Amazon Fire HD 8 Plusのワイヤレス充電スタンドは純正が一番コスパの高い理由。3千円はめちゃくちゃ安い

Pocket
Facebook にシェア

Amazonの最新タブレット『Fire HD 8』シリーズ。ベーシックモデルとの価格差はたったの2,000円なのに、iPhone 11 Pro Maxよりスピードの速い『10W急速ワイヤレス充電』に対応。さらに、Fireタブレットで唯一『3GBの大容量メモリ』を備えるのが、最上位モデルとなる『Fire HD 8 Plus』です。

Fireタブレットとして、はじめてワイヤレス充電に対応した『Fire HD 8 Plus』。そもそも、タブレットはほぼワイヤレス充電に非対応。AppleiPadシリーズですら、ワイヤレス充電を行う事は出来ません。しかも『Fire HD 8 Plus』に搭載されているのは10Wの急速ワイヤレス充電機能。有線充電より速いというのには、ただただ驚きです。

どうしても気になったのが、サードパーティのワイヤレス充電で充電が出来るのかということ。もっとも、タブレット用のワイヤレス充電スタンドは販売されていません。家の中を探すと、どこで買ったか忘れてしまった、明らかに安物のワイヤレス充電スタンドが出てきました。壊れてしまわないかと少し心配でしたが、その充電スタンドに『Fire HD 8 Plus』をのせてみました。

無反応かと思いきや!予想外に充電が出来ている!しかし電流値は600mA程度とかなり低速。最大12時間駆動の大容量バッテリーを備える『Fire HD 8 Plus』。これでは流石に時間がかかりすぎてしまいます。続けて、本命となる純正のワイヤレス充電スタンドを実測。

流石純正品。期待を裏切らない速さです。先程の計測から3倍以上となる、2,000mA近い出力を記録。これならあっという間に『Fire HD 8 Plus』を充電してくれるでしょう。しかしここでさらに気になってしまったのが、『サードパーティのワイヤレス充電器でも、10W出力に対応したものを使えば、『Fire HD 8 Plus』は純正品並のハイスピードで充電出来るのか』ということ。ここはやはり、試してみるべきなのか。

早速Amazonで、10W出力に対応するワイヤレス充電器を探してみました。高出力なので、私が持っていたような、聞いた事も無い怪しいメーカーの製品は除外。AnkerELECOMから下記を抜粋しました。価格は2,500円~4,000円程度。検証用途としてはややリスキーなお値段。

価格を調べて分かったのが、実は純正のワイヤレス充電スタンド一番コストパフォーマンスが高いということ。最高速度で確実にワイヤレス充電出来ますし、何よりデザインが格好良い。まるで雑貨屋に置いてあるかの様な見た目をしています。

前面と背面には同じ素材が使われています。スタンドとして使わない時は、背面を向けてそこに雑誌でも立て掛けておけば、オシャレなインテリアの一部に。

生地はかなりしっかりしており、少しゴワゴワしたデニムの様な素材感。摩擦にも強そうなので、樹脂素材のスタンドよりも、遥かに耐久性は高め。長く使えそうです。

『Showモード』をONにした状態で、充電スタンドに『Fire HD 8 Plus』をセットすると、一瞬でスマートスピーカーに早変わり。二つの顔を持つ『Fire HD 8 Plus』。このスタンドがあるからこそ、真の力を発揮出来るのです。

性能も見た目も最高で、『Fire HD 8 Plus』をスマートスピーカーに変身させてくれる純正ワイヤレススタンド、『Fire HD 8 Plus』と同時に購入すればなんと1,600円OFF。つまり3,000円ぽっきりで購入出来てしまうんです。使えるかどうか分からないサードパーティのワイヤレス充電器を買うメリットはゼロ。3,000円でこのクオリティなら、超お買い得じゃないですか?ただし、本体とセットで購入するのを忘れないでください!別々に買うと、定価の4,600円ですよ!

Fire HD 8 Plus開封レビュー!使いやすさを追求した高性能モデル!1万ちょいで買える最高のタブレットはコレだ!

続きを見る

Fire HD 8 Plus/8にGoogle Play ストアを5分で入れる超簡単な方法!使えるアプリが激増するぞ!

続きを見る

Fire HD 8 PlusにPUBGをインストールして遊ぶ方法!設定を最適化したらとんでもない神機に!この価格でこれ?

続きを見る

Fire HD 8 Plusが4,730円で購入できる超簡単な方法!最上位高性能モデルを激安でゲット!6月3日発売開始!

続きを見る

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.