ですが、持ってるだけで自慢出来るApple製品。1世代前のモデルになるので、価格はMacとは思えない安さに。153,780円125820円と、3万円近くプライスダウン。普段割引しないAppleブランド。買うなら今です!

Amazon特選タイムセール オススメハイコスパラップトップその3 『LG ノートパソコン gram 999g』

軽さ駆動時間の長さで言えば、右に出るものなし。知る人ぞ知るLGの『gram 999g』も特選タイムセールに登場。14インチの大画面を採用しつつ、重さはたったの999.9gです。信じられるでしょうか?こんな開発者泣かせの製品、滅多に無いと思います。

普通この画面サイズで、重量をここまで軽くしたら、電池の容量がものすごく少なくなります。つまり、あっという間に電池が切れてしまうということ。それなのにgram 999gは、最長22.5時間という、通常のラップトップでは考えられない長時間駆動を実現しています。

これはバッテリーに『カーボンナノチューブ』という新素材を採用したからこそ実現出来たこと。さらにgram 999g第10世代となる、最新のCore i3-1005G1 プロセッサーを搭載。処理能力にも優れます。

そして耐衝撃規格MIL-STD-810Gまで取得してるのですから、もうこれ以上何も求められないレベル。完璧です。指紋認証に対応し、セキュリティもバッチリ。さらにスピーカーの音まで良い。これだけハイスペックで、8GB/256GBモデルが10万切りの98,800円。やばい、これ一番オススメかも。確実に売り切れそうですね。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.