7月22日、Snapdragon 865 Plus搭載のROG Phone 3とLenovo Legionが同時リリース

Pocket
Facebook にシェア

7月22日、ゲーミングスマホ市場が戦闘状態に入ります。パソコンでもライバル関係となる『ASUS』と『Lenovo』が最新のゲーミングスマホ『ROG Phone 3』と『Lenovo Legion』を同時にリリース。これはとんでもないことになりそうです。

両モデルは、当初リリースされる予定の無かった『Snapdragon 865 Plus』を搭載。すでにAntutuがベンチマークスコアを公開しています。ROG Phone 3が『646310』で、Lenovo Legionが648871』とわずかにリード。この程度のスコア差であれば、ROG Phone 3がアップデートで追い抜くことは容易でしょう。しかしそれ以前に、見たことの無いハイスコアです。iPhoneに新しく搭載されるA14 Bionicがこのスコアを超える事が出来るかには注目が集まります。

ROG Phone 3 Antutuベンチマークスコア

Lenovo Legion Antutuベンチマークスコア

ベンチマークテストに使われているのは、どちらも16GB/512GBという高額なノートパソコン並のハイスペック機。さらに、ディスプレイのリフレッシュレートも144Hzと共通になると予想されています。ディスプレイに関しては、先行販売されているNubiaの『Nubia Red Magic 5G』を追うカタチになりますが、SocはSnapdragon 865 Plusなのでグレードが上になりますね。

しかし、スペックが全く同じだった場合、有利になるのはソフトウェアがしっかりしている『ROG Phone 3』です。

Lenovoは本格的にスマートフォン市場に参入したのが遅めだったので、2019年にリリースされたフラッグシップモデルLenovo Z6 Proを見ても、UIやソフトウェアの開発がどうしても後手に回っているイメージ。本格的にグローバル市場に参入しているわけでもないので、中国らしさが抜けきらない感も否めません。『Lenovo Legion』には、ゲーミンググレードの『Legion UI』を搭載するとしていますが、それがどの程度のものなるかで今後の評価が分かれそうです。

パソコンメーカーの強みを活かせるのはハード部分。やはりソフトウェアの開発となると、勝手が全く違うのか。しかし脱中国を実現するには、UIとソフトウェアの強化が鍵となるLenovoROG Phoneのハイクオリティはすでに周知なので、どうしても気になってしまうのは未知数の『Lenovo Legion』。東の横綱と同日リリースにしたメリットは果たしてあるのか!両モデルがどういった売れ方をするのか、楽しみですね。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.