7月22日、Snapdragon 865 Plus搭載のROG Phone 3とLenovo Legionが同時リリース

Pocket

7月22日、ゲーミングスマホ市場が戦闘状態に入ります。パソコンでもライバル関係となる『ASUS』と『Lenovo』が最新のゲーミングスマホ『ROG Phone 3』と『Lenovo Legion』を同時にリリース。これはとんでもないことになりそうです。

両モデルは、当初リリースされる予定の無かった『Snapdragon 865 Plus』を搭載。すでにAntutuがベンチマークスコアを公開しています。ROG Phone 3が『646310』で、Lenovo Legionが648871』とわずかにリード。この程度のスコア差であれば、ROG Phone 3がアップデートで追い抜くことは容易でしょう。しかしそれ以前に、見たことの無いハイスコアです。iPhoneに新しく搭載されるA14 Bionicがこのスコアを超える事が出来るかには注目が集まります。

ROG Phone 3 Antutuベンチマークスコア

Lenovo Legion Antutuベンチマークスコア

ベンチマークテストに使われているのは、どちらも16GB/512GBという高額なノートパソコン並のハイスペック機。さらに、ディスプレイのリフレッシュレートも144Hzと共通になると予想されています。ディスプレイに関しては、先行販売されているNubiaの『Nubia Red Magic 5G』を追うカタチになりますが、SocはSnapdragon 865 Plusなのでグレードが上になりますね。

しかし、スペックが全く同じだった場合、有利になるのはソフトウェアがしっかりしている『ROG Phone 3』です。

Lenovoは本格的にスマートフォン市場に参入したのが遅めだったので、2019年にリリースされたフラッグシップモデルLenovo Z6 Proを見ても、UIやソフトウェアの開発がどうしても後手に回っているイメージ。本格的にグローバル市場に参入しているわけでもないので、中国らしさが抜けきらない感も否めません。『Lenovo Legion』には、ゲーミンググレードの『Legion UI』を搭載するとしていますが、それがどの程度のものなるかで今後の評価が分かれそうです。

パソコンメーカーの強みを活かせるのはハード部分。やはりソフトウェアの開発となると、勝手が全く違うのか。しかし脱中国を実現するには、UIとソフトウェアの強化が鍵となるLenovoROG Phoneのハイクオリティはすでに周知なので、どうしても気になってしまうのは未知数の『Lenovo Legion』。東の横綱と同日リリースにしたメリットは果たしてあるのか!両モデルがどういった売れ方をするのか、楽しみですね。

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Xiaomi Mi 11中国モデルのブートローダーをアンロックする方法。待機168時間!グローバルROMの登場に備えよう

AppleがリリースしているiPhone以外は、その殆どが海外で先行発売されています。Xiaomiのスマートフォンに関しても、最初に中国モデルがリリースされ、その後グローバルモデルが投入されるというの ...

SONY Xperia Compactの最新画像がリーク!縦長比率廃止で小型化か。出しても中途半端になりそうな予感!

SONYが過去にリリースしていたXperiaの『Compact』モデル。2017年に発売された『Xperia XZ2 Compact』を最後に発売が途絶えていました。今回@OnleaksことSteve ...

Huaweiと最後の協業?Honor V40 5Gが登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、スコア、画像

記事に書かれている内容1 Honor V40 5Gに関する情報まとめ1.1 Honor V40 5Gの発売日に関する情報1.2 Honor V40 5Gの価格に関する情報1.3 Honor V40 5 ...

Apple Watch 4、5,6がOSアップデートで心電図アプリに対応!日本独自規制による何重苦をクリアか

Apple Watch 4から搭載された『心電図機能』。iOS 14.4とwatchOS 7.3へのアップデートにより、ようやく日本でも利用可能になる事をAppleが公式にアナウンスしました。 海外の ...

デュアルメインカメラ搭載!Vivo X60 Pro +登場!発売日、Soc、価格、容量、画面、カメラ、電池、バンド、画像

記事に書かれている内容1 Vivo X60 Pro +に関する情報まとめ1.1 Vivo X60 Pro +の発売日に関する情報1.2 Vivo X60 Pro +の価格に関する情報1.3 Vivo ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.