ハイパーガジェットチャンネル

やっぱりOPPO Reno Aだった理由。グローバルと日本の良いとこ取りな最強モデル!7月15日で10,800円が終了だ

Pocket

なぜ『OPPO Reno A』が日本のSIMフリースマートフォン市場で『ダントツのコスパ』と言われたいるのか、最近理解出来るようになってきました。それは、同じタイプのスマートフォンが他に無いからです。

スマートフォンの性能を決めるSocには『Snapdragon 710』を搭載。日本で販売されているミッドレンジモデルの殆どは、『Snapdragon 600』シリーズを搭載。『Snapdragon 700』シリーズはその上位モデルとなります。上位モデルのメリットは何かと言えば、『処理能力と電力効率の高さ』です。つまり、スピードが速く、電池の持ちが良いということ。

高性能なSocをしっかりと搭載しつつ、『Game Turbo 2.0』といったブースト機能を備えるのもOPPO端末の魅力。これは他の端末にも搭載されている機能ですが、どちらかと言えば、やや性能的に足りていない箇所を補う的なイメージ。しかし、『OPPO Reno A』の場合は元から高性能。そこから更にパワーアップする訳ですから、動作に関して不満など出るはずがありません。メモリー容量が6GBと大容量である事も、処理能力を高める大きなポイントです。

そして『OPPO Reno A』の魅力は、処理能力だけではありません。『AQUOS sense 3』や『P30 Lite』など、人気モデルはみなディスプレイに『液晶』を採用しています。しかし『OPPO Reno A』は『有機EL』。液晶と有機ELの違いは、バックライトで画面を照らして表示するか、ピクセルを1つずつ点灯させて表示するか。

有機ELは黒を表示する時にピクセルを消灯させたり、色によって光の加減を調整するので、その分消費電力を低く抑えられます。コントラストが広がるので、表示もクッキリ美しく。デメリットはコストが高い事。それ故、搭載モデルは限られてしまっているのです。『OPPO Reno A』であれば、高コストの有機ELディスプレイを思う存分楽しめます。一度有機ELのディスプレイに慣れてしまうと、発色が全然違うので、液晶に戻るのは難しいでしょう。『OPPO Reno A』を購入するのであれば、その覚悟が必要です。

OPPOは世界第5位のスマートフォンメーカーであり、潤沢な開発資金を持っています。カメラにも力を入れているので、重要となるシステムソフトウェア開発にも余念がありません。最上位モデルとなるOPPO Find X2 Proは、世界一有名な画質比較サイトDxOMarkにおいて、世界第3位の評価を受けています。

DxOMarkで世界TOP3に入るには、システムソフトウェアが世界最高レベルに到達していない実現不能。つまり、OPPOのカメラ技術は、システムの部分も含めて世界最高レベルということ。その技術が使われている『OPPO Reno A』。カメラに関しても、とてつもなくコスパが高いんです。

これだけ高性能の場合、予算的に『おサイフケータイ』と『防水防塵』は除外されるのが、一般的な日本のスマートフォン事情。しかし『OPPO Reno A』は、どちらもしっかりと搭載してしまいました。

OPPO Reno A』が『ダントツのコスパ』であることは、総合的に見ても間違い有りません。そしてこのタイミングであれば、最新モデルの『OPPO Reno3 A』を、コスパで大きく上回っているという恐ろしい事実・・・。

7月15日までなら、最新モデルのOPPO Reno3 AよりOPPO Reno Aを買った方が断然お得!

OPPOの最新モデルとなる『OPPO Reno3 A』。『おサイフケータイ』『防塵防水』という日本市場必須機能に加え、『縦長有機ELディスプレイ』『4,800万画素カメラ』という流行をしっかりと盛り込んだトレンドモデル。『もっともコスパの高いスマホ』の代名詞と言える『OPPO Reno A』の後継機種となっています。

しかし、『もっともコスパの高い』モデルの後継機種。コストが上がっている今の現状で、『OPPO Reno A』を性能と価格で上回るのは至難の業。最新モデルであるにも関わらず、Socは700番台から600番台にダウンしています。もっとも、『OPPO Reno3 A』に搭載されている『Snapdragon 665』は、CPUに8コアを使用したバランス型であり、日常的な使い勝手は何の問題もなし。ただし、ゲームをするのであれば、『Snapdragon 710』を搭載する『OPPO Reno A』の方が優れています。

カメラに関しては、普段トリミングや印刷する機会が多い場合は『OPPO Reno3 A』の4,800万画素が活躍します。しかし、スマートフォンやパソコンのディスプレイで見る事が殆どという人は、『OPPO Reno A』の1,600万画素で十分です。なぜなら、殆どのスマートフォンやパソコンのディスプレイは、フルHD解像度。このフルHD解像度を○○万画素に置き換えるとどれくらいになると思いますか?たったの200万画素です。つまり、1,600万画素の8分の1。これは意外と知られていない事実です。iPhoneXperia1,200万画素から解像度を上げないのは、こういった理由から。

また、『OPPO Reno3 A』はストレージ容量が128GBに増量されています(『OPPO Reno A』は楽天モバイルモデル以外64GB)。しかし、この部分も実は、『OPPO Reno A』にとってはそこまで大きなアップグレードとは言えません。なぜなら、『OPPO Reno A』はMicro SDカードに対応しているのです。64GBで足りなければ、Micro SDカードを追加すれば良いだけ。Micro SDカードに非対応のモデルも増えてきているので、それらと比較すると十分優位。ただし、コスパモンスターの『OPPO Reno A』には通用しませんでした。それにしてもMicro SDカード、安くなりましたね・・・

[amazonjs asin="B07DVJ86SS" locale="JP" title="Transcend microSDカード 64GB UHS-I Class10 Nintendo Switch 動作確認済 安心の5年保証 TS64GUSD300S-AE【Amazon.co.jp限定】"]

ゲーム性能は『OPPO Reno3 A』より高く、カメラも殆どの人が1,600万画素で満足。おサイフケータイ、防塵防水機能を備え、ディスプレイは有機ELの『OPPO Reno A』。ストレージの増量など細かなアップデートはありますが、5,000円程度の価格差であれば、『OPPO Reno A』を買うべきだというのが私の判断です。そしてついに、『OPPO Reno A』の投げ売りが開始されました!

OCNモバイルONEが7月1からスタートしたサマーバーゲン2020では、音声SIMと同時購入することで、『OPPO Reno A』がまさかの10,800円(税込:11,880円)に。価格差5,000円どころではありません。人気商品はすぐに品切れとなってしまうOCNモバイルONEのビッグセール!『OPPO Reno3 A』と『OPPO Reno A』、どちらを買うか迷っていた人は、7月15日のセール終了までは、全力で『OPPO Reno A』にGO!この価格なら迷いなく買いです。そろそろセール、終わりですよ。

OPPO Reno Aはこんなスマートフォン

OPPO Reno AはFelica対応でおサイフ機能が使える

OPPO Reno AFelicaに対応するので、勿論おサイフ機能が使える。SuicaやモバイルPASMO、クレジットカード、ポイントカードをスマホ内に取り込めるので、スマホだけで外出する事が可能となる。恐らく荷物を減らすという目的で、おサイフ機能を求めている人は、かなり多いだろう。

OPPO Reno Aは防水・防塵規格IP67に準拠

そして勿論防水防塵機能を有する。OPPO Reno Aが持つIP67という規格は、iPhone Xと同等でかなり本格的なもの。ミッドレンジのスマートフォンが搭載している性能としては優秀な部類。神経質にスマートフォンを取り扱う必要も無くなる。

OPPO Reno Aはフロントカメラが高解像度&AI対応

OPPO Reno Aは実用面にも優れている。2500万画素の高解像度フロントカメラは、顔の296ヵ所をしっかりキャプチャ。高度なAIアルゴリズム解析により、800万パターンの中から、顔の特徴に合わせた最適な補正を行ってくれる。キャプチャ数やパターンの数が少ないと、かなり不自然な補正になる事が多い。OPPOはかなり早い段階から自撮りに力を入れていたので、開発すべきところが分かっているのだろう。

OPPO Reno Aのリアカメラは高度なAIアルゴリズムがしっかりサポート。誰でも簡単にベストショット

背面のリアカメラはデュアルレンズ仕様で、背景を美しくぼかすポートレート撮影に対応。5つのフィルターを切り替えることで、全く違った雰囲気の写真を撮影できる。シーンに合わせて、映えるフィルター効果を使ってみては。

ダズルカラーモードは微妙な色合いの写真を美しくハッキリと。ピクセルレベルで補正を行うので、微妙な光加減やグラデーションも自然な仕上がりに。

強化されたAI機能は、リアカメラでその本領を発揮。まずは22のシーンから自動検出し、さらに細かく分かれた416シーンから最適な設定を選び適用。『人物』『食べ物』『景色』など、それぞれのベストショットを、誰でも簡単に手に入れる事が出来る。

OPPO Reno Aはディスプレイ内指紋認証を採用

OPPO Reno Aは、廉価モデルながらディスプレイ内指紋認証に対応しているところも凄い。しかもセンサーがバージョンアップしていて、前世代からロックを解除する為の光量が10%アップ。光の増加により解除速度は28.5%向上している。最近はミッドレンジでも、コスト削減のためディスプレイ内指紋認証を廃止している。おサイフ、防水に加え、まさかこの機能まで。OPPO Reno A、お得感ありすぎ。

OPPO Reno Aはダークモードに対応する有機ELディスプレイ

OPPO Reno Aのハイコスパは止まらない。現状でディスプレイ内指紋認証を搭載するには、これまたコストの高い有機ELを採用する必要がある。OPPO Reno Aにも当然有機ELが採用されている。有機ELのメリットは、ディスプレイ内指紋認証に対応するだけでは当然なく、電力消費を大幅に抑えるダークモードに対応したり、ハイコントラストな画像を美しく表示してくれる。

OPPO Reno AはAntutuベンチマーク21万越えのSnapdragon 710を搭載

そしてOPPO Reno Aが実用的と言えるのは『Snapdragon 710』を搭載しているから。単純に数字が上がれば高性能ということに。700番台は中級クラス以上の性能を持つミッドレンジ用なので、安心して使う事が出来る。公表されているAntutu(ver.8)のベンチマークは21万を超え。数値的にも中級クラス以上のミッドレンジという判断が出来る。

OPPO Reno Aはゲームをするためのアップコンバート機能『ゲームブースト2.0』に対応

OPPO Reno Aは、オマケにゲームを快適に行うための『ゲームブースト』機能までついてくる。バージョンが『2.0』にアップデートされているので、スピードと安定性が向上。タッチ速度を早める『タッチブースト』と、画像のカクツキを抑え、滑らか表示を可能にする『フレームブースト』の組み合わせにより、ベストなゲーム環境を構築する。

『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間利用料無料。その他ポイント還元も充実!

Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、下記の『楽天モバイルID』をコピーして契約時に入力すると、追加で『2,000ポイント』もらえます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

この楽天モバイルIDは、『Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると付与されるもの。その楽天モバイルIDを使って誰かを紹介すれば、最大15,000ポイント(5名分)のお小遣い稼ぎも可能となります。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
2021年AmazonブラックフライデーAmazonデバイス一覧
【最大70%OFF】ブラックフライデー開始!Amazonデバイスが1,490円~!これは想定外の安さだ!セール価格一覧

Amazonが11月26日(金)9:00から12月2日(木)23:59までの期間限定で開催する年に一度のビッグセールイベント『ブラックフライデー』。月に一度行われているタイムセール祭りとは異なり、割引 ...

続きを見る

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

メディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして最適なOPPO A73が1円
OCNモバイルONEで1円のOPPO A73はメディアプレーヤー、電子書籍リーダーとして長く使いたい有機ELスマホ。

発売から1年程度が経過したOPPO A73。当初は市場販売価格が30,800円(税込)でした。それが徐々に値下がりし、格安SIMのOCNモバイルONEに関しては12月9日(木)の午前11時までなんとた ...

ミッドレンジ価格で買えるハイエンドスマートフォンXiaomi 11T
Xiaomi 11Tはミッドレンジを買おうとしてる人にお勧めなハイエンドスマートフォン。5万円台でこのスペックは異次元

2021年11月5日、グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)は日本市場に『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』という2台のハイエンドスマートフォンを同時に投入しました。 Xiao ...

格安SIMで1円スマホを一番お得に買う方法
格安SIMで1円スマホ買うなら月末が一番お得!翌月はデータ通信10GBが実質無料!月額最低ランニングコストは550円!

格安SIMのOCNモバイルONEでは、期間限定でスマートフォン本体の激安セールを行っています。ただしセール価格で購入するには『音声対応SIM(月額770円~)』の契約が必要に。 OCNモバイルONEよ ...

ラジオが聴ける防水5GスマホをOPPO A55sを安く買えるのはどこのお店?
ラジオが聴ける防水5GスマホOPPO A55sを安く買えるのは?格安SIMなら13000円セール実施中!SDカード対応

OPPOは2021年11月26日(金)、最新スマートフォン『OPPO A55s 5G』の発売を開始しました。カラーは『ブラック』『グリーン』の2色展開。市場販売価格は4GB/64GBモデルが33,80 ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5GがRAM拡張機能に対応
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ!

XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれているもの。ストレージの一部を ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Oppo Reno, OPPO Reno A, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 数量期間限定セール情報
-, , , , , ,

© 2021 ハイパーガジェット通信