なぜ5G普及まではOPPO Reno Aを買うべきなのか。なぜミッドレンジクラスのスマートフォンが一番売れているのか。

Pocket
Facebook にシェア

今最も売れているAndroidスマートフォンは、フラッグシップモデルではなく『ミッドレンジモデル』です。処理能力、カメラ、価格を重視するのであれば『Redmi Note 9S』、おサイフ、防水防塵、カメラを重視するなら『OPPO Reno3 A』、おサイフ、処理能力、防水防塵を求めるなら『OPPO Reno A』がオススメ。そして、実際この3台は破竹の勢いで売れています。

では、なぜここまで売れているのでしょうか。一つは、ミッドレンジの劇的な性能の向上が当てはまるでしょう。処理能力で言えば、フラッグシップモデとミッドレンジの中間となる『ハイミッドレンジ』カテゴリーが登場。『Redmi Note 9S』『OPPO Reno A』がそれに該当します。そして処理能力はミッドレンジながら、カメラ画質をフラッグシップ並に強化した『OPPO Reno3 A』のような特化型端末もあらわれました。

しかし、ミッドレンジが売れている理由は高性能化だけが理由ではありません。内閣府が2020年3月に行った『消費動向調査』によると、携帯電話の買い替え年数の平均は、二人以上の世帯において『4.9年』、単身世帯では『4.8年』と、どちらも過去最長を記録。一度スマートフォンを購入したら、出来れば長く使いたいと考えている人が増えているという事でしょう。ちなみに、5年前の端末と言えばiPhone 6S。確かに、まだ使っている人結構いますね。

では、今スマートフォンを購入して、5年間利用したとしましょう。そうすると、確実に何かが変わっています。それは『通信環境』です。周知の通り、すでに一部では『5G』がスタート。今後徐々にエリアが拡大されていきます。自分の生活圏内で5Gが使えるようになったら、対応する端末に買い替えたいと考えるのが普通でしょう。

しかし、5Gサービスが本格的に使えるようになるのは、早くて2023年頃になると予想されています。それまでの期間、使うのに丁度いいのが『ミッドレンジ』です。5G対応のフラッグシップモデルはすでに登場していますが、コストが上がっているのでどれもかなり割高。それでいて3年程度5G環境が使えないのであれば、『ただの高い買い物』になりかねません。

しかしミッドレンジであれば、3~4年程度快適につかえて、5G環境が整った後はサブ端末として利用するか、売却してしまえば問題なし。フラッグシップを使ってきた人こそ、今買うべき端末は『ミッドレンジ』だと思います。5年前のフラッグシップモデルからの機種変であれば、今のミッドレンジの方が高性能なのでそれは特に言えること。どうしても高性能が良いという人は、Snapdragon 710を搭載するハイミッドレンジモデル、『おサイフケータイ』『防水防塵』もついた『OPPO Reno A』が良いでしょう。『5G』までのつなぎとしては少々勿体ないですが。

OPPO Reno Aがダントツのコスパと言われる理由。7月15日午前11時まで限定で半額以下の10,800円に!

 

スマートフォンの性能を決めるSocには『Snapdragon 710』を搭載。日本で販売されているミッドレンジモデルの殆どは、『Snapdragon 600』シリーズを搭載。『Snapdragon 700』シリーズはその上位モデルとなります。上位モデルのメリットは何かと言えば、『処理能力と電力効率の高さ』です。つまり、スピードが速く、電池の持ちが良いということ。

高性能なSocをしっかりと搭載しつつ、『Game Turbo 2.0』といったブースト機能を備えるのもOPPO端末の魅力。これは他の端末にも搭載されている機能ですが、どちらかと言えば、やや性能的に足りていない箇所を補う的なイメージ。しかし、『OPPO Reno A』の場合は元から高性能。そこから更にパワーアップする訳ですから、動作に関して不満など出るはずがありません。メモリー容量が6GBと大容量である事も、処理能力を高める大きなポイントです。

そして『OPPO Reno A』の魅力は、処理能力だけではありません。『AQUOS sense 3』や『P30 Lite』など、人気モデルはみなディスプレイに『液晶』を採用しています。しかし『OPPO Reno A』は『有機EL』。液晶と有機ELの違いは、バックライトで画面を照らして表示するか、ピクセルを1つずつ点灯させて表示するか。

有機ELは黒を表示する時にピクセルを消灯させたり、色によって光の加減を調整するので、その分消費電力を低く抑えられます。コントラストが広がるので、表示もクッキリ美しく。デメリットはコストが高い事。それ故、搭載モデルは限られてしまっているのです。『OPPO Reno A』であれば、高コストの有機ELディスプレイを思う存分楽しめます。一度有機ELのディスプレイに慣れてしまうと、発色が全然違うので、液晶に戻るのは難しいでしょう。『OPPO Reno A』を購入するのであれば、その覚悟が必要です。

OPPOは世界第5位のスマートフォンメーカーであり、潤沢な開発資金を持っています。カメラにも力を入れているので、重要となるシステムソフトウェア開発にも余念がありません。最上位モデルとなるOPPO Find X2 Proは、世界一有名な画質比較サイトDxOMarkにおいて、世界第3位の評価を受けています。

DxOMarkで世界TOP3に入るには、システムソフトウェアが世界最高レベルに到達していない実現不能。つまり、OPPOのカメラ技術は、システムの部分も含めて世界最高レベルということ。その技術が使われている『OPPO Reno A』。カメラに関しても、とてつもなくコスパが高いんです。

これだけ高性能の場合、予算的に『おサイフケータイ』と『防水防塵』は除外されるのが、一般的な日本のスマートフォン事情。しかし『OPPO Reno A』は、どちらもしっかりと搭載してしまいました。

OPPO Reno A』が『ダントツのコスパ』であることは、総合的に見ても間違い有りません。そしてこのタイミングであれば、最新モデルの『OPPO Reno3 A』を、コスパで大きく上回っているという恐ろしい事実・・・。

OCNモバイルONEが行っているサマーバーゲン2020では、音声SIMと同時購入することで、『OPPO Reno A』がまさかの10,800円(税込:11,880円)に。価格差5,000円どころではありません。『OPPO Reno3 A』と『OPPO Reno A』、どちらを買うか迷っていた人は、7月15日午前11時のセール終了までは、全力で『OPPO Reno A』にGO!この価格なら迷いなく買いです。

OPPO Reno Aはこんなスマートフォン

OPPO Reno AはFelica対応でおサイフ機能が使える

OPPO Reno AFelicaに対応するので、勿論おサイフ機能が使える。SuicaやモバイルPASMO、クレジットカード、ポイントカードをスマホ内に取り込めるので、スマホだけで外出する事が可能となる。恐らく荷物を減らすという目的で、おサイフ機能を求めている人は、かなり多いだろう。

OPPO Reno Aは防水・防塵規格IP67に準拠

そして勿論防水防塵機能を有する。OPPO Reno Aが持つIP67という規格は、iPhone Xと同等でかなり本格的なもの。ミッドレンジのスマートフォンが搭載している性能としては優秀な部類。神経質にスマートフォンを取り扱う必要も無くなる。

OPPO Reno Aはフロントカメラが高解像度&AI対応

OPPO Reno Aは実用面にも優れている。2500万画素の高解像度フロントカメラは、顔の296ヵ所をしっかりキャプチャ。高度なAIアルゴリズム解析により、800万パターンの中から、顔の特徴に合わせた最適な補正を行ってくれる。キャプチャ数やパターンの数が少ないと、かなり不自然な補正になる事が多い。OPPOはかなり早い段階から自撮りに力を入れていたので、開発すべきところが分かっているのだろう。

OPPO Reno Aのリアカメラは高度なAIアルゴリズムがしっかりサポート。誰でも簡単にベストショット

背面のリアカメラはデュアルレンズ仕様で、背景を美しくぼかすポートレート撮影に対応。5つのフィルターを切り替えることで、全く違った雰囲気の写真を撮影できる。シーンに合わせて、映えるフィルター効果を使ってみては。

ダズルカラーモードは微妙な色合いの写真を美しくハッキリと。ピクセルレベルで補正を行うので、微妙な光加減やグラデーションも自然な仕上がりに。

強化されたAI機能は、リアカメラでその本領を発揮。まずは22のシーンから自動検出し、さらに細かく分かれた416シーンから最適な設定を選び適用。『人物』『食べ物』『景色』など、それぞれのベストショットを、誰でも簡単に手に入れる事が出来る。

OPPO Reno Aはディスプレイ内指紋認証を採用

OPPO Reno Aは、廉価モデルながらディスプレイ内指紋認証に対応しているところも凄い。しかもセンサーがバージョンアップしていて、前世代からロックを解除する為の光量が10%アップ。光の増加により解除速度は28.5%向上している。最近はミッドレンジでも、コスト削減のためディスプレイ内指紋認証を廃止している。おサイフ、防水に加え、まさかこの機能まで。OPPO Reno A、お得感ありすぎ。

OPPO Reno Aはダークモードに対応する有機ELディスプレイ

OPPO Reno Aのハイコスパは止まらない。現状でディスプレイ内指紋認証を搭載するには、これまたコストの高い有機ELを採用する必要がある。OPPO Reno Aにも当然有機ELが採用されている。有機ELのメリットは、ディスプレイ内指紋認証に対応するだけでは当然なく、電力消費を大幅に抑えるダークモードに対応したり、ハイコントラストな画像を美しく表示してくれる。

OPPO Reno AはAntutuベンチマーク21万越えのSnapdragon 710を搭載

そしてOPPO Reno Aが実用的と言えるのは『Snapdragon 710』を搭載しているから。単純に数字が上がれば高性能ということに。700番台は中級クラス以上の性能を持つミッドレンジ用なので、安心して使う事が出来る。公表されているAntutu(ver.8)のベンチマークは21万を超え。数値的にも中級クラス以上のミッドレンジという判断が出来る。

OPPO Reno Aはゲームをするためのアップコンバート機能『ゲームブースト2.0』に対応

OPPO Reno Aは、オマケにゲームを快適に行うための『ゲームブースト』機能までついてくる。バージョンが『2.0』にアップデートされているので、スピードと安定性が向上。タッチ速度を早める『タッチブースト』と、画像のカクツキを抑え、滑らか表示を可能にする『フレームブースト』の組み合わせにより、ベストなゲーム環境を構築する。

『Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名限り、1年間利用料無料。その他ポイント還元も充実!

Rakuten UN-LIMIT 』は先着300万名に限り、『日本どこでもデータ使い放題』『国内通話かけ放題』というサービスが、1年間無料で提供されます。『日本どこでもデータ使い放題』に関しては、楽天回線エリア内(詳しくはHP参照)であれば高速通信使い放題、さらに楽天回線エリア外のパートナーエリア(au回線)では5GBまで高速通信が可能。5GBじゃ足りないよ、という人もご安心ください。5GB使い切ってしまっても、最大1Mbpsの速度でデータ使い放題は継続します。

国内通話かけ放題』を使うには、『Rakuten Link』というアプリが必要になります。Android限定で配信されていましたが、ついにiOSにも対応。iPhoneでも使えるようになりました。

また、下記の『楽天モバイルID』をコピーして契約時に入力すると、追加で『2,000ポイント』もらえます。

楽天モバイルIDをコピーする

 

この楽天モバイルIDは、『Rakuten UN-LIMIT 』を契約すると付与されるもの。その楽天モバイルIDを使って誰かを紹介すれば、最大15,000ポイント(5名分)のお小遣い稼ぎも可能となります。

ただし、この『Rakuten UN-LIMIT 』、1年間無料で使えるのは『先着300万人』限定です。『満足出来なければ無料で解約できる』という安心感もプラスされ、応募が殺到しています。300万人を超えた時点でプラン利用料は月々2,980円に。現在行われている還元キャンペーンも、恐らく終了するでしょう。これはもう、急ぐしかありません。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.