Xiaomi Mi Note 10 Lite開封レビュー!これのどこがLiteなの!?圧倒的な完成度。高すぎるクオリティ

Pocket
Facebook にシェア

記事に書かれている内容

Xiaomi Mi Note 10 Lite グローバルモデル 開封レビュー

Xiaomi Mi Note 10 Liteのパッケージデザインはフラッグシップ仕様

Xiaomi Mi 10といった最上位モデルと同じ、マットブラックのパッケージを採用。製品名とロゴにはホットスタンプを使用し、より一層高級感を高めています。Mi Note 10も同じテイストのパッケージでしたが、Mi Note 10 Liteでは『10』の部分がより強調され、目立つように。最下部に『Lite』の文字が加わり、そこでうまくバランスがとられています。シルバーの箔押しではなく、角度によって色が変わるホットスタンプ。印刷コストは高いですが、格上のハイミッドレンジモデルとして認識させるには有効ですね。

Xiaomi Mi Note 10 Liteの同梱品一覧

同梱品はMi Note 10 Lite本体、ACUSB急速充電器(海外仕様)、充電ケーブル、純正ケース、紙類、SIMピン

Xiaomi Mi Note 10 Liteの付属充電器は最大30W出力の超急速充電に対応

ぱっと見はApple製品に見えるAC USB充電器は、最大『30W』の超急速充電に対応。グローバルモデルに付属する充電器ははプラグが海外仕様なので、変換プラグを使わないと日本では使えません。

スペックの高い充電器なので、数百円で売っている変換プラグを購入し、利用する事をオススメします(見た目は微妙ですが)。店舗によっては変換プラグがオマケとしてついてくる場合も。Banggoodは同梱されていました。ちょっとラッキーですね。

日本市場に投入されているスマートフォンの充電速度は、速いと言われるもので最大18W程度(Quick Charge3.0)。Mi Note 10 Liteはそれらの端末より12Wも速く充電する事が可能。5,260mAhの大容量電池も、あっという間にフル充電してくれます。

Xiaomi Mi Note 10 Liteの付属USB充電ケーブルは、最大30W出力のCHARGE TURBOに対応。サードパーティのケーブルでも速度を検証

Mi Note 10 Liteに付属するUSB充電ケーブルは、USB-A、USB Type-Cコネクタを採用しています。USB-Aコネクタを採用していると、あまり速い充電速度に対応するイメージがありません。しかしMi Note 10 Liteの付属充電器は、最大30Wの超急速充電に対応。その性能をフルに活かすためには、充電ケーブルも30W出力に対応している必要があります。

両方がUSB Type-Cコネクタのケーブルであれば、30W出力に対応しているものは沢山あります。しかし付属の充電ケーブルはUSB-A、USB Type-Cコネクタなので、スピードに若干の疑問が。そこで、実際に充電速度を測定してみました。

コネクタを差し込むと同時に、超急速充電を意味する『CHARGE TURBO』が点灯。これがミッドレンジモデルとは。

そして充電速度計測アプリ『Ampere』で速度表示してみると・・・5,000mAを超える凄まじい数値が。夏場は端末の温度が上がりやすいので、これでも控えめといったところか。充電器、そしてMi Note 10 Lite本体はもちろんの事、付属の充電ケーブルも、超急速充電にしっかり対応している事が実証されました。

ここでもう一点気になったのが、サードパーティ製のケーブルを使った場合、どの程度のスピードが出るのかということ。純正以外のケーブルを使った時は一気にスピードが遅くなるのだと、やや利便性が悪いです。もっとも、充電器の性能が良すぎるので仕方のない事なのかもしれませんが。

今回利用したのは、Amazonで3本セットで購入した激安USB充電ケーブル。検証結果は意外なものでした。サードパーティ製の、しかも激安USB充電ケーブルでも、なんとMaxで『4,820mAh』の高出力を行っています。これなら十分実用範囲内。それどころか、めちゃくちゃ速いですね。

今回は激安USB充電ケーブルを利用しましたが、あくまで最大30Wの高出力充電器。100円均一など、あまりに安すぎるケーブルの使用は止めておきましょう。

Xiaomi Mi Note 10 Liteの付属純正ケースは相変わらずの高品質。美しくしっかり守るオリジナルデザイン

Xiaomiのスマートフォンの良いところは沢山ありますが、その内の一つが純正ケースの付属。しかも、その品質が高いんです。1,000円程度で売られている、オマケ程度のものとは違います。Mi Note 10 Liteはデザインが立体的なので、ケースを設計する難易度はかなり高め。サードパーティがケースを作る場合、かなり苦労する事になるでしょう。

厚さは薄めに設計されているので、Mi Note 10 Liteの美しいデザインが損なわれる事はありません。滲みが発生しないように、裏面には極小のドット加工が。ホールやボタンの位置はもちろんバッチリ。高い操作性と美しさを維持し、守るべきところはしっかり守ってくれる。それがXiaomiの純正ケースです。

フルスクリーンジェスチャーを利用した際、影響を与えるディスプレイ面は、指が引っかからないよう特に精巧な作りに。さらに、机などとの摩擦を防ぐため、四つ角はディスプレイより少し高めに設計。目立たない絶妙な小細工で、Mi Note 10 Liteを傷からしっかりと保護してくれます。

サイドに記されている『Dexigned by Xiaomi』が、オリジナルデザインであることをさり気なく主張。市販はされていないので、使うのが勿体なくなってしまいます。

Xiaomi Mi Note 10 Liteのデザインは完全に『Lite』を超えている

上位モデルより凝っているのでは?と思わず目を凝らしてしまった背面の質感。驚くほど滑らかです。光の反射によって様々な色に変化する深みのあるグラデーションは、エレガントそのもの。

前面から背面にかけて施されている3D立体加工が、手に持った時のフィット感を高めてくれます。

カメラ部分は、Mi Note 10の様な出っ張りが無くなりほぼフラットに。『カメラスマホ』と呼ばれるカテゴリーの端末はほぼカメラが出ているので、『フラットなカメラスマホ』を探している人にとって、まさにMi Note 10 Liteは究極のモデル。

凹凸が無くなった事でカメラに傷がつく可能性も減り、見た目と共に実用面も向上しています。ただ見た目を良くするというだけでなく、それを機能にもしっかりと落とし込むのがXiaomi。カメラデザインも更に進化したMi Note 10 Lite。完全に『Lite』を逸脱しています。

Xiaomi Mi Note 10 Liteの美しすぎるディスプレイ

Mi Note 10 Liteには、上位モデルのMi Note 10と同じ有機ELディスプレイが採用されています。湾曲した3D設計もしっかりと継承しているので、正面から見ると、はっきり言って違いが分かりません。

通常『Lite』モデルはコストを削減する為、有機ELを液晶に変更します。さらに立体設計は行わず、フラットなディスプレイを採用する場合が多いです。しかしMi Note 10 Liteの場合は、有機ELディスプレイ立体設計をそのまま採用。『どこがLiteだ!』とつっこみの声が聞こえてきそうです。勿論、漆黒の黒を纏った、圧倒的に美しい表示も健在。HDR 10コンテンツにも対応します。

Xiaomi Mi Note 10 Liteは安心のデュアルSIMスロット。IIJmioのau回線+Rakuten UN-LIMITでデュアルVoLTE可能

最上位モデルとなるXiaomi Mi 10のSIMカードスロットが1スロットに減った事から、最新モデルはスロットの数が減らされてしまうのではと危惧していましたが、Mi Note 10 Liteはしっかり2スロット。

実際に、IIJmioのau回線、『Rakuten UN-LIMIT 』という、難易度の高い組み合わせで2枚挿ししてみました。グローバルモデルの場合、最初にダイヤルアプリで『*#*#86583#*#*』と入力して、VoLTEを開放してください。入力後に2枚のSIMを差し込み、再起動するとご覧の通り!デュアルVoLTE(DSDV)の完成です。Mi Note 10 Liteの場合は、特にAPNの設定も不要でしたね。インターネット接続、通話ともに確認済み。

Xiaomi Mi Note 10 Lite 日本取り扱い店舗

08/12【数量限定】オススメ激安モデルはコチラ(送料、関税込)

Banggood

  • Xiaomi Mi Note 10 Lite:6GB/64GB (ミッドナイトブラック、グレイシャーホワイト、ネビュラパープル)33,670円~【100台限定】※フラッシュセール
  • Xiaomi Mi Note 10 Lite:6GB/128GB (ミッドナイトブラック、グレイシャーホワイト、ネビュラパープル)39,049円~【100台限定】※フラッシュセール

対応してるSIMカードは?

【格安SIM対応状況】

※電話アプリを起動して『*#*#86583#*#*』と入力しないと、ベストな環境で利用出来ない可能性があります。

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:◎

Xiaomi Mi Note 10 グローバル版 開封動画

Banggood Xiaomi Mi Note 10 Lite 価格一覧

オンラインストア『Banggood』とは

海外のガジェットを最も買いやすいお店の一つがBanggood。日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わりません。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

【クーポンコードの入力方法】スマートフォンからご購入の場合(会員登録は予め終わらせておいてください)

Xiaomi Mi Note 10 LiteをBanggoodで購入する

Xiaomi Mi Note 10 Lite:6GB/64GB (ミッドナイトブラック、グレイシャーホワイト、ネビュラパープル)33,670円~【100台限定】※フラッシュセール

Xiaomi Mi Note 10 Lite 6GB/64GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Mi Note 10 Lite:6GB/128GB (ミッドナイトブラック、グレイシャーホワイト、ネビュラパープル)39,049円~【100台限定】※フラッシュセール

Xiaomi Mi Note 10 Lite 8GB/128GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Mi Note 10 Liteはこんなスマートフォン

Xiaomi Mi Note 10 Liteは強化ガラスによる両面3D立体加工

Xiaomi Mi Note 10 Liteは前面と背面の両面に3D立体デザインを採用。五感を刺激する先進的な設計により、フラッグシップモデルを思わせる圧倒的な存在感を放ちます。素材には、コーニング社のGorilla Glass5を採用。約1.6mの高さから落としても『80%』の確率で割れないという、落下時の耐久性を高めた強化ガラスです。まさに、美しさと堅牢さを兼ね備えた、究極のハイブリッドデザインと言えるでしょう。

Xiaomi Mi Note 10 Liteは美しさと堅牢さを兼ね備える

Xiaomi Mi Note 10 Liteのディスプレイは6.47インチサイズでフルHD+解像度。ダークモード時には大幅な消費電力削減を可能とし、HDR 10コンテンツでは、迫力溢れるハイダイナミックレンジ表示に対応する有機ELを採用します。ノッチの小型化により、ディスプレイ占有率は91.4%に拡大。情報の表示領域が広がり、あらゆる情報を目一杯楽しむ事が出来ます。

Xiaomi Mi Note 10 Liteは6400万画素の超高解像度撮影に対応。超広角、深度測定、マクロの4眼仕様

Xiaomi Mi Note 10 Liteは、幅広いシーンに対応するAIクアッド(4眼)カメラを搭載。メインカメラは6,400万画素の超高解像度撮影に対応。カメラセンサーにはSONYのIMX 686を採用しています。IMX 686は、1/1.7インチの巨大なセンサーサイズに加え、4つのピクセルを1つに統合するピクセルビニングテクノロジーに対応。光の少ない低照度な場所においても、手ブレの少ない明瞭な描写を実現します。

Xiaomi Mi Note 10 Lite 6400万画素カメラ

さらに800万画素の『超広角カメラ』、被写体との距離をしっかりと測定し、背景のボケを美しくする『深度測定カメラ』、200万画素の『マクロカメラ』を搭載し、様々なシーンに合わたカメラを使って、ベストショットを撮る事が可能です。

Xiaomi Mi Note 10 Lite 超広角カメラ

Xiaomi Mi Note 10 Lite 深度測定カメラ

Xiaomi Mi Note 10 Lite マクロカメラ

Xiaomi Mi Note 10 Liteの大容量バッテリーは超急速充電に対応

Xiaomi Mi Note 10 Liteは、『5,260mAh』の大容量バッテリーを採用。長時間駆動モデルとして認識される電池の容量は、一般的に4,000mAh以上。Mi Note 10 Liteのバッテリーは、それをさらに上回ります。圧倒的な連続駆動時間を実現し、外出時にモバイルバッテリーが不要に。さらに30Wの超急速充電に対応するので、大容量バッテリーモデルにあがりがちな、『充電に時間がかかる』といった不満も解消されます。

Xiaomi Mi Note 10 Liteは上位モデルと同じSnapdragon 730G搭載

Socには上位モデルと同じ『Snapdragon 730G』を搭載。クロック最大周波数は2.2Ghzに及び、端末の操作、ゲームプレイ、AIといった、あらゆる面において高速化を実現。前モデルとなるSnapdragon 710と比較すると、CPU性能は35%、GPUのイメージレンダリング性能は25%、AI性能は2倍に向上。さらに、処理に伴う消費電力も大幅に削減され、相対的な進化を遂げています。

Xiaomi Mi Note 10 Liteは高精度なディスプレイ内指紋認証搭載

Xiaomi Mi Note 10 Liteは有機ELディスプレイを搭載しているので、『光学式指紋認証センサー』を画面内に埋め込む事が可能。最新技術の採用により、低い温度や手が乾いた状態でも、速いスピードで正確にロックを解除します。

Xiaomi Mi Note 10 Liteはゲーム時に便利なツールボックスに対応

Snapdragon 730GはGPU強化モデル。つまり、ゲームをするのに最適。Xiaomi Mi Note 10 Liteには、ゲーム中に特定機能へ簡単にアクセス出来る、ツールボックスが用意されています。ボックス内では、ネットワークの切り替え、通知ブロック、通話への応答、スクリーンショット、メッセージへのクイック返信といった操作が可能に。

Xiaomi Mi Note 10 Liteは動画を撮るのが楽しくなるVlogモード搭載

動画撮影は『Vlogモード』に対応。編集するのが苦手な人でも、Vlogモードを使う事で、プロが撮って編集したかの様に、映像を格好良くつないでくれます。InstagramやTwitterに投稿すれば、イイネが沢山つくこと間違いなし。

Xiaomi Mi Note 10 LiteはHi-Res音源を高音質で聞ける

Mi Note 10 Liteは、上位モデルと同様にHi-Res音源の再生に対応。3.5mmのイヤフォンジャックを搭載するので、お気に入りのイヤフォンやヘッドフォンをそのまま使い、高音質でゲームや映画鑑賞を楽しめます。

Xiaomi Mi Note 10 Liteは高級感溢れる3色のカラー展開

カラーバリエーションは、男女が選びやすい『ミッドナイトブラック』『グレイシアホワイト』『ネビュラパープル』。独特の質感と光沢を活かした高級感溢れる3色展開。

『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間利用料無料。その他ポイント還元も充実!

Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、オンラインで契約すれば『3,000ポイントプレゼント』、お申込み時に発生する事務手数料は全額ポイント還元』という限定キャンペーンを実施中。申し込みをするだけで実質3,000ポイントもらえるということです。

さらに下記の『楽天モバイルID』をコピーして契約時に入力すると、追加で『2,000ポイント』もらえます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

この楽天モバイルIDは、『Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると付与されるもの。その楽天モバイルIDを使って誰かを紹介すれば、最大15,000ポイント(5名分)のお小遣い稼ぎも可能となります。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.