【朗報】iPhoneがRakuten Linkに対応!『Rakuten UN-LIMIT 』で国内通話かけ放題がスタート

Pocket
Facebook にシェア

Android端末の特権とも言えた『Rakuten UN-LIMIT 』。なぜなら、iOSは『Rakuten LINK』アプリに非対応。つまり、『Rakuten UN-LIMIT 』のメインサービスの一つ『国内通話かけ放題』が使えないのです。一般的な通話料がかかってしまうのであれば、『Rakuten UN-LIMIT 』を選ぶメリットは少なくなります。多くのiPhoneユーザーは、『Rakuten Link』が非対応である事を理由に、『Rakuten UN-LIMIT 』の契約を躊躇していました。

iOS用のアプリ開発は行っているとはいうものの、楽天モバイルで取り扱っている端末はAndroidばかり。何かGoogleと密約を交わしている可能性もゼロではありませんでした。このままiPhoneユーザーは生殺し状態が続くのか。しかしiPhoneユーザーを取り込まなければ、契約目標数の達成が出来ずに、MNOからはじかれてしまうはず。そんな混沌とした状況の中、その瞬間は突如訪れました。

Androidでは見慣れてしまった、ピンク色のアイコンがiPhoneのホーム画面にも。少し拡大してみましょう。

そうです。『Rakuten Link』がついにiOSに対応したのです!

勿論しっかり通話出ます。『Rakuten Link』に対応シたことで、iPhoneでもついに、『Rakuten UN-LIMIT 』の『国内通話かけ放題』がスタートしました。

MNOスタートから、様々な苦戦を強いられてきた楽天モバイルRakuten Mini1円販売キャンペーンも終了し、このまま尻すぼみかと思われましたが、満を持しての『Rakuten Link』iOS対応。嵐の前の静けさでした。ここからがいよいよ本番のスタートだ!

※楽天モバイルの公式ページを確認したところ、全ての端末がかけ放題に対応するわけではないようです。Rakuten Linkで通話しても通話料がとられるのか?分かりづらすぎ・・・

『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間利用料無料。その他ポイント還元も充実!

Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、下記の『楽天モバイルID』をコピーして契約時に入力すると、追加で『2,000ポイント』もらえます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

この楽天モバイルIDは、『Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると付与されるもの。その楽天モバイルIDを使って誰かを紹介すれば、最大15,000ポイント(5名分)のお小遣い稼ぎも可能となります。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

『HUAWEI Mobile WiFi E5785』開封レビュー&『Rakuten UN-LIMIT 』との接続方法

7月7日に発売が開始された、1万円の超激安モバイルWi-FiルーターHUAWEI Mobile WiFi E5785』。Amazonで注文し、プライムの激速便で先程受け取りました。早速開封レビューと共に、『Rakuten UN-LIMIT 』との接続方法を開設していきたいと思います!

パッケージはこんな感じで至ってシンプル。特に何の特長もありません。ただし、紙の質感がマットなので、価格相応の安っぽさは無いかもですね。

そしてパッケージの中身がコチラです。モバイルWi-Fiルーター本体、ACUSB充電器、バッテリー、USB充電ケーブル。他に説明書も入っています。

同梱品を見てお気づきかと思いますが、バッテリーは取り外し可能になっています。モバイルWi-Fiルーターは繋ぎっぱなしのヘビーな使い方が想定されるので、電池が劣化しやすいのは正直なところ。スマートフォンの場合は電池が内蔵型で、自分で交換するのは困難です。本体が劣化するに等しい状況となるので、電池容量の少ないスマートフォンで、テザリングのしすぎは危険です。しかし『HUAWEI Mobile WiFi E5785』であれば、自分で電池を交換出来るので、電池の劣化を気にせず思う存分使えますね。

続けて、本体にバッテリーとSIMカードを取り付けていきたいと思います。本体を背面にし、左上部分からフタを開けることが可能。

フタを開けた状態がコチラ。一昔まえのスマホやガラケーチックな感じですね。懐かしい。右上部分がSIMカードスロットになっています。

ここでトラブル発生!SIMカードスロットのサイズを見て愕然。なんか大きい!ちゃんと調べてから買えば良かったのですが、汎用的なnano SIMではなく、『HUAWEI Mobile WiFi E5785』に対応するのはmicro SIM。これ、困る人続出すると思うので、変換アダプタを付属させるべきですね。今どき殆どの人がnano SIMでしょう。

急いでビックカメラに走り、nanoサイズをmicroサイズに変換出来るアダプタを購入してきました。700円程度と高め。Amazonなら半額以下で購入する事が出来るので、『HUAWEI Mobile WiFi E5785』を購入する際は、変換アダプタも必ずセットで注文するのを忘れないようにしましょう。

SIMカードスロットをスライドさせると、カバー部分が開きます。

スロット部分に変換アダプタを装着した『Rakuten UN-LIMIT 』のSIMカードを取り付けます。カチッとはまるタイプではなく、ただ置く感じです。

SIMカードをセットしたら、カバーを下げて再びスライド。ロックをかけます。

上からバッテリーを装着し、フタを戻せば第一段階の準備完了です。

楽天モバイルなので、APNの設定が必要になると想定していました。しかし電源ボタンをONにするとサプライズ!一瞬『圏外』になったあと、すぐに『Rakuten』の文字が。これは嬉しい!自動的に繫がってます。

通信は可能な状態になったので、続けて『HUAWEI Mobile WiFi E5785』とスマートフォンを接続していきます。まず、『HUAWEI Mobile WiFi E5785』の2.4GHz設定を電波干渉しづらい5GHz設定に切り替え。スマートフォン側が2.4Ghzのみに対応している場合は、ここの設定は不要です。上部のメニューボタンを押すとメニュー画面が表示されるので、その中から『Wi-Fiバンド』を選択。『2.4GHz』の設定を『5GHz』に変更すれば完了です。

スマートフォンと『HUAWEI Mobile WiFi E5785』の接続は超簡単。メニュー画面から『QRコード』を選択し、その中から『5G Wi-Fiキー』もしくは『簡単設定(2.4GHz接続時)』を選びます。すると『HUAWEI Mobile WiFi E5785』と接続する為のQRコードが表示されるので、QRコードを読込可能なカメラアプリを立ち上げ、QRコードを読み込んでください。『HUAWEI~』というネットワーク名をタップすれば接続完了です。 SIMのサイズにだけ注意すれば、後は驚くほど簡単ですね。

通信速度の切り替えは、スマートフォン側の『my楽天モバイル』の中から簡単に変更可能です。やはり『Rakuten UN-LIMIT 』と『HUAWEI Mobile WiFi E5785』の相性は抜群でした!次は『Rakuten UN-LIMIT 』と『HUAWEI Mobile WiFi E5785』を使って、パートナー回線エリア楽天回線エリアの通信速度を計測したいと思います。お楽しみに!

『Rakuten UN-LIMIT 』と『HUAWEI Mobile WiFi E5785』の相性がバッチリな理由

メイン回線に楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT 』を使うのはちょっと躊躇する。そんな人にオススメなのがHuaweiから7月7日に発売が開始された『HUAWEI Mobile WiFi E5785』です。

HUAWEI Mobile WiFi E5785』はSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターで、下記のバンドに対応します。

  • LTE FDD: B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B28/B32
  • LTE TDD: B38/B41/B42
  • UMTS:B1/B2/B5/B8
  • GSM:B2/B3/B5/B8

Rakuten UN-LIMIT 』は、バンド3楽天回線バンド18パートナー回線(au)となっています。『HUAWEI Mobile WiFi E5785』はどちらのバンドにも対応。バンド3の楽天回線エリアであれば高速通信し放題、バンド18のパートナー回線エリアでは、5GBまで高速通信可能、その後は最大1Mbpsの速さで通信し放題となっています。他にもRakuten Linkアプリ(Androidのみ対応)を使えば国内通話し放題ですが、今回はあくまでデータ通信を使うのがメイン。

1Mbpsというのは、音声形式のWEB会議への参加や、ワード、エクセルといった事務系データのやりとりが可能な速度。さらにHD画質程度であれば動画の再生も可能(実際に低速設定でプライムビデオが再生出来ました。たまに画面が乱れますが、止まることはないです。)

楽天回線エリアである事が勿論一番の理想ですが、仮にパートナーエリアだとしても、そこそこ使えてしまうのが『Rakuten UN-LIMIT 』。しかも、先着300万名に限り、月額2,980円の利用料が1年間無料に。『HUAWEI Mobile WiFi E5785』の販売価格は9,818円なので、4ヶ月もすればすぐにペイ出来てしまいます。

スマートフォンでテザリングする事も出来ますが、日常的な使い方に加えてテザリングまで行うと、電池の減りが極端に早くなり、内部の温度が上昇します。結果、端末の寿命を短くする事に。

HUAWEI Mobile WiFi E5785』はあくまでも通信専用モバイルWi-Fiルーター通信専用機器として、スマートフォン以上に優れた部分も当然あります。高速通信規格『Wi-Fi 802.11ac』に加え、LTEは『カテゴリー6』に準拠。下りで最大300Mbpsの高速通信を可能とします。さらに、2.4Ghz/5GhzデュアルバンドWi-Fi接続に対応する事で、干渉の受けづらい安定したインターネット接続環境を構築。

電池容量は3,000mAhと大容量で、連続駆動時間は最大で12時間程度。外出時の持ち運び用途にも適しています。16台同時に端末を接続する事が出来るので、友人や家族と共用する事も。楽天回線エリアの『Rakuten UN-LIMIT 』との相性は、まさに抜群と言えますね。

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.