Appleの元技術者が作る『Jackery』のポータブル電源が時間限定2万円!電源フリーでYouTuberの必須アイテム

Pocket
Facebook にシェア

バッテリーメーカーで言えば、『Anker』が一番有名です。では、『Jackery』というメーカー名を聞いた事があるでしょうか。Jackeryは2012年、Apple社のバッテリーエンジニアが、アメリカのシリコンバレーで設立したメーカーです。技術力で言えば、もしかしたらAnkerを超えているのかもしれません。見た目もかなりしっかりしていて格好良いJackery製品。

Jackery』の取り扱っているバッテリーは、見た目でわかる通り、スマートフォン用のモバイルバッテリーではありません。小さいもので『67,200mAh』の容量を持ち、USBに加えてAC/DC出力のポートを備える、本格的なポータブル電源です。

ノートパソコンテレビミニ冷蔵庫に加え、勿論スマートフォンタブレットカメラライトへの給電にも対応。ポータブル電源を使って外出先で長時間撮影を行い、その場で編集を行う事も可能になります。

これまでは、キャンプ場や災害時の非常用としての利用用途が多かったポータブル電源。そういった使い方も勿論ありですが、それ以上にYoutuberの必須アイテムになりそうな気がしています。

FCC、RoHS、PSE、UN38.3といった認証に加え、過電流保護、過電圧保護、過充電/過放電保護、PTC保護、加熱保護、短絡防止といった様々な回路を搭載。

ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが選定した、レッドドット・デザイン賞の受賞メンバーが設計を行い、安全面には徹底的な配慮がなされている『Jackery』のポータブル電源。しっかりと国際基準を満たし、保証期間は2年と長目。購入してからの安心も、しっかりと担保されています。

手軽に買えるモバイルバッテリーではなく、本格仕様のポータブル電源。価格は5万円以上しそうです。しかし、『Jackery』のポータブル電源が、今ならたったの20,640円。これはAmazon特選タイムセール限定価格だからこそ。Appleのエッセンスが詰まった『Jackery』ブランド。20,640円はタイムセール価格なのでお忘れなく!

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.