万人にお勧めなRakuten UN-LIMIT +モバイルWi-Fiルーターの組み合わせ。1年間無料でネットし放題だ!

Pocket
Facebook にシェア

メイン回線に楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT 』を使うのはちょっと躊躇する。そんな人にオススメなのがHuaweiから7月7日に発売が開始された『HUAWEI Mobile WiFi E5785』です。

HUAWEI Mobile WiFi E5785』はSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターで、下記のバンドに対応します。

  • LTE FDD: B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B28/B32
  • LTE TDD: B38/B41/B42
  • UMTS:B1/B2/B5/B8
  • GSM:B2/B3/B5/B8

Rakuten UN-LIMIT 』は、バンド3楽天回線バンド18パートナー回線(au)となっています。『HUAWEI Mobile WiFi E5785』はどちらのバンドにも対応。バンド3の楽天回線エリアであれば高速通信し放題、バンド18のパートナー回線エリアでは、5GBまで高速通信可能、その後は最大1Mbpsの速さで通信し放題となっています。他にもRakuten Linkアプリ(Androidのみ対応)を使えば国内通話し放題ですが、今回はあくまでデータ通信を使うのがメイン。

1Mbpsというのは、音声形式のWEB会議への参加や、ワード、エクセルといった事務系データのやりとりが可能な速度。さらにHD画質程度であれば動画の再生も可能(実際に低速設定でプライムビデオが再生出来ました。たまに画面が乱れますが、止まることはないです。)

楽天回線エリアである事が勿論一番の理想ですが、仮にパートナーエリアだとしても、そこそこ使えてしまうのが『Rakuten UN-LIMIT 』。しかも、先着300万名に限り、月額2,980円の利用料が1年間無料に。『HUAWEI Mobile WiFi E5785』の販売価格は9,818円なので、4ヶ月もすればすぐにペイ出来てしまいます。

スマートフォンでテザリングする事も出来ますが、日常的な使い方に加えてテザリングまで行うと、電池の減りが極端に早くなり、内部の温度が上昇します。結果、端末の寿命を短くする事に。

HUAWEI Mobile WiFi E5785』はあくまでも通信専用モバイルWi-Fiルーター通信専用機器として、スマートフォン以上に優れた部分も当然あります。高速通信規格『Wi-Fi 802.11ac』に加え、LTEは『カテゴリー6』に準拠。下りで最大300Mbpsの高速通信を可能とします。さらに、2.4Ghz/5GhzデュアルバンドWi-Fi接続に対応する事で、干渉の受けづらい安定したインターネット接続環境を構築。

電池容量は3,000mAhと大容量で、連続駆動時間は最大で12時間程度。外出時の持ち運び用途にも適しています。16台同時に端末を接続する事が出来るので、友人や家族と共用する事も。楽天回線エリアの『Rakuten UN-LIMIT 』との相性は、まさに抜群と言えますね。

HUAWEI Mobile WiFi E5785』で『Rakuten UN-LIMIT 』を使うとどうなるのか、あまりに気になるので、『HUAWEI Mobile WiFi E5785』を購入してしまいました!速度の切り替えやデータ通信量の確認は『my楽天モバイル』上で行えるので何の問題もなし。到着次第レビューしたいと思います。お楽しみに!

『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間利用料無料。その他ポイント還元も充実!

Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、下記の『楽天モバイルID』をコピーして契約時に入力すると、追加で『2,000ポイント』もらえます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

この楽天モバイルIDは、『Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると付与されるもの。その楽天モバイルIDを使って誰かを紹介すれば、最大15,000ポイント(5名分)のお小遣い稼ぎも可能となります。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.