docomo、Softbank、auから格安SIMに乗り換えるなら今だ!通信コストを下げてスマホを1円~で買うチャンス!

Pocket
Facebook にシェア

格安SIM』という言葉がかなり浸透してきた昨今。しかし、MMD研究所が15歳~69歳の男女41,120人を対象に行ったアンケート調査によると、2020年の3月時点で、格安SIMことMVNOの通信サービスシェア率はまだ全体の14%程度。docomoが『32.4%』、auが『26%』、Softbankが『18.4%』と、キャリアのシェアがまだまだ圧倒的。コレには少々驚きです。

さらに、MMD研究所は格安SIMの認知度についても調査。その結果を見ると、半分程度の人が『格安SIM』について『内容がよく分からない』と回答しています。つまりよく分からないまま、割高な通信費を払い続けているということ。これはとても勿体ないですね。

恐らく、『格安SIMがよく分からない』と回答している人たちは、docomoのSIMは『docomoで購入したスマートフォンしか使えない』と思っているのではないでしょうか。そうなると、負のラビリンスは続きます。docomoのSIMだけ使いたいのであれば、SIMフリーという種類のスマートフォンの中から、『docomo回線対応』のものを探せば使えます。ちなみに、殆どのSIMフリースマートフォンdocomo回線で利用する事が可能です。

ただし、docomoと契約したまま、SIMフリースマートフォンを使うというのはコストパフォーマンスがよくありません。どうせSIMフリーを使うのであれば、格安SIMSIMフリーの組み合わせがベストです。キャリアと格安SIMの一番大きな違いは『通信速度』でしょう。3社のキャリアは回線(帯域)を貸す側なのに対し、格安SIMは借りる側。スマートフォンの通信速度を何がなんでも優先したいのであれば、例え割高であれ、キャリアで契約しておいた方が無難です。最近では、楽天モバイルがキャリアの仲間入りを果たしましたが、楽天回線エリアがまだまだ少ないので、キャリアからの乗り換えで、メイン回線として楽天モバイルを利用するのはあまりオススメが出来ません。

通信業者の乗り換えは、通信のランニングコストを下げられる可能性が高いだけでなく、スマートフォン本体を激安で購入するチャンスでもあります。通信費が下がってスマートフォンの本体が激安で買える。キャリアしか使った事の無い人達は、そのチャンスを何度も逃しているということになります。それはあまりにコスパの悪い状況。折角乗り換えをするのであれば、コスパを一気にMAXに引き上げましょう。

音声SIMとスマートフォンを同時に購入する事で、端末価格がダントツで安くなるのが、NTTコミュニケーションズが提供している格安SIMOCN モバイル ONE』です。そして、そのOCN モバイル ONEでは、スマートフォンが『1円~』購入出来るサマーバーゲン2020を開催中。ただし、そのセールは7月15日の11時で終了してしまいます。キャリアからの乗り換えにはベストなタイミングの激安セール。数あるセール対象スマートフォンの中から、オススメをピックアップして、紹介したいと思います。

写真を良く撮る人にオススメしたいのが、モトローラの『moto g8 power』と『moto g8 Plus』。『moto g8 power』は、物理的な拡大機能となる『光学2倍ズーム』を搭載。ミッドレンジで光学2倍ズームに対応するスマートフォンはかなり珍しいので、ズーム機能を求めている人はそれだけで買う価値アリ。電池容量も5,000mAhと超大容量で、充電速度は最大18Wと超高速。カメラスマホでありスタミナスマホでもある『moto g8 power』。コスパ高いです。

Xperia 10 IIと同じスナドラ665搭載のmoto g8 POWERが23日まで3,600円!光学2倍ズーム!

続きを見る

moto g8 Plus』はピクセルl統合技術を用いた4,800万画素の超高解像度カメラに加え、動画撮影専用のアクションカメラを搭載。カメラ機能だけでも二刀流状態です。超高解像度カメラは、写した被写体を後からトリミングする時に役立ちます。4分の1サイズに切り取っても。解像度はiPhoneと同じ1200万画素を維持。後から確認したら、思わぬ芸術ショットが撮れている場合も。動画専用のアクションカメラは、YouTubeデビューしようとしている人にとっての必須アイテムに。動画撮影に対応しているスマートフォンは数多くとも、専用カメラを搭載しているモデルはほぼゼロです。アクションカメラを購入する前に、まずは『moto g8 Plus』で撮影してみては。

アクションカムとスマホが欲しかったらコレ!moto g8 plusが今ならOCNの7周年記念で7,800円!1万円切った

続きを見る

おサイフケータイ』に『防塵防水』といった、2大人気機能を搭載しているのが『arrows M05』。さらに耐衝撃まで備えるので、キッチンやお風呂場、アウトドアなど、気兼ねなくスマートフォンを様々な場所で使いたいという人にはピッタリ。シンプルでオシャレな雰囲気のシンプルデザインも特長的。処理能力はやや弱めですが、ゲームはしないけど実用性重視の人にとっては、このスマートフォンが最適解。おサイフケータイ機能のついてないスマートフォンと2台持ちするのにもオススメです。たったの『1円』というのは内密に。

Rakuten Miniより画面が大きい富士通のarrows M05が『1円』に!防水防塵に耐衝撃まで!これは品切れ注意

続きを見る

女性から絶大な支持を受けている『AQUOS sense 3』も大幅にプライスダウン!男女兼用のデザインが殆どのスマートフォンカテゴリーで、女性らしさを最も感じられるのが『AQUOS sense 3』。バッグの中に入れてある、化粧品などとの相性もバッチリです。SHARPが開発した省エネ液晶『IGZO』ディスプレイの採用も購入のポイント。おサイフケータイ防水防塵といった、女性に大人気の機能も勿論搭載されています。価格は『8,100円』と激安!

そして、サマーバーゲン2020のメイン端末となっているのがOPPOのスマートフォン。OPPO世界第5位の超大手スマートフォンメーカーなので、ソフトウェア開発技術が世界トップクラス。OPPOのスマートフォンには、その技術がしっかりと使われています。スマートフォン選びに迷っている場合は、世界的に売れている大手メーカーのものを買っておけば、ほぼ間違いなしです。

OPPO A5 2020』はSocに『Snapdragon 665』を搭載。これは最新モデルとなる『OPPO Reno3 A』や『Xperia 10 II』に搭載されているものと同じ。さらに、OPPOのAIアルゴリズムを活用した4眼カメラに加え、リバース充電に対応(スマートフォンをモバイルバッテリーとしても使える)する5,000mAhの大容量電池を搭載。スピーカーもデュアル仕様など、エンターテイメントな使い方が出来るワクワクモデル。

OPPO A5 2020をなめていた!このスマホが1円はあり得ない!調べて分かった高性能!これは品切れ警報だ!

続きを見る

日本市場を代表する『コスパ最強モデル』も大幅にプライスダウン。『OPPO Reno A』のセールを待っていた人は沢山いるのでは。ハイミッドレンジ用の『Snapdragon 710』を搭載する事で、ミッドレンジよりワンランク上のハイスピードを体感出来ます。ディスプレイにはコストが高く、発色の美しい有機ELを採用。ダークモードやナイトモード時の大幅な低消費電力効果を得る事も可能です。ここまではグローバルメーカーらしい高性能。そこに『おサイフケータイ』と『防水防塵』機能を搭載し、日本仕様に生まれ変わらせたのが、最強コスパモデル『OPPO Reno A』です。『コスパ最強』である事は、その圧倒的なスペックと機能性がしっかりと実証しています。スマホ選びで絶対に外したくなかったら、迷わず『OPPO Reno A』です。

やっぱりOPPO Reno Aだった理由。グローバルと日本の良いとこ取りな最強モデル!7月15日で10,800円が終了だ

続きを見る

格安SIMを使用する事で通信のランニングコストを抑え、セールを利用する事で端末の購入費用を大幅に下げる事が出来ます。長い目で見てもサマーバーゲン2020はお得しか生まれない大チャンス!期間は7月15日の11時まで。絶対にお見逃し無く!

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.